2007.08.04

甲子園球場を愛する全ての人へ贈りたいDVD。「THE HANSHIN KOSHIEN STADIUM~大正・昭和・平成 悠久の時を経て」

 ボクが「阪神タイガースのファン」であることは、当ブログを何度もご覧の方ならとっくにご存知のことかとは思いますが、以前このブログでこんなモノを紹介したように、ボクは「阪神タイガースのファン」であるのと同時に

 「甲子園球場のファン」

であることもしっかりとアピールしておかなければなりません(-。-)ボソッ

 小学生の頃、神戸の岡本というところに住んでいたボクは、比較的甲子園に行きやすいロケーションだったこともあって、父親に何度も甲子園に連れて行ってもらったものです。ただ、どちらかというとプロ野球の試合よりは高校野球の試合を観戦しに行くことの方が多かったですね。というのも、当時父親の母校がたびたび甲子園に出場していたので、ボクよりもむしろ父の方が熱心だったワケで(-。-)ボソッ

 そんな影響もあって甲子園と高校野球の魅力に虜になってしまった小学生のボクは、これだけじゃ飽き足らなくなってしまい、夏休みには友達同士だけで高校野球を見るために甲子園へ行ったりしました。アルプススタンドや外野席で、「冷凍みかん」や「かちわり氷」を楽しみながら観戦してましたね。

 もはや25年以上も前のことではありますが、いくつか覚えている試合もあります。佐賀商の新谷投手(=後に西武ライオンズで活躍)が完全試合目前の9回2死から27人目の打者に死球を与えてしまった試合は強烈に印象に残っています。あと、岡山南の応援団が「かわいぃ~、かわいぃ~」とコールしていたのを見ていて

 「いったい誰がそんなにかわいいんだろう」(-。-)ボソッ

と思ったらそれが「川相」という名前の投手(=言うまでもなく、後に犠打の世界記録を作ったあのオヤジギャグのオジサンです)だったことだとか(-。-)ボソッ

 高校野球好きが高じたボクは、本大会だけじゃなく、兵庫県の県予選にも足を運んだりするようになってしまいました。それも一人で(苦笑)。神戸市民球場(=既に現存せず)や明石球場などはもう何度も行ってましたね。

 でも、やっぱり「甲子園」だけは特別な存在でした。規模、歴史、佇まい、etc...もうすべての点で、他の球場とは比較にならない「スケールの大きさ」に圧倒させられます。もはや「野球場」という一スポーツ施設のワクを超越した、日本が誇る歴史的建造物と言っても過言ではないでしょう。個人的には国宝に指定してもいいくらいだと思っていますけど(ウソ笑)

 そんな甲子園球場ですが、さすがに老朽化している部分や、時代に合わなくなってきた箇所も見受けられるようになり、今年のオフから数年がかりでリニューアル工事が始められることは多くの方がご存知でしょう。

 詳しいことはこちらのサイトにありますので見ていただければと思いますが、新しくなる甲子園球場に期待が膨らむのはもちろんなのですが、裏を返せば

 「今の甲子園球場は今年で見納め」(-。-)ボソッ

ということでもあります。

 ボクも今年の9月にリニューアル前最後の甲子園の姿を目に焼きつけに行く予定ですが、それとは別に、今の甲子園球場が、何かカタチに残るモノが欲しかったんですが…

 そんな折、こんなDVDが発売されたのです!

THE HANSHIN KOSHIEN STADIUM ~大正・昭和・平成 悠久の時を経て
B000QUUGNA阪神コンテンツリンク

Viictor Entertainment,Inc.(V)(D) 2007-07-20
売り上げランキング : 607

おすすめ平均star
star甲子園ってこうなってたんだ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちょうどアンブルさんの「3コン」で入賞の賞品としていただいた「Amazonギフト券」があったので、これを使って即、購入!有効に使わせていただきましたよ。ありがとうございました>アンさん

 で、今朝観ました。

 しかしね。いやー、もうね。

 なんつーか、素晴らしすぎてため息がでちゃいますわ。

 ほぼ建物だけしか映っていない映像にBGMとナレーションが入っているだけなんですけど、甲子園が好きな人にはたまらない一枚です。球場の歴史から始まって、四季が織り成す球場の風景、普段観客が立ち入ることのできない球場の裏側、果てはウグイス嬢の様子まで(苦笑)。もはや球場というより、まるで城郭か何かを紹介しているような、そんな映像にさえ思えてしまいます。

 もしもこのDVDの内容を一文字で表すとしたら、それは

 「美」

 これに尽きます(-。-)ボソッ

 まっ、このDVDだけで十分に酒の肴、あるいはご飯の友になりますね。ボクは自信をもってオススメします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.10.18

「Reebok RAIN WALKER 3 DMXMAX」はフワフワクッション!

 毎日毎日いろんなモノを買い漁っているボクですが、いわゆる「ファッション」に関するモノは滅多に買わない!

 …っつーことは、たぶん以前からのウオッチャーの方々なら容易に想像がつくかと思うのです。だって、そういうモノを買った記事なんてたぶん書いたことないし(-。-)ボソッ

 身に着けるモノで買うことがあるとしたら、それは大抵、仕事に使うので仕方なく買ったモノか、一時期ジョギングにハマった時に買ったモノくらい。稀にプレゼントで買うこともありますが、これは自分が使うモノじゃないから除外して考えていいでしょう。

 なので、ボクがそんなモノを買うことがあるとすれば、それはもう「必要に迫られてどうしようもなくなった時」以外ないワケです。要するにファッションには基本的に無頓着。ものぐさなのです。

 で、今回その「どうしようもなくなった」事態がやってきました。ボクが普段履いていたカジュアルシューズやスニーカー。だいたい2~3足を使いまわししていたのですが、コイツらがほぼ時を同じくして壊れてしまったのです(-。-)ボソッ

 こうなったら仕方がありません。面倒なことこの上ありませんが、靴を調達しに出かけることにしました。

 普段はこういうモノには全く興味がないボクですが、こうしていざ自分が買うとなると話は別。「イイモノ」を「なるべく安く」、「自分が納得するまで」見た上でないと買えません。それが

 「みなぎる力 燃えたぎらす 物欲魂~♪」

ってヤツですよ(謎)。グフフフ…

 向かった先は「横浜ジャックモ-ル」。ここには「ABCマート」と「スポーツオーソリティ 」がありますから、この2店を見れば欲しいモノが見つかるだろうと思ったのです。

 しかしここで、ボクは厳しい現実に直面することになるのです(-。-)ボソッ

 いや。確かに、「欲しいモノ」は見つかったんですよ。そりゃもう、目移りするくらいいっぱいありました。

 でもね。「欲しいサイズ」がないんですよ(-。-)ボソッ

 ボクが靴を買うときのサイズは「24.0cm」。でもメンズでこのサイズを置いてある店はなかなかないので、大抵「24.5cm」を買って

 「ちょっと大きめだけど、まっ、いっか」(-。-)ボソッ

と、自分をごまかしつつ履いているのです。

 ところがですよ。その「24.5cm」さえも置いてない商品がほとんどなんですよ。いったいどうしろと。むぅ。いくらボクの足が小さいからといってもこれはあんまりな仕打ちだ。責任者出て来~い!プンスカ!

 …と言いたいところなんだけど、実は昨年7月にジョギングシューズを買いに行ったときも同じ事態に陥ったのに、そんなこともすっかり忘れて同じ店に行き、「おんなじことの繰り返しよ」をしたアルツなボクがいけないんです。おお、もう…

 というワケで、ここで急遽作戦を変更。

 「まず、24.5cmのサイズの用意があるモノを探し、その中でどれを買うか考えちゃうもんね作戦」

という、きわめて合理的な作戦に切り替えることにしました。フフン。ボクって天才ですね(ウソ笑)

 さて。こうなるともう選択肢は自ずと限られてきます。しかし、24.5cmがあるモノに限ってイケていないというワナ。おお、もう…

 そんな中で、24.5cmがあるのを確認し、ふと目について手を伸ばしてみたのが、コチラ。

【Reebok】men's RAINWALKER 3 DMX MAX WIDE

あぁ。リーボックのウォーキングシューズですね。高校生の頃に一足持ってたけど、ここのシューズはなかなかイイんだよね。でも…おいおい、12,000円もするじゃないですか。これじゃボクの予算の倍くらいかかっちゃいますよ。でもどんなモンかとりあえず一度履いてみますか。えぇと、どれどれ?

 …。

 その瞬間、ボクは決めました。コレを買うことに(-。-)ボソッ

 え?予算?ハァ?何それ(ウソ笑)

 だってね。スゴイんですよ。

 何がって、ソールのクッションが。

 もうね。「フワフワ」。「フカフカ」を超えて、「フワフワ」。思わず「さとーフワフワ音頭」を即興で作詞作曲し、その場で「はぁ~♪」と踊りたくなっちゃうくらい、フワフワ。で、踊ったらそのまま空高く跳びはねていっちゃいそうな錯覚に陥るくらい、フワフワ。ボクの脳内では、ドクター中松氏の「フライングシューズ」と一瞬リンクしちゃいました(ウソ笑)

 いやしかし、コレを履いちゃったら、他のウォーキングシューズは買えません。そらそうよ。キモチいいことこの上ないったらありゃしません。意味もなく街中を歩き回りたくなりそうです。あと、かかとが高いので心なしか身長も高くなったような気になります。グフフフ…

 ってことで、もう一足、約4,000円のNIKEのスニーカーと、合わせて計2足を買って帰ってきましたとさ。めでたし、めでたし(-。-)ボソッ

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.08.03

8月2日はメディア・リテラシー記念日(-。-)ボソッ

 昨日8月2日は亀なんちゃらとかいう若造のボクシング世界タイトルマッチだったらしく、何でもTBSのテレビ中継はものスゴイ視聴率だったそうで。

 まっ、これまでの一連の大騒ぎと、それに釣られる人たちを批判の目で見続けてきたボクとしても興味があったし、彼らが痛い目に遭うところを「ざまぁみろ」と思いながら観たいキモチも少なからずありました。

 ただ、ボクはハナっから

 「ゼッタイに観ない」(-。-)ボソッ

と、固く心に決めていたのです。

 理由は、アレを観ちゃったら(たとえ間接的にであっても、結果的に)TBSと彼らに加担していることになっちゃう(ような気がした)のが、自分自身どうしても許せなかったから。まっ、そうでなくても所用で忙しいからどっちみち観てないとは思うけど^^;

 というワケで、昨日の中継は一切観ることなく、試合の内容や結果、その他中継の一部始終は翌朝の各種報道で知りました。

 勇気を持って正当な意見を述べている人もいれば、立場上仕方なくテレビや新聞向けのコメントを出している人もいます。新聞各紙は時間とともに表現や論調を変えちゃたりして、何だかいろんな圧力やら事情やらが透けて見えまくっているワケで…

 ただ、ボク的にはコレ、

 「最高の結果」

だと思ってます。グフフフ…

 え?何でって?

 だって、これだけあからさまにやらかしてくれたおかげで

 「テレビはインチキである」

ということが、子どもやお年寄りにも分かってもらえただろうから(-。-)ボソッ

 口の利き方も知らないあんな無礼な人間をヒーローに仕立て上げたら、子どもたちにどういう影響があるか、誰もが分かっているハズ。それなのに、表に出てくる人たちは、自分たちの立場があるから一向に批判もしない。自分の子どもがあんな風に育って欲しいと本気で願っている親など、果たしているのでしょうか。ねぇ、TBSのみなさん。

 でも、いくら今まで騙され続けてきた実直な人たちも、サスガにあんなひどい判定を見せられたら我に返っちゃいますよ。それさえも狙って仕組んだことなのであれば、参りましたというほかありませんが。ボクはそういう意味で、昨日すなわち8月2日を

 「メディア・リテラシー記念日」

に制定し、TBSが我が国に寄与した多大な功績を賞賛する日として、未来永劫に亘って国民の記憶に留めることを提唱したいと思います(ウソ笑)

 まっ、カンタンにまとめると、昨日起こった事実は

 「WBAライトフライ級王座決定戦が行われ、挑戦者の亀(検閲削除)選手が2-1で判定勝ちし、新チャンピオンとなった」

ということ。これをメディアがどう報道し、視聴者はこれをどう捉えたか。とてもいい教材になりそうな「事件」だったんじゃないでしょうか。

 ただ、今回の騒動の代償として失ってしまったものも少なくはないでしょう。まずは「ボクシング」というスポーツの威厳。これは完全に失われました。

 そして、ベネズエラという国に対するわが国の信用。今回の試合に関心を寄せていた人がベネズエラにどれほどいたのか知りませんが、この茶番を見せられたらそんな国のことを信用しろと言う方がムリです。

 ボクは言いたい。これに懲りた人は、今後一切TBSのこの関連の番組を観ないでほしい(-。-)ボソッ

 視聴率がとれなくなったと分かれば、スポンサーもマスコミもヨイショをやめますから。そうしたらこんな不快なモノを観せられずにすみますから。

 さて。今後の見どころは

 「関係者たちがどう収拾をつけるのか」(-。-)ボソッ

に移ったと思います。たぶんTBS以外のマスコミはこぞって掌を返し始めるんだろうけど。でもこれ以上、俺は(ウオッチ)しない。しんどいもん(-。-)ボソッ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.25

ニッポン、サッカーW杯グループリーグ敗退に思う。「戦犯」って?「応援」って?(-。-)ボソッ

 このブログの趣旨とは遠いテーマなんだけど、あえて書きます(-。-)ボソッ

 サッカーのワールドカップ・ドイツ大会。先日のブラジル戦の敗戦で、日本のグループリーグ敗退が決定してしまいました。ボクはサッカーに関しては別段詳しくもない一般ピープルですので、純粋に一国民としてニッポンを応援していましたが、非常に残念な結果でした。

 …が、本当に残念で悲しいのは、敗退したという結果よりも、むしろこの結果に対して各所で繰り広げられる「戦犯探し」(-。-)ボソッ

 どうしてこの国はこういうことをしたがるのでしょう。今回の反省と、それを次にどう生かすか---それは選手や監督、あるいはサッカー界の関係者らが考えればいいワケであって、サッカーのことも内々の事情もろくに解っていないマスコミ関係者が世間一般に対して騒ぎ立てるのはイカガナモノカと思うのです。

 そもそもこのワールドカップ。ちょっと冷静に考えれば、グループリーグの突破が厳しい力関係であることは、サッカー素人のボクにでも最初から容易に判別がついてたワケで…もちろん応援はしてるけど過度な期待はしていなかったし

 「もしグループリーグを突破してくれたら嬉しいなぁ」(-。-)ボソッ

くらいに考えてました。

 恐らくかなりの割合の日本国民がボクと(本音では)同じキモチだったんじゃないかなぁ。それなのにまるで突破して当たり前のような報道が繰り返され、いざこういう結果になったら「戦犯探し」を始める。

 もちろん「本音」(=たぶんダメだろう)と「建前」(=勝て!)があるのはわかるけど、せっかくの「お祭り」なんだし、こんな不幸な結末を自らで作らなくても、もっとシアワセな気分になれる楽しみ方をすべきだと思うんだけど…「次がんばろう」でいいじゃないですか。そのあたり、横浜ベイスターズの石井琢朗選手が6月13日に書かれていたブログの記事に全面同意なのです(-。-)ボソッ

 だいいち「戦犯」っていう言葉自体がボクはキライです。なにもこんな言葉を使うことはないでしょう。別に戦争をしているワケじゃないんだし。そもそも日本ではいつの間にか「戦犯」=「敗戦の原因を作った人」っていう俗語になっちゃってるけど、みんな本来の意味を分かった上で使ってるのか、甚だ疑問。もう一度「戦争犯罪人」を国語辞典で引きなおしてみろ!と言いたいところです。

 まっ、それでもあえて今大会の「戦犯」を挙げろと言われるのなら、ボクはたぶん

 「さんざん煽り立て、日本国民落胆の原因を作った電通とマスコミ」(-。-)ボソッ

と答えますけど(-。-)ボソッ

 とはいえ、ボクも日常の所用で選手や監督を戦犯よばわりするような発言をついつい繰り返してしまうこともあって、自戒の念もこめてこの記事を書いてます。勝負事だから、勝つこともあれば負けることもあります。当事者たちはプロなんだから勝つことが仕事なんだけど、ボクたちは「応援」という言葉の意味をもう一回よく理解し、原点に立ち返る必要があるのかな、と。個人的には、そんなことを考え直す機会としてはこのワールドカップは意味があったかなと思ってます。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.14

「第25回横浜マラソン大会 10kmの部」に参加してきました。

 というワケで、前々からの宣言どおりに走ってきました。証拠にというワケでもないんだけど、例によってForeAthleteで記録したGPSログを晒してみますね。

【11/13(日)第25回横浜マラソン大会10kmの部】
run20051113

 当日は天気も良く、絶好のマラソン日和。先週痛めた左足の付け根がちょっと不安なんだけど、まぁ走り始めてしまえばどうってことないでしょう。うんうん。

 というワケで10時35分、山下公園前をスタートしました。

 ちょっと失敗したのは、スタートの位置。遠慮して中団くらいの位置からスタートしたんだけど、まぁとにかくボクの周囲の人たちのマイペースなこと。最初の1kmくらいはゴチャゴチャしている上に、ペースの遅い人たちをいかに巧く交わして前に出るかということだけに神経を使い果たしました。まっ、競馬にたとえて言うと、昔の三十ン頭立てだったりした頃のダービーのスタート直後みたいなカンジです。って、そんなダービーはボクもマトモに映像観たことないんだけど(-。-)ボソッ

 とにかく、次回からは遠慮せずにもう少し前の方からスタートしようと思いました。

 その後も5km地点くらいまでは快調に飛ばすボク。というか、周囲の人たちが遅すぎたんでしょうね。もしくは、最初に飛ばし過ぎた人たちがバテて後退していったんでしょうか。とにかく人抜きまくりでちょっと快感でした(ウソ笑)まっ、これも競馬に例えていうと、菊花賞の向こう正面で次々と脱落していく短距離馬を交わしていくような気分ですかね。ちなみに、長距離走を競馬に例えたがるのはボクの性分なので見逃してください(-。-)ボソッ

 本牧埠頭の折り返しを過ぎたあたりで、ボクに最適なペースの集団にようやく入ったというカンジ。ここからは、ちょうど目標にできそうな人の後ろ姿を追いかけながら走ることにしました。距離的にはしんどくなり始めるところなんだけど、目標を追いかけながら走っているとしんどいのも気にならなくなります。

 が、「残り3km」の表示を見たあたりから徐々に不安だった足の付け根が痛み始めます。っつーか、ここで

 「おぉ。あと3kmだ」

って思えれば楽になれたんでしょうが、

 「げ。まだ3kmもある」(-。-)ボソッ

って思っちゃったんですよね。これだから数字は恐ろしい。ここから残り2km地点までが長かったなぁ。

 で、その残り2km地点には給水所が。

 一度やってみたかったんですよねぇ。給水所でスペシャルドリンクを摂って、空きボトルをポイって(^^ゞ

 でもこれスペシャルドリンクなんかじゃなくてただの水ですから、残念!っつーかそんな悠長に給水かましてる余裕なんてありません(爆)ってことでココは泣く泣く(?)通過。

 あと1kmになって、急に周りの人たちがスパートをかけはじめる。おいおい、そんなに走れるんだったら最初からもっと頑張ればいいじゃんよ。何でここまで脚ためてるんだよ。競馬じゃあるまいし(-。-)ボソッ

 なぁんて思ってたボクはもうホントに足がおっぱ…じゃなくていっぱいいっぱい。後ろからどんどん抜かされていくけどもう仕方ない。ボクは切れる脚はもっていないし、先行して粘りこむタイプなんだもん。

 ゴール手前で、散歩に来ていた父ちゃんと母ちゃんが声をかけてきたので笑顔で手を振り返したけど、たぶん目は笑っていなかったと思う(苦笑)でも何とかゴールに到達。スタートの号砲から47分23秒。スタートロスを差し引いたネットタイムは46分14秒(手元のForeAthleteによる)

 ボクの目標が4分45秒/kmのペース、すなわち10km換算で47分30秒だったので、足が痛かったことを考えればまぁよくできた方かなぁ。次は45分が目標ですかね。うん。


 …とまぁこれだけで済めば「楽しかったマラソン大会」という題目の作文で終われるんですが、そんなハッピーエンドではございません。

 実は、痛めた左足の付け根がタイヘンなことになってしまい、一夜明けた今朝になっても痛みがひかず、左足に体重をかけることができなくなっちゃいました^^; とりあえず病院に行ってレントゲンを撮ってもらったところ、骨や神経に異常はないようなのでちょっと安心しましたが。

 というワケで、月曜日だというのに会社を休むハメに。おかげでこんなブログを悠長に書いてます。トホホ。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.06

「CW-X サポートギア」を購入。横浜マラソンの秘密兵器(ウソ笑)

 いよいよ来週の11/13は「横浜マラソン大会」。ひょんなことをキッカケにジョギングを始めてから4ヶ月足らず。たかだか10kmのロードレースではありますが、初めてエントリーした競技会。とりあえず楽しんでこようと思います。港の風を受けながら、キモチよく走ってこようかな、と。いちおう自分なりの目標タイムは設定してますが、あとで恥をかくのもイヤなのでここではヒミツにしておきます(笑)

 で、その大会用の秘密兵器に…ってワケじゃないんだけど、先日こんなものを調達しました(-。-)ボソッ

ワコール「CW-X」エキスパートモデル(ロング)
icon

icon
icon

 おそらく、自分が着用するために「ワコール」の製品を買ったのは34年6ヶ月の人生で初めてのような気がしますが(-。-)ボソッ

 実は、このところ走るたびに少々膝を痛めてたんです。サポーターを着用してたりしてたんですが、もっと何かいいモノがないかとウオッチしてたら行き着いたのがこの「CW-X」。テーピング同様の効果が得られる上、筋力をサポートしてくれるので疲労軽減の効果が見込めます。おまけにこれからだんだん寒くなるし、防寒にも有効ですからね。CW-Xの公式サイトはこちらです。そういえばイチローがCMしてたのを見たことあるようなないような(-。-)ボソッ

 とはいえ、やっぱり実物を確かめたかったので某スポーツ店へ行って現物確認と試着をしてきました。ホントは膝下までのセミロングiconのタイプを考えてたんだけど、店員さん曰く

 「ふくらはぎまでサポートしてくれるので安定性が高く、冬に向けての保温効果も考えると足元までカバーするロングタイプの方がオススメですよ」(-。-)ボソッ

とのこと。うむ。確かに一理ある。でも、少しでも高いモノを買わせようとする店員さんの口車に巧いこと乗せられてる気もするけど…まぁいいや(←ヲイ^^;)。よし。買いっ!

 ってことで早速今週土曜日に着用して走ってみました。ちょっと恥ずかしかったので上からランニングパンツを履きましたけど(-。-)ボソッ

 しかしコレ、ホントに足が軽くなったカンジで非常に良いです。一日たった今も筋肉痛は非着用時と比較すれば全然マシですし、膝も痛くありません。外見上はほとんど「モジモジ君」なのですが(苦笑)、いやいやバカにしたもんじゃありません。これは使えます。来週の大会にはこれを履いて臨むことにしますよ。グフフフ…

ワコールオンライン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.19

早朝ジョギングのエネルギー源!「モアイン・ゼリー」

 さてさて。この3連休ももちろんジョグっちゃいましたよ。またまたコースを晒しておきましょうか。ただし初日の17日はログがうまく取れなかったので、二日分だけね(-。-)ボソッ

【9/18(日)】
run20050918

【9/19(月)】
run20050919

 まず18日の日曜日は、前回同様ユニクロ二俣川店前からスタート。ただし今回は試験場通りから旧厚木街道を抜け、三ツ境へ向かうコース。さらに二ツ上橋からかまくらみち経由で瀬谷駅を通り、海軍道路を北上。八王子街道に合流後は下鶴間の交差点を左折し、最後は小田急線沿いの道を南下して南林間駅でゴール。走行距離11.9km、タイムは1時間2分14秒。

 つづく今日19日は気分をかえて西友二俣川店前からスタート。自然公園通りからゴルフ場に挟まれた山道を抜けて、横浜新道の川上ICへ。その後は名瀬道路を走り、緑園大通りに入る。柏町の交差点を右折して万騎が原を通り、スタート地点の西友へ戻ってゴール。走行距離11.7km、タイムは1時間1分50秒。

 こうやってコロコロとコースを変えないと飽きっぽいボクは続かないんです(ウソ笑)

 しかし今日のコースはしんどかったですねぇ。今までは比較的平坦なコースばかり走っていたんですが、今日は前半のゴルフ場横は下り坂が多く、後半の緑園大通りと万騎が原近辺では上り坂だらけ。ほとんど平坦な部分のない起伏の激しい道ばかりで相当足にきましたよ。でもF女子大の横を走るあたりがポイント高いコースなんですグフフフ(←何か勘違いしているらしい)

 ところで、ボクは早朝にジョグってるので同居人がまだ寝ている中で家を出発してます。よって朝食をマトモに摂っていないんですが、サスガに何も食べずにこれだけの距離を走るのはイカガナモノカと思い、いわゆる「ゼリードリンク」でエネルギー補給してから走るようにしてます。

 で、最近買っているのが、コレ。

モアインゼリー エネルギー


Click Here!

 ま、特にこだわりがあって選んでいるワケじゃないんですが、近所の薬局で1個98円の安売りをしてたもんで(-。-)ボソッ

 この手の商品、スーパーやコンビニで買うとたいてい200円近くはしますからね。ほぼ半額に近い値段で買えるのでお買い得です。グフフフ。

水特集

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.11

「ForeAthlete201」と「カシミール3D」の連携に成功!

 先週購入した「ForeAthlete201」、早速使ってます。

 ただ、使ってみて困ったことが…ボクのいつものジョギングコースだと「GPS信号弱」の地域が多すぎて、マトモなログが取れなかったのです_| ̄|○

 ということで、今日は試しに全然違うコースを走ってみたんです。

 ホントは「ジョギングをするためにForeAthleteを使う」ハズだったのに、これじゃまるで「ForeAthleteを使うためにジョギングしてる」みたいになってますが…まぁええことよ。グフフフ。

 そしたらですね。今度はしっかり全コースに亘ってカンペキにログが取れました!そして「カシミール3D」との連携もバッチリですよ。グフフフ。

 あまりの嬉しさに、カシミール3Dに表示された今日のジョギングコースを晒してみちゃいますよ(-。-)ボソッ

run20050911

 出発地点は二俣川運転免許試験場近くのユニクロ二俣川店付近。そこから今川町を抜けて水道道に出て、さらには国道16号線で上川井を越え、東名高速の少し手前を左折し瀬谷の海軍道路をひたすら南下して瀬谷駅前でゴール。これでちょうどほぼ10kmなんです。走破タイムは51分36秒。まっ、こんなもんですね。

 それにしても「海軍道路」は緑の多い景色の開けた平坦な直線で、信号も少なく歩道も広いジョギングするにはうってつけのキモチいいコース。次からはできるだけココをコースに組み込みたいと思った次第であります。

 いやーしかしホントForeAthleteはめっちゃ楽しいです。いい買い物でした。グフフフ。

 あ。そうそう。今度11月に行われる「第25会横浜マラソン大会」にエントリーしちゃいました。やっぱりこういう目標があると励みになりますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.01

ランナー向け腕時計型GPS「フォアアスリート201」を注文しちゃった!

 すっかりジョギングづいてるさとーですこんばんわ(-。-)ボソッ

 ところでみなさん。「スポーツ」って、どういう点に楽しみを感じていますか?

 ボクはですね。「スポーツ」そのものも好きなんですが、それに付随してくる「記録」とか「データ」とかが好きなんですよ。自分がプレーする場合も、観戦する場合も。

 例えば「プロ野球」なんて、今やデータを抜きにしては語れません。スポーツ紙には必ずチーム別対戦成績表や個人別打撃成績、投手成績なんてのが載ってますが、ボクなんてアレ見てるだけで十分おかずになります。1時間くらい眺めてても飽きませんから^^;

 「競馬」を好きになったのもそういう性分が多分に影響しているんだと思います。「競馬新聞」はまさに記録とデータの宝庫。いろんな数字を確認しながらあーでもないこーでもないと思いを巡らすあの時間っていうのは、ホントに至福の時なのです。

 そんなボクがジョギングを始めてから気になりだしたのが、自分が走っているタイムや距離。いちおう腕時計を着けているからおおよそのタイムは把握しているし、走ったコースを地図で追っていけば大体の距離もわかります。

 が、正確なところまでは導き出せないし、走りながらリアルタイムにペースを確認するのも難儀です。いちいち記録も残していないから後から比較したりすることもできません。これができればジョギングの楽しみがひとつ増えるんだけどなぁ…(-。-)ボソッ

 なぁんて思ってたら、幸か不幸かこんなアイテムを見つけてしまいました…

アスリート向け腕時計型GPS Foreathlete201


Click Here!

■フォアアスリート201の特徴
・GPSが内蔵されていますので、緯度、経度、高度などの位置情報が表示可能。
・地点登録をすればマップ画面にて位置確認ができます。
・トラックバックの機能を使えば、走行軌跡を辿ってスタート地点に戻れます。
・決められたトラック内でも、未知のルートにおいても、カロリー計算が可能です。
・ラップタイム、区間距離、区間ペースなど、約2年分のトレーニングデータが本体内に保存可能。
・パフォーマンスデータは自動的に計算され記録されます。
・オートラップ機能とオートポーズ機能はストップウォッチを自動停止してくれます。
・ラップタイマー機能で区間スピードが確認できます。
・設定ペースを上回っているか下回っているか?アラームでお知らせします。
・距離を設定すれば、完走時点でアラームが知らせてくれます。
・ログブックソフトウェアをWindowsPCにインストールすれば、トレーニングデータの解析と保存が可能となります。

 …何この夢のような最強のオモチャ(-。-)ボソッ

 詳細は「ランナーズ」のオンラインショップに掲載されているこちらの記事がわかりやすいかな。何かもう至れり尽くせりぢゃないですか。データをPCに取り込めちゃうところなんて涙モノですよ。グスン。

 さらにウオッチしてみたところ、こんなステキなReviewを書かれているお方を発見。なんと「カシミール3D」と連携できちゃうんじゃないですか!ぐえぇぇ!

 実はジョギングを始めてすぐに「カシミール3D」の存在を知って、インストールだけはしてあるのです。おおよその距離を確認するためにだけ使ってて、詳しい使い方もまだ把握してないんですが、これでより一層活用することができちゃいそうです。グフフフ。

 あぁ。欲しい!欲しい!欲しい!欲しすぎる!

 というワケで、間違いなく今年5本の指に入る物欲アイテムと判定しましたので、早速こちらのショップで「ぽちっとな」を敢行してしまいました(-。-)ボソッ

 税込送料込で28,800円。マトモな購入ルートでは恐らく最安値かと思われます。英語版でOKならさらに8,000円も安く手に入れられますが、せっかちさんとしては脳内翻訳にイライラしそうなので素直に日本語版を購入することにしました^^;

 早ければ週末には届くと思うので、ひょっとしたら日曜のジョグには使えちゃうかもしれません。あぁ楽しみ楽しみ。グフフフ。

e-casio_468x060

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.20

口がデカくて気が利くヤツ!「ゲータレード・エクストラ」

 ジョギングを始めるようになってから、ひとつ増えた趣味(?)があります。それは…

 スポーツドリンクウオッチ(-。-)ボソッ

 走り終えた後、水分補給のために付近のコンビニでよく冷えた500mlペットボトルのドリンクを購入し、駅前広場でグテ~っとしながらゴクゴク飲むのが非常にキモチイイ。ジョギングそのものも楽しいけど、こうしてスポーツドリンクを飲むこともひとつの楽しみになりつつある自分^^;

 最近スポーツドリンクなんて飲む機会もなかったから全然関心なかったんだけど、とりあえず店頭に置いてあるモノはひと通り試しました。どれも似たようなモノと言ってしまえばそれまでだけど、それでもやはり自分に合うか合わないかというのは出てくるし、中には特徴のハッキリしている商品もあったりして、飲み比べしててもなかなか飽きません。

 で、そんなボクが今一番気に入っているスポーツドリンクは、これ。

サントリー ゲータレード エクストラ 500mlPET


Click Here!

 ボクはあまり甘いのは好みじゃないんだけど、その点コレは適度な甘さに抑えてあるし、イヤミのない微かにフルーティな香りも良い。

 しかしながら、味わいもさることながらボクが気に入っている最大の理由は…

 飲み口がひとまわりもふたまわりも大きい、「広口ペットボトル」(-。-)ボソッ

 コレは非常に機能的でホント便利。一気にゴクゴク飲んじゃいたいことが多いのでコレは助かります。っつーか今思うと既製品はどうしてあんな飲みづらい小さな飲み口なんでしょうか。ぜひ他のメーカーにも採用していただきたいところですが追随しないんですかねぇ。もしかしたら特許が絡んでいるのかもしれませんね。

 ところで、1980年代くらいにスポーツドリンクなるものが脚光を浴び始めた頃、ゲータレードもよくスポーツ店で粉を買って中学の部活動のお供にしたりしてたのですが、いつの間にか消えてしまってましたよね。で、最近になってまた復活してたりして、そのあたりの経緯に興味があったので調べてみようかとウオッチしていたら…こちらのブログ記事を発見。なるほど。当時は雪印乳業の販売だったワケですね。しかし「NCAA」ってのも懐かしいなぁ(-。-)ボソッ

キャンペーン実施中!

| | コメント (2) | トラックバック (1)