« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.30

さようなら、ジョグポシェ(-。-)ボソッ

 1999年の春。当時ボクは、岡山の倉敷に近い、とある町の工場で研修勤務をすることなりました。

 総社という町に単身用のアパートを会社が用意してくれたので、毎朝そこから出勤することに。いちおう電車で通えないこともなかったのですが、駅を降りてから工場までは結構な距離があるし、帰りなどは都市圏とは違うので一本電車を逃したら次は1時間後…なんてこともザラ。

 「サスガにこの交通手段で毎日通勤するのはムリがあるな」(-。-)ボソッ

と悟ったボクは、生まれて初めて「原付」を買うことにして、原付で出勤しよう!と決めたのでした。

 で、次の休日。アパートのすぐ目の前にバイク屋さんがあったので、そこに相談。

 「毎日片道7kmほどの通勤の往復と、休日の買い物に使用する足として使うので、そこそこ荷物が乗せられて無難に走れればあとは何でもよい。できるだけ安いのがイイ」(-。-)ボソッ

というニーズで決めたのが、ヤマハのジョグポシェの中古。確か6万円くらいだったと思います。前カゴがついているので荷物がいっぱい載せられるのがポイントでした。

 それから、原付とともに働きに出る毎日が始まりました。高梁川という大きな川沿いの道を走ったりするのですが、雄大な景色のもとで風を受けながら走るのがたまらなく気持ちよくて、すっかり原付通勤の虜になってしまいました。

 この研修勤務は数ヶ月で終了して、夏が終わる頃には横浜に戻ってきたワケですが、通勤には使用しなくなったものの、それからも休日には相変わらずこの原付に跨っていました。買い物はもちろん、そのほかにも日帰りスパに行くとき、ラーメンマン活動をするとき、公園まで写真を撮りに行くとき、等々。最近は月に1~2回しか乗ることもなかったけど、ボクにとって貴重な足であることには変わりありませんでした。

 が、これだけ長期間乗っているとサスガにアチコチにガタがくるようになってしまいました。このまま使い続けているとボクの身の安全上の観点からも大いに問題アリ。かといって今さらバイク屋に調整に出すにしても、その費用に見合うだけ使い続けられそうな気がしない。うーむ。むむむむ。

 ちょっと悩みましたが、コイツももう天寿を全うしたということでしょう。廃車にすることに決めました。

 先週土曜に、回収業者にメールで依頼。早速返事が来て、日曜の昼にはあっけなく回収完了。手元に残ったのは、業者が手際よく外して置いていったナンバープレートだけ。

 さとー、何だかちょっぴりおセンチ(-。-)ボソッ

 今思えば、業者に出す前に写真の何枚かくらいは撮って残しておいても良かったんだけど…でも、もう後の祭りよ(-。-)ボソッ

 ロクにメンテナンスもしなかったのに、10年間もよく頑張ってくれました。感謝してます。本当にありがとうございました。

 さて。原付を失った今、このままでは来週からの休日の足に困ってしまうワケですが…

 もちろん、そこはキチンと手を打ってあるんよ。グフフフ…

 ということで、そのお話はまた後日ということで(-。-)ボソッ

大丸がオススメする季節の情報をご紹介

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.29

硬券(-。-)ボソッ

 去る6月26日金曜日に、ボクの通勤路線である相鉄の労組が朝からストライキを起こして騒動になったのは神奈川県近辺の方々ならニュースでご存知かもしれません。ラッシュ前には解除にはなったのですが、まっ、そんな一騒動があったワケです。

 で、先日から駅構内にこんな案内表示が。

20090629_193530

 写真では文字が小さくて見えづらいと思うので、要約すると

ストでは迷惑をかけちゃってゴメンね。お詫びのしるしとして、定期券をお持ちのお客さまには「臨時一往復乗車証」をあげちゃうので、これで勘弁してね♪

ということなんだそうです。もちろん、そんな軽いノリなはずはありませんが(-。-)ボソッ

 というワケで、早速「往復乗車券」とやらを受け取ってまいりました。

20090629_215325

 ※カエルは特に意味ありません。

 なんとこの往復乗車券、「硬券」なんです(-。-)ボソッ

 最近はもっぱらSuicaばかり使っているので切符そのものを手にすること自体が稀なんですが、久々に手にした相鉄の切符が、今どき珍しい「硬券」とは。

 ボクの過去の記憶をたどっても、相鉄の窓口で硬券の切符を手にしたのが果たしていつ以来なのか、皆目見当がつきません。いや、もしかしたら初めてのことかもしれません。

 うーん。ボク自身、ストで結構な迷惑を被ったひとりではあるのですが、この乗車券を手にしたとたん、何だか得した気分になりかけてちゃっているのがコワイ(ウソ笑)。これ、使わずにパウチにして保管しちゃおうかという気も起こりかけていたり(-。-)ボソッ

 ちなみに、コレを受け取るために窓口で「Suica定期券」を提示したところ、引き換えを行ったしるしとしてマークを入れるというのでどんなことをするのかと見ていたら…

20090629_223644

 赤の油性ペンで裏面の端っこにマーキングしただけでした…こんなアナログな方法でいいんでしょうか。ちょっと心配になってしまいました(-。-)ボソッ

日比谷花壇 お中元ギフト

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.23

2009-2010POG指名獲得馬紹介の巻(-。-)ボソッ

 えー。先日、今年のダービーウィークで終了したPOGの結果を報告しましたが、今度はもう来期の話。6月20日(土)に執り行われたドラフト会議に参加してきました。

 今年の会場は、南町田にある「東京・湯河原温泉 万葉の湯」。

万葉の湯

 大半の人たちにとっては果てしなくどーでもいいことなんですが、いろんな出来事(自宅から向かう途中、途中下車してラーメンマンしてきたこと。南町田のグランベリーモールで写真撮りに興じているうちに道を間違えて迷子になりかけたこと。下駄箱の鍵No.は当然24番を選んだこと。翌日の朝、雨に降られてしまったので乗車したシャトルバスがボク一名で貸切状態だったことetc.)があったので、その際に撮った写真たちをスライドショーにしておきます。なお、この日の写真はすべてLX3によるものです。サスガにデジイチもって風呂に行くワケにもいかないので(-。-)ボソッ


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 さて。それでは、本題の「獲得馬紹介」に移りたいと思います。

 …が、その前に。せっかくの機会なので、これまでのボクのPOGのヒストリーをリンクにして備忘録的にまとめておいてみたいと思います。

2002-2003 ちゃんとした記録はないけど、あえて言うならコレ
2003-2004 (記録らしきものほとんどなし)
2004-2005 指名 回顧はなし
2005-2006 指名 回顧
2006-2007 指名 回顧
2007-2008 指名 回顧
2008-2009 指名 回顧

 んー。懐かしすぎる。っつーか、改めて見てみるとPOGスレのAAとかイタすぎる(ウソ笑)

 ささっ。今度こそ本当に、今年の獲得馬紹介です。


1位 アドマイヤプリンス(アグネスタキオン×プロモーション 牡 松田博資)

 プロモーションは以前に「アドマイヤメイン」でお世話になったので、そんな思いもあって1位で指名。幸運にも他のメンバーの1位指名はなく、スンナリ獲得することができちゃいました。多少ネガティヴな情報が流れていた影響もあったのかもしれませんが、指名する方としてはむしろ好都合だったかも。兄と同等以上の活躍を期待せざるをえません(ウソ笑)

2位 トゥザグローリー(キングカメハメハ×トゥザヴィクトリー 牡 池江泰郎)

 トゥザヴィクトリーの仔はまだマトモにデビューできた実績がないのは気がかりではあるんですが、これがラストイヤーになる池江パパの惚れ込みようが尋常じゃないし、やっぱり魅力的に思えたので2位で指名。競合しましたが抽選で獲得できました。秋頃のデビューを狙っているようです。もしかしたらダート馬になってしまいそうな予感もなくもないけど(-。-)ボソッ

3位 ポケットキャンディ(ジャングルポケット×サザンフェアリー 牝 平田修)

 3位獲得となっていますが、実は6位指名の馬です(苦笑)。結果論ですが、指名馬リストに入れていたのはボクひとりだったので、もっと下位でも良かったワケです。確かにさほど評判になっていた馬ではないのでもっと下位で指名しても良かったのですが、個人的にはちょっとした”隠し玉”的な見方をしていた馬なので、どーしても獲りたかったんです。無事獲得できてホッとしました。
 早速今週の阪神1400mでデビュー予定があるようです。なかなか骨っぽいメンバーが揃うようですが、仮に勝てなくとも今後につながるレースを見せてもらえればと思っています。

4位 オメガブルーグラス(グラスワンダー×アイシーサイレンス 牡 河野通文)

 この馬に至っては、4位獲得ですがボクの指名順ではなんと14位です(苦笑)。上位は人気馬ばかりリストアップしましたから、まっ、そうなればそうなるやろ(-。-)ボソッ
 リストに挙げた時には特に意識していなかったのですが、河野厩舎ということもあってどうやらホシノアキ騎乗疑惑の人(ウソ笑)のブログでもたびたび紹介されている馬だそうです。順調ならば札幌でデビューさせる意向みたいですね。

5位 アドマイヤロイヤル(キングカメハメハ×マストビーラヴド 牡 橋田満)

 ご存じ、ラインクラフトの半弟にあたります。こちらも札幌デビューを目指して調整しているようです。それにしても今年も近藤氏の馬は魅力的なのが多いな(-。-)ボソッ

6位 マシュケナーダ(アグネスタキオン×ケイウーマン 牝 安田隆行)

 ケイウーマンの仔はハズレが少ないので、堅い活躍を期待しての指名です。母馬がお歳を召されているのを気にする人もいるようですが、今年のアンライバルドみたいな例もあるし、ボクはあまり気にしていません。デビューは秋になるんでしょうかね。

7位 エーシンダックマン(サクラバクシンオー×エイシンチタニア 牡 坂口正則)

 仕上がり万全で早期デビューが決まっていたのを見越しての指名。その思惑通り、ドラフト会議で獲得した時点で既に勝利を挙げてくれていました。ここまで狙い通りだと嬉しすぎます(-。-)ボソッ
 毎年のことですが、POGではとにかく早く1勝を挙げたいキモチになりますし、そういう意味では精神衛生上ヒジョーに楽な気分になりました。ただ、贅沢を言わせていただきますが、今期初勝利の瞬間を見られなかったことは大いに不満です(ウソ笑)
 まっ、正直、3歳春以降のことはあまり期待していません。今のうちにガンガン稼いでおいてもらいたいと思ってます。

8位 サトノホクト(タイキシャトル×バヴィーラ 牡 鹿戸雄一)

 ドラフトが近づくにつれて評価を上げてきた一頭で、早撃ちを期待して指名しました。3位のポケットキャンディと同じ27日の阪神1400mでデビューさせる予定のようです。関東馬なのにわざわざ阪神まで出かけてデビューさせるだなんて、これはもう期待するなという方が無理です(ウソ笑)。下位ではありますが、楽しみな一頭です。

9位 アパパネ(キングカメハメハ×ソルティビッド 牝 国枝栄)

 これも早い活躍を期待して指名しました。母のソルティビッドはOPのすずらん賞と菜の花賞を勝ち、フェアリーSでも2着していますから、あわよくばこれくらい活躍してくれないかなぁという思いもあったりなかったり(-。-)ボソッ
 7月に福島でデビューする予定のようです。

10位 アマルフィターナ(シンボリクリスエス×ホワットケイティーディド 牝 平田修)

 兄姉にご存じスリープレスナイトがいるのですが、実はこの馬もボクのPO馬でした。姉はPO期間を過ぎてからブレイクしたんですが、この馬はどうでしょう。ちょっと体質的に弱い面があるみたいなので、デビューは少し遅くなるかもしれませんね(今回の獲得馬の中では、現時点で唯一未登録)。
 まっ、このコに関しては気長に待ちましょう。その間に稼いでくれそうなお馬さんたちがいっぱいいますからね(ウソ笑)

11位 カレンパッキャオ(デュランダル×デローベ 牡 平田修)

 新種牡馬デュランダルの仔になります。デビューは秋になってからみたいですね。しかし、これで平田厩舎から3頭獲得となってしまいました。みんなで切磋琢磨して頑張れ(-。-)ボソッ

12位 ビーライト(サクラバクシンオー×トコア 牡 萩原清)

 兄弟に青葉賞を勝ったアドマイヤコマンドがいます。但しこちらは父がバクシンオーなので、もうちょっと短い距離が舞台になるんでしょうか。今年のダービーを制して勢いのある厩舎ですので、そのあたりにも期待したいと思っています。


 以上が今年の12頭のラインナップ。牝馬が3頭と予定より若干少なかったことと、思ったよりも関東馬がメンバーに入ったことは計算外だったのですが、1位と2位でスケールのある馬を獲得できたし、早期デビュー組もかなり揃っているし、全体的にはバランスの良い指名が出来たんじゃないでしょうか。3年ぶりの優勝目指して頑張るよ。ついでにダービーも獲りたいなぁ(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

2009年6月20日の四季の森公園

 早朝の「四季の森公園」に行ってきました。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

※直リンクはこちらです。

 この日のねらいは「ハナショウブ」だったのですが、どうやら見ごろは1~2週間ほど過ぎてしまったようで、レンズを向けるともうしぼんでしまった花が画角にいっぱい入っちゃってショボーン。仕方ないので、そんな中でも辛うじて活きの良かった花だけが写るように選んで撮ってきました。

 代わって、撮るつもりはまったくなかったんだけどそこかしこに咲いていたアジサイがキレイだったので遊んできました。マクロで撮ったりするとなかなかカワイイ花だということもわかりました(笑)

 で、そんなこんなでカメラをぶら下げて園内を散策していると、はす池の辺りで何やら人だかりを発見。

 「むむむ?カメラと三脚の群れ?いったい何事?」

 と、みなさんのレンズの向く先に目をやってみると…

 「んぬのっ!おお!カワセミちゃんじゃありませんか!」

 んー。こんなチャンスは滅多にないことだし、ボクも撮ってみたいけど、この機材(三脚とレンズ)でマトモに撮れるだろうか?それに、あの群れ(失礼)に一緒に入り込んでカメラ構える勇気がない(-。-)ボソッ(←チキン)

 というワケで、群れからちょっと距離をおいたところでそそくさと三脚を立てて少しだけ撮ってみました。でも、慌ててセットしたので設定メチャクチャな上にブレが生じていてマトモな写真が全然ない…鬱だ(-。-)ボソッ

 まっ、でもそんな甘い考えで撮れるくらいだったら、そもそもあんなに高い機材を揃えて人が押し寄せることもないハズなので、ごもっとも。ボクには当分縁のない世界だと思ってなるべく近づかないようにします(ウソ笑)

 で、このあと、写真の整理もそこそこに昼前には再度家を出て、万葉の湯に向かったのでした(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.19

2009年6月19日の臨鉄(本厚木~厚木)

 本日、厚木方面に用事があったので、ついでに臨時で鉄してきました(よって、「朝鉄」ならぬ「臨鉄」)。まさしくこんなときのためにLX3を持ち歩いていたワケですが、今日は本当に「持ってて良かった」を実感しました。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

※直リンクはこちらです。

 まずは本厚木から歩いて相模川のほとりへ。ここで川の景色を入れながらパシャリ。撮り終わったあとは「あゆみ橋」を渡りながら、ここでもパシャリ。偽厚木(=厚木駅のことです)に着いてからは、ここで寝ていた相鉄7000系を中心にパシャリ。うん。満足、満足。

 なお、今回は実験的にLX3独自のアスペクト比(16:9)で撮ってみました。普段は使い慣れているデジ一眼に合わせて3:2のモードで撮っているので、やっぱりなんだか違和感があります。でも、たとえば鉄道であれば長い編成を入れるときなんかは重宝しそうだし、ちょっとパノラマチックに撮るには面白い比率かもしれませんね。

花を贈るなら日比谷花壇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

しりとりの「る」

ルール
ルーブル
ルーレット
ルビー
ルビ
ルンバ
ルーム
ルーズ
ルーズリーフ
ルーズソックス
ルーペ
ルックス
ルイージ
ルーマニア
ルクセンブルク
ルイジアナ
ルーキー
ルート
ループ
ルノアール
ルネッサンス
ルピナス
ルパン三世
ルービックキューブ
ルポルタージュ(ルポ)
ルアー
ルー
類義語
留守
留守番電話
瑠璃色
累計
類似
るつぼ
流刑


 以上、虎子にせがまれて家族でしりとりをするときに負けないための俺様用覚書。

 「ルー・フォード」も入れておいてエエんやろか(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.13

2009年6月13日の朝鉄(新子安~生麦)

 本日の朝鉄は、JR新子安駅からスタート。ここは駅撮りの定番スポットとして有名ですが、本日の目的はそこにはないのでとっとと改札を抜けて駅の外へ出ます。

 っつーか、ボクがここを訪れたのは、単に鉄関係の写真を撮りたかっただけじゃないんです。というのも、ここは20年ほど前にさんざん通っていた、思い入れのある地なのです。まっ、そういうことよ(-。-)ボソッ


Created with Admarket's flickrSLiDR.

※例によって、スライドショーが重たい方はこちらの直リンクからどうぞ。

 そんなワケで、懐かしいスポットを少々散歩して回ったあと、滝坂踏切に移動。

滝坂踏切

 ここでサンライズ号が通るまでパシャパシャ。その後、第一京浜を歩いて生麦駅方面へ移動。生見尾(うしみお)踏切でひととおりシャッターを切って満足してから、京急で帰途につきました。

生見尾踏切

 両踏切ともそこそこ人通りや交通量のあるところなので、どうしても人目が気になってしまってやっぱりちょっと恥ずかしいんですよね。こればっかりはいつまでたっても吹っ切れそうにありません(-。-)ボソッ

ダイエー暮らしの贈り物

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.11

折りたたみ傘愛用者必見。SUSUのかさケース

 雨の鬱陶しい季節になりました(-。-)ボソッ

 こうなると通勤時に傘が必要なワケですが、ボクは季節に関わらず、常に通勤バッグに折りたたみ傘を入れて持ち歩いています。で、余程のひどい雨でない限り、長い傘は使いません。

理由その1:天気予報をいちいち気にして傘を持って行こうかどうしようか?なぁんてその都度考えるのがめんどくさい。多少バッグが重くなっても、毎日折りたたみ傘を持ち歩いている方が気楽だし安心。
理由その2:長い傘は通勤電車の中では激しくジャマ。折りたたみ傘ならたたんでバッグの中に入れておけるので手がふさがらない。傘を車内に忘れる心配もない。

 まっ、おおむねこんな理由で折りたたみ傘を愛用しているのです。

 ただ、ちょっと悩むのが、濡れてたたんだ傘をバッグに入れる時にどうするか?という問題。

 傘を買った時についている袋なんて実用性ゼロだし(アレはマジで存在意義がワカラン)、仕方ないのでいつもスーパーやコンビニのレジ袋を携行して、その袋に入れてからバッグに入れています。でも、この方法、

 「何だかスマートじゃないよなぁ」(-。-)ボソッ

と、かねてから思っていたのです。みんなどうしているんでしょうか。

 で、そんな折、こんなアイテムを見つけてしまいました。

サッと吸水!マイクロファイバー SUSU 傘ケース



 ええ。もちろん、買いましたとも。カラーは5色あって迷いましたが、結局落ち着いていて無難なベージュにしてみました。5色のうちで一番売れていそうなオレンジだけは、ボクにとってはあり得ませんからね。理由は、そらもう、見ての通りよ(-。-)ボソッ

 もう何回か使っていますが、おおむね満足しています。サスガにこれ使っちゃうとレジ袋には戻れません(苦笑)。ただし、使用したらその日のうちに干すことも忘れないようにしないとね。ニオイがしたりカビが生えてきたりしたらおおもうなので(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

2009年5月31日の朝鉄(JR鶴見線・国道駅)

 今回の朝鉄は、最近すっかり有名スポットになってしまった国道駅(JR鶴見線)です。

国道駅


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 ※スライドショーが重たい場合はこちらよりどうぞ。

 撮影時間を少しでも多く稼ぎたかったので、横浜駅からはJRでなくあえて京急に乗車し花月園前駅で下車。そこから徒歩で国道駅に向かいました。始発列車に乗車するとこちらの方が若干早く着くのです。まっ、大した差じゃないんだけど(-。-)ボソッ

 最初は手ブレ補正つきレンズでISO感度を上げて手持ちで頑張っていたのですが、ガード下の奥の方に入るとそれも限界。早朝なので人通りもまばらだったし、これならそれほど迷惑にもならないだろうと思い切って三脚とレリーズを取り出しての撮影に切り替え。やっぱりこの方が安心して撮れます。

 いくら名が知れてしまったとはいえ、この風景もいつかはなくなってしまいます。戦時中の弾痕もまだ残っていましたし、今のうちに撮影しておくことができてとりあえずホッとしました。

 ガード下を撮り終わった後は、鶴見川に出てそこからも数枚ですが写真を撮ってみました。そうこうしているウチに、あっという間にタイムリミットが近づいてきます。実はまだまだ撮りたいスポットがあった(生麦魚河岸通りの風景や、旧本山駅の遺構)のですが、そのあたりはまたの機会にってことにして無人の改札をSuicaを通り抜け、構内やホームでしばし撮影をしてからJR鶴見駅経由で帰宅しました。鶴見線や南武支線には他にも首都圏らしからぬ魅力にあふれた駅があるので、またいずれ来ることになりそうです。

 今回の写真は意識的に彩度を落として現像し、レトロな雰囲気にしてみました。いっそのこと白黒やセピアにしてしまうのも面白そうですね。

 朝鉄も繰り返しているウチに、ボクの興味の対象が「鉄道」そのものから「鉄道にまつわる風景」にシフトしつつあるようです。このまま方向性が変わって行きそうな予感。次はどこへ行くことになるのやら(-。-)ボソッ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.06.01

2008-2009POGを振り返ってみるの巻(-。-)ボソッ

 先週日曜日に日本ダービーが開催され、毎年恒例で参加しているPOGも終了しましたので、いつものように振り返りをしておきたいと思います。

 まず特筆したいのは、前年に引き続き、指名12頭全馬が無事デビューを果たしたこと。POGを楽しむ上ではとにかく馬がデビューしてくれないことには始まりませんので、これはいの一番に評価してイイことだと思います。

 で、成績の方ですが、12頭中勝ち上がり9頭、2勝以上6頭、OP勝ち馬3頭。そしてジーワン馬が1頭。ヴィクトリー(皐月賞)、アドマイヤオーラ(弥生賞)、マイネルシーガル(スプリングS2着)、スリープレスナイト(後にスプリンターズS)を擁した2006-2007年に次ぐ好成績を収めることができたと言えましょう。

 ただしそれでも参加15人中の順位は2位。トップのお方にはブエナビスタがいたので、まぁ仕方のないところ。でも今思えばこのブエナビスタ、実は2位指名で競合してボクが抽選で負けたウマなのでした。アソコで久慈運を発揮できていれば今頃は…まっ、そうウマくはいかないんでしょうけどね。

 あと、今回の指名馬で特徴的だったのは、エイシンタイガーを筆頭にとにかく2着3着大杉だったこと。何しろ全馬成績が18-13-15-37ですから、延べ出走回数83走のうち実に約3分の1以上に相当する28走が2着3着だったワケです。せめてルール上賞金が加算される重賞の2着ならばまだ良いのですが、重賞に限っては3着4着はあってもなぜか2着だけはないという徹底ぶり。もどかしいことこの上ありませんでした。もしも「イマイチPOG」というゲームがあれば間違いなくトップだったんでしょうけど(ウソ笑)


1位 ミッキースポット 大久保龍 0-2-0-2 0P

 某コブラのハズレ1位。結果的にはアチラも期待ハズレだったようですが、それでも1勝はしているワケで。それを考えるとこの馬のガッカリ度は、あまりボヤかなかったけど、実は相当でした(-。-)ボソッ

2位 アルーリングムーン 野村彰 2-2-2-2 1,200P(500万下)

 血統的には、夏の小倉で早稼ぎチームの筆頭として活躍してもらう青写真を描いていたんです。結局小倉では未勝利を勝ち上がるのがやっとだったので期待外れに終わるのかと思いきや、意外にも(?)3歳になってからもなかなか見どころのあるところを見せてくれました。
 春以降惜しいレースが続いていて、アソコのどこかでスンナリと2勝目を挙げていればNHKマイルCでもそこそこやれたんじゃないかと今でも思っています。

3位 アンライバルド 友道康 4-0-1-1(皐月賞、スプリングS)

 もちろん期待はしていたのですが、まさかここまでやってくれるとは思っていませんでした。新馬戦で驚嘆し、京都2歳Sで失意のズンドコに突き落とされ、若駒Sで再びテンションが上がり、スプリングSで確信をもちました。そして皐月賞で見事に栄冠を掴み、ダービーでも夢を抱かせてくれました。本当に感謝しています。
 しかし、どうしてもPO馬からダービー馬が出せないなぁ。今度こそ!

4位 フライトステージ 国枝栄 0-0-0-2 0P

 この馬に関しては、とにかく順調さを欠いてしまったのが全てだったと思います。デビューできただけでも良しと考えましょう。

5位 エイシンタイガー 西園正 3-2-5-2 3,400P(葵S、京王杯2歳S3着)

 今年1番のネタ馬になってしまいました(苦笑)。最終的にはOP特別も勝って3勝を挙げてくれたのだから万々歳なんですが、賞金を稼ぐのが余程イヤなのかというような2着3着のオンパレード。いつでも勝てそうだったんだけどなぁ。
 でも、今回のPOGを盛り上げてくれた一番の立役者は、ジーワン馬よりもむしろ彼だったかもしれません。そういう意味ではそれなりに感謝しています。ありがとうございました(-。-)ボソッ

6位 ウインスカイハイ 山内研 0-4-2-7 0P

 この馬は、言うなれば「量産型エイシンタイガー」。あれだけいっぱい走って善戦を繰り返していたのに、結局1勝も挙げられないままPOG期間が終了してしまいました。どうもボクはマンハッタンカフェの産駒と相性が悪いようで…それでも期待して指名しちゃうんだから、毎年おんなじことの繰り返しよ(-。-)ボソッ

7位 ルシュクル 中竹和 2-0-1-5 2,300P(すずらん賞、ファルコンS3着)

 POG序盤に頑張ってくれたのは彼女です。但し単なる早熟馬というワケでもなく、春になってからもファルコンSであわやの3着というところも見せてくれました。
 すずらん賞ではイナズマアマリリス(ファンタジーS)やゲットフルマークス(京王杯2歳S)らを下し、ファルコンSではジョーカプチーノ(NHKマイルC)と差のない競馬をしていたワケですから、やはり地力は確かなのだと思います。

8位 バイラオーラ 後藤由 1-0-1-3 700P(新馬戦)

 新馬戦を堂々と勝ち上がり、函館2歳Sではルシュクルに先着したくらいなので期待していたんですけどね。秋以降はなかなか思い通りに行きませんでした。残念。

9位 アドマイヤシャトル 友道康 2-1-1-3 1,200P(500万下)

 ダートに矛先を向けて以降の走りは見事でした。惜しかったのは端午Sの2着!あと少しというところだったんですが…
 とりあえず、アンライバルド共々、今年は友道厩舎にお世話になりました。

10位 バンドゥロンシャン 音無秀 2-1-0-5 1,200P(500万下)

 11月にデビューして以来もどかしい競馬が続いていて、3月に1勝を挙げるまでずいぶん苦労したのですが、意外にもPOG期間内に2勝目をガッチリとゲットしてくれちゃいました。これは嬉しい誤算でした。
 音無厩舎はワナ以来POGで楽しませてもらっています。次も狙うべきでしょうかねぇ(ウソ笑)

11位 デオ 角居勝 1-0-1-4 500P(未勝利戦)

 とにかく偉大というよりほかにない姉の下ということで難しい面もあったと思います。うだつの上がらないレースを見ていて正直諦めかけていたんですが、春の新潟で何とか勝利を手中にしてくれました。今年最も嬉しかった勝利の一つです。

12位 フロムジオリエント 松田博 1-1-1-1 500P(未勝利戦)

 デビューが2月までズレ込んじゃったので、勝てなくても仕方ないかとも思っていました。それでも勝ってくれちゃうんだから本当にありがたい。まだまだ伸びる余地もありそうなので、今後が楽しみな一頭です。


 ちなみに、指名したときはこんなカンジでコメントしていましたので、対比してみるのもいとをかし。しかしたった1年前のことなのに…あの頃の所用は楽しかったのになぁ(-。-)ボソッ

 で、来期のPOG指名馬リストの提出締切まではあと2週間。また悩ましい日々が続きそうです(ウソ笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »