« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.28

クニルプスの折り畳み傘「Knirps Fiber T2 Duomatic」

 何年ぶりかに折り畳み傘を買ったので報告します。

Knirps Fiber T2 Duomatic 【限定カラー】 折りたたみ傘 【ワンタッチ開閉式】 ARGYLE(17025-3) KNFL878-047
Knirps Fiber T2 Duomatic 【限定カラー】 折りたたみ傘 【ワンタッチ開閉式】 ARGYLE(17025-3) KNFL878-047
Knirps (クニルプス)
売り上げランキング : 66715


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「ある程度しっかりしていて、でも通勤カバンに入れるのに苦じゃないサイズで、できればワンタッチ開閉できるモノ」

というのがターゲットで、結局のところ行き着いたのは「Knirps(クニルプス)」でした。あとはどんな柄にしようか?と悩んで選んだのが「限定カラー」のコレでして、

 「オレってなかなかセンスあるじゃん」(-。-)ボソッ

なぁんて思って悦に入っていたのですが…先日、会社出るときにコレを差したら

 「わー。さとーさんの傘、女物じゃないのー?」(-。-)ボソッ

と、出口に居合わせたおばちゃんに言われてしまい、さらに一緒にいた別部署の年配の方にもその発言に同意されてしまってかなり凹んでます(苦笑)。でも使い勝手はとてもイイし、ボク的には気に入っているんだからいいもんねーだ。あとはもうちょっと軽いと言うことナシなんですけどね。

 ところで、通勤時に関しては、ボクは原則折り畳み傘しか使用していません。よほど激しい風雨の日を除いては。

 っていうのも、長い傘は通勤電車の中では激しくジャマだからです。片手が塞がってしまうのがイヤだというのもあるのですが、傘の先が誰かの足の方に向いていないかとか、周りに人に露がついて濡らしてしまわないかとか、「他人に迷惑掛けそうで気になって仕方ないから」というのが最大の理由です。

 その点、折りたたみ傘なら車内では畳んでカバンの中に入れてしまえばそんな心配は無用。誰に迷惑かけることもありません。

 どうしてこんなことにこだわり始めたかというと、最近、通勤電車の中や駅構内で他人の傘を迷惑に感じることがヒジョーに多くなったからです。濡れた傘をしっかり閉じずに電車に乗り込んでくる人とか、傘の先を前後に大きく振りながら駅構内を歩く人とか、傘の取り扱いに無頓着な人が多すぎ。雨の日は好きじゃありませんが、雨そのものよりも、こういうムキムキムキーッ!な思いをするのがキライなんだよねー(-。-)ボソッ

 ということで、「電車通勤する人は折り畳み傘を使おう!」キャンペーンというのがあればぜひ賛同したいと思います。鉄道会社でも地方自治体でも傘メーカーでも、どなたが主体でも構いませんのでぜひぜひ推進してください。オレはしない、しんどいもん(-。-)ボソッ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.23

2010-2011POG 指名獲得馬紹介の巻(-。-)ボソッ

 毎年恒例でボクが参加しているPOGのドラフト会議が6月19日(土)に横浜で執り行われ、地元開催だったので参加してきました。ちょうどサッカーワールドカップの日本×オランダ戦と重なったこともあり、テレビを横目で見つつのドラフトとなりましたw

 で、ボクが獲得したおウマさんたちの紹介をしておきたいと思います。

1位 トーセンレーヴ(ディープインパクト×ビワハイジ 牡 池江泰寿)

 競合覚悟で指名したのですが、意外にも単独指名であっさり獲得できちゃってちょっぴり拍子抜け(ウソ笑)
 血統も厩舎も文句ないし、無事にさえいけばそれなりの活躍は期待してもらって結構です(-。-)ボソッ

2位 アドマイヤスコール(フレンチデピユティ×アズサユミ 牡 友道康夫)

 昨年はアドマイヤ一家に元気がなく振るわなかったのが気がかりですが、こちらも堅実に走る血統だし、一昨年アンライバルドでお世話になった友道厩舎ですので、やはり期待せざるを得ません。年内にはデビューしてくれそうかな。

3位 スマートアイリス(ディープインパクト×チェリーラブ 牝 小崎憲)

 指名を決めた段階では馬名未定だったのですが、キレイな名前が決まって嬉しいです。牡馬はともかく、やっぱり女の子は名前って大事だと思うんで(-。-)ボソッ
 マイネルレーニアの半妹。厩舎の期待も高いようですし、ぜひ活躍してほしいところです。

4位 馬名未定(ネオユニヴァース×ファンジカ 牡 大久保龍志)

 兄にハイアーゲームがいる血統。馬名は決まっていませんがおそらくアサクサの冠名がつくでしょう。
 昨年大活躍したネオユニヴァース産駒の中でも結構な評判になっているようですので、やっぱり期待しちゃいます。

5位 ダノンバラード(ディープインパクト×レディバラード 牡 池江泰郎)

 京都新聞杯2着のロードアリエスが兄にいます。母がダートで出世した馬なのでそっちに流れる可能性があるかもしれませんが、芝でもダートでも結構なのでどんどん稼いでもらいましょう(-。-)ボソッ

6位 カグニザント(ネオユニヴァース×インコグニート 牡 国枝栄)

 アパパネでいい思いをさせてもらったので、国枝厩舎の馬はぜひ獲りたかったんです。しかしこの名前はどういう意味なんだろう。っつーか何語?…ちょっと気になる(-。-)ボソッ

7位 ヴィクトリースター(ディープインパクト×ヴィクトリークライ 牡 池江泰郎)

 ディープ産駒ですが、早めにデビューしてくれそうなカンジです。あえてケチをつけるとすれば、名前がベタ過ぎることかな(-。-)ボソッ

8位 ホーマンフリップ(フジキセキ×レーゲンボーゲン 牝 安田隆行)

 速攻要員としては理想的な順位で指名出来たんじゃないかと思います。初戦でサックリと勝ちあがっちゃって欲しいですね。

9位 ロビンフット(ゼンノエルシド×サンディフォルス 牡 堀井雅広)

 こちらも速攻要員で、既にドラフト翌日にデビューしたのですが惜しくも2着。でも、これならすぐに勝ちあがれそうですね。

10位 アドマイヤカーリン(ディープインパクト×スプリットザナイト 牡 松田博資)

 結果的に、今年獲得した唯一のマツパク馬になりました。父のディープインパクトと同じ誕生日みたいですので、これはきっと…と、勝手に妄想を膨らませておきましょう(-。-)ボソッ

11位 サトノペガサス(ディープインパクト×クラシックローズ 牡 堀宣行)

 名前には反映されていませんが、母を見ればおわかりのとおり薔薇一族です。薔薇一族といえばヴィータローザには当時POでヤキモキさせらたのも今となってはいい思い出(-。-)ボソッ

12位 ディープフィールド(ディープインパクト×スリーダイメンションズ 牡 音無秀孝)

 利一さんの奥さんの方のおウマさんです。かつてヴィクトリーでボクもいい思いをさせてもらった経験もあるので、下位指名ながらも密かに期待を寄せています。


 とまぁ、今年はこんな布陣で臨みます。まだ未知数のディープインパクト産駒が12頭中7頭を占めているので、このあたりがカギになりそう。できれば牝馬をもう1~2頭獲得したかったところなんですが、期待値の高い2頭が獲れたので大丈夫でしょう。

 というワケで、今年も1年、存分に楽しみたいと思います。

 ついでと言ってはなんですが、今回会場になった「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」で写真を撮ったりもしてきましたので、これを晒して締めくくることにします。足湯のある展望階からの眺めがなかなかでした(-。-)ボソッ


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※直リンクはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.15

2010年6月13日の相模原公園

 ハナショウブのシーズンということで、前日6月12日(土)の四季の森公園に引き続き、今回初めて「相模原公園」まで足を伸ばしてみました。

 行き方はいろいろあるのですが、早朝ということでJR相模線の原当麻駅から徒歩で行く方法をチョイス。約20分ほどで園内の「水無月園」というしょうぶ園に着きました。

 色とりどりのハナショウブが競い合うように咲き誇っていて、もうそれだけでもお腹いっぱいだったのですが、何やら園の奥の方で、高そうな望遠レンズをつけて三脚を立てているカメラマン2名様を発見。興味津々で移動してのぞいてみると…


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 なんと、めっちゃかわいいカルガモの親子の姿が!

 ※直リンクはこちら

 実はハナショウブを撮った後は、隣の「相模原麻溝公園」に移動してアジサイを撮る予定だったのですが、こうなったらもう当然そっちは諦め。こんな情報は全く知らずに行ったので、本当に嬉しい誤算。夢中でカルガモの親子をファインダーで追いながらシャッターを切り続けていました。

 それにしても、前日はカワセミ、この日はカルガモ。カメラ持って出かければイイことがあるもんで、この週はすっかりトリのトリコになってしまいました(-。-)ボソッ

 これだけ鳥に縁があるのだから、もしかしたらアレも…と思いきや、タテジマの鳥さんはただいま絶賛スランプ中。おお、もう…(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.14

2009-2010POG を振り返ってみるの巻(-。-)ボソッ

 なかなか記事にできていなかったのですが、今週末には次のドラフトも控えちゃってますので、いいかげん今期のPOGを振り返っておきたいと思います。

 今期はアパパネ嬢のおかげもあって、ダービー直前時点で首位に立っていたのですが…僅差の2位につけていた某お弟子さんの持ち馬には、あろうことかヴィクトワールピサとペルーサがスタンバイ。対するこっちのダービー出走はトゥザグローリーのみ。どう考えても分が悪かったので優勝は諦めていたのですが…やっぱり競馬って何が起こるか分かりませんねぇ。

 というワケで、自身3年ぶり3度目?(で、合ってるかな?)の優勝を果たすことができたのですが、最後が最後だっただけに、プロ野球に喩えて言うなら、まるで

「ペナントレースの最終戦をマジック1で迎え、自分も負けちゃったのに、思いがけず相手も負けてくれたので優勝がころがりこんできた」(-。-)ボソッ

っていうカンジでイマイチ実感がわきません。次回はダービーでポイントを獲得して自力でスッキリと優勝を決められるような格好に持って行きたいですね(キリッ

 …なぁんて、カッコイイことをほざいてみるテスト(-。-)ボソッ

 あと、今期も全頭出走を果たすことができたのは何よりでした。これは我ながら誇っていいことだと思っています。

1位 アドマイヤプリンス 松田博 2-0-0-2 1,700P(白藤賞)

 評判馬が顔を揃えていた新馬戦での勝ちっぷりがなかなか良かったのでかなり期待していたんですが…結果的にはその新馬戦のメンバーが実はアレだったというオチでした。それでもPOG期間終了間際に白藤賞を勝って2勝目を挙げ、何とか格好はつけてくれたので、まぁ許してやるか(-。-)ボソッ

2位 トゥザグローリー 池江郎 2-1-0-1 3,60OP(青葉賞2着)

 年末デビューのハズが3月までずれ込んだ時にはもうダービー出走なんて諦めていたのですが、よくぞ青葉賞で権利をとってダービー7着まで食い込んでくれました。今回獲得した牡馬で唯一クラシック戦線に入り込んでくれた馬なので、これがなかったらつまらなかったところ。終盤の盛り上げ役として十分働いてくれたので、感謝しています。

3位 ポケットキャンディ 伊藤大 0-0-0-7 0P

 某所の情報に踊らされて上位指名してみたのですが…まんまと引っかかりました。やられました。これも全て自分の判断力のなさによるものです。反省(-。-)ボソッ

4位 オメガブルーグラス 大久保龍 1-1-0-5 500P(未勝利戦)

 2歳の間に1勝を挙げてくれたのでもう一丁を期待していたのですが、上のクラスでは厳しい戦いが続いてしまいました。これが精いっぱい。

5位 アドマイヤロイヤル 橋田満 1-1-0-2 500P(未勝利戦)

 この馬も札幌で早々に勝ち名乗りを上げてくれたのでもっとやれると思っていたんですけどね。今年のアドマイヤは全体的に精彩を欠いていましたね(-。-)ボソッ

6位 マシュケナーダ 安田隆 1-0-1-3 700P(新馬戦)

 当初はアパパネよりもむしろ期待していたのはこちらでした。紅梅Sで発走除外になってしまったのが今思えば痛かったですね。力はあったと思うのですが、ツキにも見放されていたような気がします。オークスの結果を見る限り、フローラSの相手も悪かったですね。秋はもうちょっとやれると思います。

7位 エーシンダックマン 坂口則 3-2-0-5 3,600P(橘S)

 速攻タイプの切り込み隊長役を期待して獲得し、第1週に見事勝ってくれたところまでは予定通り。ただ、2勝目にこんなに手間取るとは思わなかったし、あまりにモタモタしているんでこれ以上はもうムリなのか?と思いきや橘Sを思いがけず逃げ切っちゃったり、正直よくわからない子でした(苦笑)。ただ、結果的に3勝を挙げてくれたワケですから指名して正解でした。よく頑張ってくれました。

8位 サトノホクト 鹿戸雄 0-0-0-8 0P

 この馬も速攻要員だったのですが、その時期に勝ち切れなかったのが全てでしたね。

9位 アパパネ 国枝栄 5-1-1-0 24,700P(オークス、桜花賞、阪神JF、チューリップ賞2着)

 自称「真紅の堕天使」(謎)。振り返ってみるとこんなに下位で指名してたんですよね。獲得当時は夏から秋にかけての活躍を見込んでの指名だったので、阪神JFを勝っちゃったときも春以降については半信半疑な部分も実はありました。でも赤松賞がアパパネェ勝ち方だったので、やはりあの時点で実力差が歴然としていたってことなんでしょう。次回もこんな孝行娘を獲得したいです(-。-)ボソッ

10位 アマルフィターナ 平田修 1-1-0-0 500P(未勝利戦)

 この馬も実は結構期待していたのですが、2戦しただけで終わってしまったのはなんとも残念。しまいにはどうやら屈腱炎を発症してしまったみたいですが、それでも1勝を挙げてくれたことに感謝したいところです。

11位 カレンパッキャオ 平田修 0-0-0-4 0P

 11→7→5→4と、出走するたびに着実に着順を上げてはいたのですが…ちょっと着実すぎたなぁ(-。-)ボソッ

12位 ビーライト 萩原清 0-0-0-1 0P
 最後までデビューがなかなかできなかった一頭。最終的には勝利なんてもう期待していなくて、とにかくデビューだけはしてほしいと思っていたので、それだけで十分です。


 というワケで、まだ実現できていない「ダービー勝利」を目指して次も頑張ります(-。-)ボソッ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

2010年6月12日の四季の森公園

 そろそろハナショウブも見頃かな?と思い、早朝に電チャリこぎこぎ、やってきました四季の森公園(-。-)ボソッ


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 まだつぼみも結構あるけど、かといって来週の週末だと見頃を少し過ぎちゃいそうだし、今日行って正解だったかも。

 で、しょうぶ園でカメラ向けてたらおもむろに話しかけてきてくれたオバサン情報により、慌てて池の方に移動。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 カワセミくんがいらっしゃいました。三脚と望遠レンズ、あって良かった(-。-)ボソッ

 ※直リンクはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.11

2010年6月5日のふれあいの森公園・泉の森公園

 まだハナショウブにはちょっと早いかな?と思いつつ行ってきた、先週土曜日の写真です。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※直リンクはこちら

 キショウブは見頃でしたね。っつーか、実はこの週は…

トキナー AT-X 124 PRO DX2 12-24mm F4 ニコン用

 コレ買ったから試しに使ってみたかっただけですすみません(ウソ笑)。どれがこのレンズの写真かわかりますか?…って、一目瞭然ですが(-。-)ボソッ

デジカメオンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »