2008.03.06

Flickrはじめました(-。-)ボソッ

 というワケで、先日の旅行記事に書いたとおり、「Flickr」なるモノを始めてみました。

 目的は主に3つありまして…

1.写真データのバックアップ
2.親戚・知人との写真の共有
3.ブログへの貼り付け

 このうち、最大の目的は1番目の「写真データのバックアップ」。フォトストレージサービスは他にもいろいろありますが、何しろFlickrに関しては

 「$24.95/年で無制限にアップロードできる」(-。-)ボソッ

というのが最大の特長。この「無制限」というのがポイント。これに敵うサービスは今のところ(ボクの知り得る限りでは)ありません。

 娘の虎子(仮名)が生まれてからというものの、増える一方の写真データ。でも、趣味としての自己満足という面も確かにあるけど、虎子が大きくなったときのために、写真はしっかりと残してあげたいのです。今、自分が小さかった頃の写真とかを見ているとやっぱり素直に嬉しいし、撮ってくれた親に対して感謝のキモチもありますから。

 そんなこともあって、ボクはこれまで

1.PCのHDDに保存
2.外付けHDDに保存
3.CD・DVDに焼いて保存
4.プリントアウトして保存

という、4つの手段を併用しながらバックアップに備えてきました。

 1と2は、日常の扱いには便利だけど、いつかは寿命で必ず壊れますから過信はできません(もっとも「両方同時に壊れる」という可能性は低いとは思いますけど)

 3はバックアップには良いけど、やはりちょっとしたことで読めなくなることもあります。また、果たしてこのメディアが何年後まで汎用的に使えるのかも不明です。たとえディスクが永久に品質を保持しても、ドライブがなくなってしまったらおしまいです。

 4は、閲覧するには一番だけど、プリントアウトが手間だし場所もとる。それに、どうしても劣化は避けられません。

 というように、どれもそれぞれ一長一短。でも、これにFlickrを加えておけば万が一のときに安心です。もちろん、Flickrだっていつまでそのサービスが続くかは未知数ですけどね。ただ、この手のサービスでは世界最大でユーザーも多いので、比較的信用できるんじゃないかなぁとは思ってます。

 目的の2番目と3番目、「親戚・知人との写真の共有」「ブログへの貼り付け」はオマケみたいなモノですね。「こんなこともできる」という意味で、確かに便利かなぁとは思いましたが。

 本来、Flickrは「写真を通じたSNS」という側面があるのです(例えば、ボクが公開した写真に対し、世界中の見知らぬ誰かからコメントをもらったりして、写真を通じてコミュニケーションが生まれる)が、今のところこの用途で使うつもりはありません。自分や家族などの人物写真はやっぱりクローズドにしておきたいし、そもそも大した写真なんて撮れないし、他国語でコメントもらっても満足に返事できないし(-。-)ボソッ

 まっ、そうはいっても来る者まで拒むつもりはありませんので、せっかくだからアドレスは晒しておきます。

さとーのFlickr : http://www.flickr.com/photos/czr13122/

 なお、ご覧のとおりFlickrは今のところ日本語対応していないため、最初はちょっと戸惑うかもしれません。参考になるサイトも、まとまったモノは現状ここくらいしかないと思うんだけど、別段難しい英語じゃないので、英語が苦手な方でもなんとなくは分かると思います。

 また、使い方について書かれた参考本の類も、たぶんこれくらいしかないと思います。

やさしいFlickr写真管理術 (Webアプリここが知りたい)
4774132578アイティティ

技術評論社 2007-11-07
売り上げランキング : 245240

おすすめ平均star
star近頃見かけるFlickr使いこなすには必要です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 余裕があったら一冊もっておくと便利かもしれません。ちなみに、オレは持ってる。(英語を脳内変換するのが)しんどいもん(-。-)ボソッ

「フォトブックスクエア」表紙+24ページのリング製本アルバム。お気に入りの写真でオリジナル写真集を作ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.16

目標は「ダカフェ日記」

 恥ずかしながら、つい最近まで知らなかったのです。

 「ダカフェ日記」という、カメラ好きにはとても有名なブログの存在を(-。-)ボソッ

 初めて知って、見て、すっかり虜になってしまいました。

 ボクが撮りたい写真、撮りたい世界が、見事にそのまま体現されてるじゃないですか。

 日常を、こんなに自然に切り取ることが出来る技術と感性が、素晴らしいと思う。

 あまりに気に入ってしまったので、ブログをそのまま単行本にした写真集を買ってきてしまいました。

20080216dacafe

 んー。オフラインで見るのもなかなか良いです。

 写真ももちろん素晴らしいのですが、ひとこと添えられているコメントがとても味わい深いんですよねー。

 こんな写真が撮れるように精進したいと思います。

 ただ、こんな背景ボケボケの素敵な写真を見てしまうと、やっぱり単焦点の明るいレンズが欲しくなってしまうワケで(-。-)ボソッ

 ボクのD40だとAFの使えるレンズに縛りがあるので、ターゲットは事実上コレしかないワケですが。

シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用
B0007U0H06
シグマ
売り上げランキング : 834

おすすめ平均star
starおすすめです
star明るいレンズです
starニコンボディにぴったり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あー欲しいなぁ。

 んー。どうしようかなぁ。

 レンズに頼る前に、もうちょっとキットレンズで腕を磨いてから買うべきなんだろうけどなぁ。

 でも、欲しいよなぁ。

 どーせいずれは買うんだから(?)、買って損になるワケじゃないしなぁ。

 むむむむ。むむむむむむむ(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.16

「相関図メイカー」で遊んでみた(-。-)ボソッ

 「相関図メイカー」というのが流行しているそうなので、ちょっと遊んでみました。

※登場人物はフィクションです。たぶん(-。-)ボソッ


 うはははは!なんだかいろいろと意味深すぎる(ウソ笑)

 ついでに、内輪ネタですみませんが、9月の旅行で旅館に一緒に泊まってくださったみなさんの名前をお借りして、こんなのも作ってみた(-。-)ボソッ


 師匠、いぢめないでください(-。-)ボソッ

 あと、ほしのあきタンは渡しませんよ!…あ。でも結婚退職してるのか。むうぅ~(-。-)ボソボソッ

 ちなみに、「相関図ジェネレータ」というのもありますので、併せて紹介しておきます。こっちも試して載せてみたいけど、オレはしない。しんどいもん(-。-)ボソッ

P マイクロソフト株式会社

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.08.31

「ちず窓」で遊んでみるテスト(-。-)ボソッ

 先日、「ちず窓」という、ブログに貼り付ける地図のサービスを見つけちゃいました。

 せっかく見つけたんだから何とかして使ってみたい!というのが世の常、人の常。

 でも、ネタがない…(-。-)ボソッ

 ということでいろいろ考えた挙句、何度にもわたり引越しを経験しているボクが過去に住んだことのある土地を、ひと通り列挙して晒してみることにしました。

★小学校時代
小学校時代

★大学時代
大学時代

★社会人時代・その1
社会人時代・その1

★社会人時代・その2
社会人時代・その2

★社会人時代・その3
社会人時代・その3

★社会人時代・その4
社会人時代・その4

★社会人時代・その5
社会人時代・その5

★現在…はナイショ(苦笑)


 こうして並べてみると「自分史」を見ているような気分でなかなか面白いですね。改めて地図を調べてみると、住んでいた当時と違う建物になってしまっているところもあるみたいで、時の流れを感じてしまいます。

 あと、「地図日記2」「ALPSLAB mybase」など、似たようなサービスを行っているサイトもあるので、興味のある方はウオッチして比較してみるのもまた一興。でも俺はしない。しんどいもん(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.27

似顔絵イラストメーカー

 「似顔絵イラストメーカー

というサイトをみつけたのです(-。-)ボソッ

 プロフィール画像の「イエロージャージ&トラッキー帽」もそろそろ飽きてきたし、その代わりに使おうかと思い、面白そうなので作ってみました。まっ、ボクの場合、要は大沢たか(ry

 で、できあがったのがコレ。

Profile20060826

 自分で作ると主観が入るので似てるかどうかの判断がつきません。誰か、何とか(判断)しれくれ!(ウソ笑)

 あと、

 「もっとオリジナルなプロフィール画像にしたい!」

という方には、「マイピク」というサイトもあるので紹介しておきます。有料サービスではありますが、プロの方に自分を描いてもらえるのなら数千円は決して高い価格じゃないかもしれません。ゆくゆくはボクも頼んでみようかと画策中。グフフフ…



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.20

あなた、ブログ、売る?

 あなた、いったい、誰?ハナテン中古車センター♪(謎)

 さて。いくら節約してもおカネが足りないブツヨキストのみなさん、いかがお過ごしでしょうか(-。-)ボソッ

 ところで、ちょっと楽しいモノを見つけてしまいました。その名も

 「あなたのBlogのお値段は?」

 というワケで、ちょっと遊んでみました。さて、結果やいかに…(-。-)ボソッ

inboundblogs=6 inboundlinks=12
この blog の価値は $3387.84
(約398985円)
です。

あなたのBlogのお値段は?

 あ~…

 すみません。今すぐこのブログ売りに出していいですか?(ウソ笑)

ipodphone_486-60.gif

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.08

「阪神ファン意識調査」に参加してみた。

 突然ですが。「今日から野球ファンになった人のためのブログ」(通称:「きょうろぐ」)にて

 「阪神ファン意識調査

なるものをやっておられますので、大変遅ればせながらボクも参加してみることにします。正気の沙汰とは思えない阪神ファンに果たして意識というものがあるのかどうなのか、ボクも興味ありますから(違)

 あ。そうそう。最初に断っておきますが

 「あの~、、、もしもし?コレのどこが”物欲”なんですか?」(-。-)ボソッ

というツッコミはナシの方向でお願いします(ウソ笑)ホントはここは「物欲Blog」なんだけど、まあええことよ。単にネタ切れなだけなんですが。まっ、あえて強引に答えるならば

 「秋に”でっかいお土産”が欲しい!」

ってところですかねぇ。グフフフ…



 では、ここから回答に入ります。

1.ここまでの阪神の成績についての評価
 正直、「デキスギ」なのか「いやもっといけた」という意識なのかと言う点

 これに関しては、

 「もっといけた」ハズなのに首位にいるのが「デキスギ」だと思う(-。-)ボソッ

という、謎かけみたいな答えにしたいんですがど~よ? ←実はちょっぴり悦に入っている

 ボクは、今季のターニングポイントは4月28日、甲子園で8-1から中日にまさかの逆転負けを喰らったゲームだと思っていました。アレを観て

 「今年の優勝はないな」(-。-)ボソッ

って思っちゃったんですよね。今だから正直に告白しちゃいますけど。えぇ。

 だからあんな試合をしてしまいながら今首位にいるのがホントに不思議。実際、あのあと最悪な雰囲気になって連敗が始まっちゃいましたから。逆にいえば、あの試合を普通に勝っていればもう何勝か上積みができたハズ。よって「もっといけたけど出来杉君」ってことで(-。-)ボソッ

2.ここまででもっとも評価したい選手は?

 まっ、藤川投手の活躍と頑張りについてはどのファンに尋ねても異議のないところでしょう。だけど今岡選手の打点もスゴイ。四番を全うしているアニキ金本選手もスゴイ。肋骨の痛みと闘いながら走りまくる赤星選手もスゴイですね。あと、先発投手陣が今ひとつピリッとしない中、孤軍奮闘していたベテラン下柳投手の頑張りも見逃せない。

 でも、ここはあえて

 「鳥谷選手」

を指名したいと思います(-。-)ボソッ

 「期待をかけられる優等生」っていう立場はホントにツライんです。ボクも似たような経験をしたことがあるだけに、同じ「大沢たかお似」を標榜している者としても(ウソ笑)彼には共感できる部分が多々あって、今年はなんとか頑張って欲しかったのです。だからそんな逆境を見事に跳ねのけて活躍している今の彼の姿は素直に嬉しいし、自分の励みにもなっています。

 ちゃんと調べてないんだけど、今季のタイガースの成績と鳥谷選手の打撃成績の推移ってほぼ連動しているんじゃないかな(違ってたらゴメンナサイ)。だとしたら、それだけタイガースにとって重要な選手になったっていう証ですよね。

 早稲田で同期だったヤクルトの青木選手も今季大ブレークしてますが、そんなことも発奮材料にしつつ、彼に負けじと後半戦も頑張って欲しいところです。

3.逆にもっとも期待を裏切っている選手は?

 24番の人…っていいたいところだけど、彼の場合はそもそもあまり期待していないし(ウソ笑)やっぱり井川投手と福原投手ですかねぇ。

 セリーグの投手成績だけ見ていると、何でウチが首位なんだかさっぱりわからなくなります。ホントはこの二人がもっと上位に顔を出すような活躍をして、中継ぎ陣の負担を軽減させて欲しいんだけど(-。-)ボソッ

4.正直、今年優勝できるとおもっているの?
 予想している今後の展開について

 あわわわわわ。今から優○なんてとんでもないコトバを口にするなんて。あわわわわわわ ←まだ免疫ができていないので取り乱しているらしい

 え~、気を取り直してマジレスしますと、ここまでは他球団が勝手にコケてくれた印象もあるし、長期ロードも控えているし、中継ぎ投手陣の疲労も心配だし…とてもじゃないけどこのままのペースで勝てるとは思えないので、辛抱しなきゃいけない時期が必ずやってくるでしょう。

 でも今年の場合、信じられないような勢いのまま勝っちゃった一昨年とは違って、地に足のついた野球ができているのは確か。っつーかこれで優○できなかったらヤバイでしょう^^; なんだかんだで優○はできると信じています。しかし5年前だったらこんなこと言ってる自分の方こそ信じられないんだけど(-。-)ボソッ

5.もっとも怖い相手球団は?

 ズバリ、「スペランカーズ」(注:そんな球団はありません)

 今となってはセリーグ内には怖い球団はないけど、主力選手のケガだけが怖いです。

6.今後のキーマンになると思う選手は?

 そらもう井川よ。そらそうよ。

7.岡田采配について
 昨年と変わったと思うところありますか?

 見てのとおりよ。っつーか、本人は変わっていないんだろうけどヘッドコ(ry

 まぁ実質的に誰が指揮しているかは別にしても、必要なところではちゃんとバントもするようになったし、何よりも昨年は気まぐれに決めていたとしか思えない中継ぎ&抑えの順番を固定した点が大きいんじゃないかな。

 あとは…何が言いたいのかさっぱりわからないインタビューの受け答えをどうにかしてください。さもないと今度から

 「何て言うか」
 「そういう意味では」

を何回言ったか数えちゃうぞ!(ウソ笑)っつーか采配とは無関係ですが(-。-)ボソッ

 まっ、これに関しては「グフフフ」において調査実績のあるhatoさんに依頼しちゃおうかな。グフフフ… ←ウソですごめんなさい。でも調査してくれたらこんなことがないように関内駅前で800円持ってお待ちしています ←これもウソですごめんなさい


どんでん
どんでん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.11

オンデマンド写真集作成サービス「Photoback」って素敵やん?(-。-)ボソッ

 ウオッチ業務をしてたら、こんな↓サービスを見つけたんです(-。-)ボソッ

 

●オンライン上で画像をアップロードして写真集が作れちゃう。
●CDジャケットサイズ。1冊から発注可能。
●価格は@1,890円(1~5冊の場合)とリーズナブル。

 ボクはそれほど写真に興味がある方ではないのですが、サイトにも紹介されている「ユーザーの作品」をひと通り見ていると、なんだかとても素人が作ったとは思えない、イイ感じの作品ばかりじゃない?(もちろん選んで載せているからでしょうが)

 それと「CDジャケットサイズ」ってのがまたイイ!とても上品な感じがしていかにもそれっぽく見えるじゃあ~りませんか。

 確かに編集する手間はあるけど、裏を返せば

 「自分で作成する楽しみがある」

とも言えるし、オリジナル写真集を作るにしては価格も手頃。とても興味ありますねぇ。結婚式のギフトなんかには最適かも。

 …っつーことで、どなたか作成されたらレポお願いします(←自分でやれっつーの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

「fujisan.co.jp」で珍しい雑誌をウオッチしつつ定期購読を考えたりしてみる(-。-)ボソッ

昨日に引き続き、ちょっと変わったオンライン書店を紹介してみます。その名も

 Fujisan.co.jp

こちらは一般の書籍を扱うオンライン書店ではなくて

 「雑誌の定期購読専門サイト」

に特化したサイトなのです(-。-)ボソッ

雑誌を「定期購読する」っていう習慣が日本人にどれくらいあるのかよくわかりませんが、アメリカ(=なんと雑誌全体の80%が定期購読)ほど定着しないのにはそれなりに理由があると思います。

一つは、わざわざ届けてもらうまでもなく近くに本屋やコンビニがあるから。

さらには、送料を払って届けてもらうくらいなら店で買った方がいい!と思うから。

まぁだいたいこんなところじゃないかと思うのですが…ただ、一般の書店やコンビニなどには置かれていない専門誌なんかは定期購読した方が便利でしょうし、専門的な雑誌じゃなくても送料がタダだったら…もしくは定期購読契約で単価が下がったら…定期購読する意味、ありそうですよね?

Fujisan.co.jp」は、「雑誌の定期購読専門サイト」を謳っているだけあって専門誌も取り扱っており、しかもほとんどの定期購読誌が送料無料。中にはディスカウント価格になっている雑誌も多数あるし、プレゼントが付く定期購読もあるのです。ほ~ら、あなたも定期購読したくなったでしょ?グフフフ…

例えば、こんな雑誌も定期購読できちゃいます。

JTB時刻表

1年契約で送料無料の上に割引率8.3%ですよ!毎月買うのなら断然おトクじゃないですか。グフフフ…ってしかし、時刻表毎月買う人もちょっとアレのような気もするけど(-。-)ボソッ

まっ、ボクは「グッたいむ」だけ読めればそれでいいんだけどね(謎)

で、別に定期購読する気のない人でも、「Fujisan.co.jp」はかなり専門的な分野の雑誌もカバーしているので、「カテゴリ一覧」から掘り下げていったジャンルに並んだ雑誌の表紙を眺めているだけでも十分楽しめます。こんな雑誌なんて存在すら知らないし(苦笑)

あ。ちゃんと(?)「アダルト雑誌」も取り扱っていますので、どうぞご心配なく。どういう心配がなくて良いのかよくわかりませんが。まぁいいや(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.28

オンライン書店花盛りの中「セブンアンドワイ」に注目してみる

Amazon.co.jp」を筆頭とした「オンライン書店」が急速に売り上げを伸ばしています。何かと便利なのでボクもよく利用するのですが、今日「ITmedia」でこんなニュースを見つけちゃいました。

ネット書店「セブンアンドワイ」がブランド変更で利用者急増

 ネットレイティングスは2月28日、2005年1月度の月間インターネット利用動向調査結果を発表した。
 これによると、昨年12月15日に社名とサイト名を「イーエスブックス」から変更したオンライン書店「セブンアンドワイ」の利用者数が、ブランド移行前の昨年11月から30%増の176万人に急増したことがわかった。

この「セブンアンドワイ」の最大の特長は

 「商品の受け取り及び支払いがコンビニ(=セブンイレブン)でできる」

という点です。宅配便で自宅まで送ってもらった方がよほど便利にも思えますが、時と場合によってはこの方が有利なこともあります。例えば…

1.送料・手数料ゼロ
他のオンライン書店は一般に「1500円以上の購入なら送料無料」などの基準を設けていますが、セブンアンドワイのセブンイレブン受け取りなら幾らの買い物であっても送料ゼロ。少額の買い物なら有利ですね。

2.24時間受け取れる
昼間不在が多い人の場合は宅配便だとなかなか受け取れなかったりしますが、セブンイレブンなら24時間自分の都合のいい時間に受け取ることができます。一人暮らしの人や、宅配業者を装った悪戯などを気にする人には大いにメリットがあるといえそうです。

3.コンビニ決済可
商品引き換えの現金支払いが可能なので、クレジットカードを持っていない人、もしくはクレジットカードでのオンライン決済を不安に思っている人にはいいかもしれません。

ここにきて利用者数が増えたのは、こうしたメリットが浸透してきたってのもあるんでしょうが、たぶん最大の要因は「Yahoo!Shopping」と連携されたことと、社名変更によりセブンイレブンのブランドによる安心感が備わったことなんでしょうね。ボクはまだ利用したことないんですが、記事にした責任もあるし(?)近いうちに一度使ってみようかと思います。

まっ、もっとも、近所や通勤・通学途上にセブンイレブンがないと元も子もないんだけどね(-。-)ボソッ

とまぁこんな紹介をしている一方で、いわゆる「街の本屋さん」が次々と閉店していく現状を寂しくも思ったり。ウチの近所もここ数年で数店が閉鎖されちゃいました。中学生の頃、エッチな本をこっそり立ち読みしていたのも今となってはいい思い出…かなぁ(-。-)ボソッ

こうしたオンライン書店に押されてしまっている上、万引きの被害もバカにならないようですね。盗む方にとってはただのイタズラなのかもしれないけど、一冊の本の原価を取り戻すのに何冊の本を売らなければならないかを考えると、本当に深刻な事態なのでしょう。先日、某日本テレビ系列の深夜番組で万引き(窃盗?)をあっけらかんと告白した救いようのない女性タレントがいましたが、こういう犯罪が軽率に行われ、また軽々しく考えられつつある世の中をどうにかしなければなりませんね(-。-)ボソッ

セブンアンドワイトップページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)