« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.26

2009年7月25日の上野不忍池

 またハスを撮りに行ってしまいました(苦笑)。第三弾は上野の不忍池です。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 これでハスは三箇所目だったワケですが、それぞれで咲き方や環境が違っていて、同じ花でも全然違う撮り方が求められることがよくわかりました。

 不忍池に関して言えば、

 「とにかく広い!そして花も多い!カメラマン密度も低い!でもちょっと(花までの距離が)遠い」(-。-)ボソッ

ってカンジですかね。もうちょっと時間があれば上野公園を散歩しながらいろんな写真を撮りたかったのですが、池を2周くらいしたらタイムリミットになってしまったので退散しちゃいました。

 それにしても、このハス撮りシリーズですっかりサンヨンとテレコンに興味がわいちゃいました(ウソ笑)。でもそこに踏み込んじゃうともうちょっとしっかりした三脚も必要になっちゃうしなぁ。しばらくは辛抱、辛抱よ(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.19

見せてもらおうか。実物大のガンダムとやらを(-。-)ボソッ

 というワケで、お台場の潮風公園で撮ってきました。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※直リンクはこちら

 ホントは夕暮れから20:30までのライトアップの時間帯が被写体としては一番魅力的なんでしょうが、人混みは避けようと思ったのでその時間帯はあえて回避。っつーか、その時間に同居人と娘をほったらかしてひとりでガンダム撮りに行くワケにはいかないっつー事情が(苦笑)

 で、ボクが計画して取った行動。

晩飯を食べてから家を出発し電車で移動→現地で深夜まで撮影→「大江戸温泉物語」で仮眠→夜明け前の早朝から再び撮影→朝のうちに帰宅

 まっ、これくらいなら許容範囲かなぁと。「大江戸温泉物語」のおかげで素晴らしいプランを組むことができました。これ思いついたオレ天才(ウソ笑)。グフフフ…

 それにしても、実物大のガンダムを自分のカメラで自由に撮影できるだなんて、小学生の頃のことを考えたら夢のような話ですよね。夜中や未明に夢中でシャッター切っている自分に笑っちゃいました。いやー、興奮した(-。-)ボソッ

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.07.18

2009年7月18日のフラワーセンター大船植物園

 先週に続いてのハス撮り。この3連休中、6時から早朝開園している神奈川県立フラワーセンター大船植物園へ出かけてきました。

神奈川県立フラワーセンター大船植物園

 同じハスでも先週の三渓園とはまた全然雰囲気が違いました。とりあえず、一部エリアを除き三脚が使えないのでその点でかなり苦労しました。花もちょっと少なかったみたいですね(毎年来ているらしい人がそんなことを言っていました)


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※直リンクはこちらです。

 ひと通り撮りつくした後は園内で他の植物を鑑賞。特に温室の中は珍しい花があったりしてなかなか楽しめました。

 温室を出ると、パラパラと雨が降り始め、自分に与えられた時間的にもタイムリミットが近づいていたのでやむなく退散。結局、ばら園や展示室を回りきれないまま退園してきてしまったのは心残りでしたが、まぁこれは次回来園時のお楽しみということにしておきましょう。

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)新サービス「フォトグリーティング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.14

2009年7月12日の横浜三渓園(早朝観蓮会)

 ハスの花が見ごろを迎えている横浜三渓園の「早朝観蓮会」に行ってきました。

三渓園

 ハスの花は早朝に開いて昼前には閉じてしまうということで、この時期の土日祝日だけは特別に午前6時から開園しています。

 ホントは6時の開門に合わせて行きたかったところなのですが、公共交通機関を使うとなるとバスの時刻の関係上どう頑張っても現地に着くのは6時30分が精いっぱい。「時は金なり」ということで根岸駅からタクシーを使うことも考えましたが、ここは冷静に考え、やはりバスで行くことにしました。うーん。さとーったら、オ・ト・ナ♪(ウソ笑)

 現地に着くと、カメラと三脚を構えた人たちで既にいっぱい。ほとんどが年配の方々ばかりでしたが、気後れしてはイカン!と、そんな中に混じりつつ頑張って撮ってきました。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※スライドショーが重たい場合はこちらの直リンクからどうぞ。

 途中、花にハチがたびたびやって来るのでムキになって撮ってしまいました。花を撮っているのかハチを撮りにきたのか途中からよく分からんことに(-。-)ボソッ

 なお、普段は入れない私有地エリアもこの期間だけは特別に開放されているので、三渓園のシンボルでもある三重塔をバックにハスの花を写すという構図もこのときだけは可能。一応そんなカットも撮ってきましたが、望遠だけで撮らずに広角でも撮ってくるべきだったと反省。どちらにもピントの合った写真も欲しかったところです。

 あと、ほとんどF8に絞り固定で撮っていたのですが、もっと開放でふわっとしたのを撮ってみてもおもしろかったんじゃなかろうかとか、開花した花ばかりじゃなくて蕾なんかも絵になったんじゃないかとか、もっと引いた構図で花を複数入れてみた写真があっても良かったんじゃないかとか、帰ってきてからは反省点ばかりでした。ただ、こういう特別な機会にしか撮れない写真っていうのは、それが撮れただけでなんとなく気分がイイものです。次のターゲットもいろいろ考えておるんよ。グフフフ…

ブックオフオンライン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.10

2009年7月5日の清水ヶ丘公園

 恒例(?)の「D300を持って早朝お散歩シリーズ」(別にシリーズ化したつもりもないんだけど)。この日は「清水ヶ丘公園」という公園に行ってみました。

清水ヶ丘公園

 正直言って、自宅から電車と徒歩で行くには少々不便な場所にあるのですが、その分いい運動になると思い、頑張って歩くことにしました。

 最寄駅は、京急の南太田か井土ヶ谷、もしくはJR横須賀線の保土ヶ谷駅になるのですが、ひねくれ者でなおかつ少しでも電車賃を浮かしたいというケチケチ根性が沁みついている相鉄沿線住民のボクは、あえて相鉄線天王町駅から歩いて行くという挑戦的なルートを選びました。おかげで30分くらい歩きました(-。-)ボソッ

 今回この公園を訪れようと思ったのは、公園内の見晴らし台にある、通称「ゆずの木」と呼ばれる木の写真を撮ってみたかったからなのです。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※直リンクはこちらです。

 朝6時より前に訪れればサスガに誰もいないんじゃないかと思っていたのですが…甘かった(苦笑)。散歩やジョギング、体操などをしに次々と老若男女いろんな方々が木の周りに訪れてきました。それだけ近隣の皆さんに愛着を持たれている木なんだなぁと感じつつ、なるべくジャマしないように撮ってきました。

 見晴らし台のすぐ下のスペースには花壇があったので、マクロレンズに交換してこちらでもパシャパシャ。途中でモンシロチョウが現れたので怪しげに追いかけてみたりしましたが、やっぱりこういうのはこちらから虫を追いかけずに、腰を据えてじっと待って撮らないとダメですね。時間も限られていたのでせっかちしてしまいましたけど。

 帰り道は南太田に抜けて京急で帰ってきましたが、この公園は前後を「東隧道」「大原隧道」という歴史あるトンネルに挟まれています。道中のそれぞれのトンネルも見どころのひとつですね。こちらも写真に収めつつ帰宅。あーしんどかった(-。-)ボソッ

デジカメオンライン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.08

電チャリ買いました(-。-)ボソッ

 先日、ジョグポシェとサヨナラしたボク。このままでは困るので、新しい原付を買いたい!と思い、同居人に相談したのです。

 が。

 「原付じゃなくて、電動チャリにしてくれない?」(-。-)ボソッ

と言われてしまったのです。むむむ。そう来るか。

 で、どうするかの判断にあたり、原付と電チャリ(電動アシスト自転車)のメリデメを整理してみました。

<原付>
○とにかく楽チン。
○行動範囲が広くなる。
○多少重たい荷物も載せられる。
○中古なら電チャリより安く買える。
×免許が必要(同居人は免許を持ってないので乗れない)
×一人しか乗れない(娘との二人乗りはできない)
×ガソリン代と税金がかかる(大した額じゃないけど)

<電チャリ>
○同居人も使える。
○リアシートをつければ娘を乗せられる。
○ランニングコストはほとんどない。
○いい運動になって健康的。
×あまり遠くまでは行けない。
×重い荷物は載せられない(ビールの箱買いなどには使えない)
×中古原付よりも高い。
×盗難に遭いやすいので注意が必要。
×充電が面倒。

 まっ、理想的なのは両方買って、ボクが原付を使って同居人が電チャリを使うってパターンなのですが、残念ながらそんな財源はないし、置く場所にも困りそうなのでこれはムリ。

 となるとどっちか一択なのですが、原付だとボク一人しか使えないのでちょっともったいない気はします。行動範囲が狭まってしまうのは正直残念なんだけど、まっ、電チャリにすれば「虎子(娘。仮名)との行動範囲」は(徒歩と比べれば)逆に広がるワケだし、ちょっと面白いかもしれない。いろいろガマンしなきゃならない部分もあるけど、まっ、いっか。

 というワケで同居人の提案を採択し、「電動アシスト自転車」なるモノを初めて買ってみることにしました。

 いろいろ調査した結果、最終的に決めて買ったのは、コレ。

パナソニック リチウムビビ・DX ミルクティ





 娘も乗れるように、コレも同時注文。

OGK スタンダードうしろ子供のせ




 同居人の背丈を考慮して、サイズは24インチを選択。バッテリーは、そんなに大容量な必要もないけど、そこそこ乗っても安心できるだけの容量は確保しようと思って決めました。

 で、先週の日曜日。ブツが届いたので、早速近所を乗り回してみました。

 ボクの家の近所はかなりキツイ勾配の坂がいっぱいあるのですが、どの坂も立ち漕ぎすることなく走りきることができました。うん。これはイイ!

 でも、虎子を乗せたらこんな風にはいかないのかな?というギモンも。

 果たしてどうなのか。試しに、虎子も乗せて走ってみました。

 生まれて初めて自転車に乗せられた虎子なんですが、最初は怖がるかと思ったら全然そんなことはなくて、むしろ大興奮で大喜び。ちょっぴり安心しました。

 公園で少し遊んだ後、帰り道にこの坂をのぼってみました。が、虎子を乗せてもまだまだ余裕。難なくのぼりきることができました。電動アシストパワー恐るべし。これならどこにでも行けちゃいそうです。

 そんなワケで、なかなかいい買い物ができたと思います。原付には原付のイイところもありますが、電チャリも楽しい乗り物ですね。親子3人でこれからフル活用したいと思います。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »