« 鉄道博物館が楽しすぎる件 | トップページ | ありふれた苗字の特権(-。-)ボソッ »

2008.12.25

その後、サンシャイン国際水族館と展望台に行ってきました。

 前回「鉄道博物館」に行った旨を記事にしましたが、その日ボクは、続いて池袋へ移動し「サンシャインシティ」に向かいました。

 目的は…

1.「サンシャイン国際水族館」で、魚たちをカメラに収める。
2.「サンシャイン60展望台」から、都心の夕景を写す。

 どーよ?どっちも、鉄博に負けず劣らずの超魅力的なシチュエーションですよね。グフフフ…

 というワケで、写してきました。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 スライドショーが重くて表示されない環境の方は、こちらの直リンからどうぞ。

 まず水族館の方ですが、とにかく苦戦しました。

 だって、水族館の生き物たち。アイツら、動きやがるんだもん(←当たり前です)

 で、オマケに鉄博以上に暗い場所(フラッシュはお魚さんたちによろしくないので焚きません)なんで、AFが迷いまくってマトモに合焦しない場面もしばしば。かといって、動体にMFで瞬時にピントを合わせるられるほどの技術をボクが持ち合わせているハズもなく、結局ジャスピンで撮れた写真などほぼ皆無。

 まっ、それでもどうにかこうにか見られる写真もあったので、ムリヤリ選び出してみました。いやー、ホントに難しかった。

 あと、撮ってみたはいいけど、帰ってきたら名前がサッパリ分からないというお魚さんたちが多数いらっしゃいます(苦笑)。一応、そんなこともあろうかと思って説明板をその都度写してきたりもしたんだけど、それでもやっぱり分からんものは分からん。まっ、仕方ないです。

 レンズの方は、ここでも鉄博同様にΣ18-50/2.8 一本でほぼ撮り切りました。F2.8通しという明るさもイイし、寄って撮れることがとにかく助かりましたね。写りこみを防ぐために、水槽にレンズを貼りつけるようにして写してたんですが、こういうシチュエーションでは寄れるレンズじゃないと手前の被写体が写せませんからね。

 さて。気を取り直して次に向かったのは展望台。クリスマス前ではありますが、平日だったこともあって、比較的空いています。こりゃ撮り放題!

 …と思ったんですが、ここでひとつ、どうしようもない問題が。

 空が、曇ってるんです。灰色に(-。-)ボソッ

 ホントは、夕陽や夕焼け空を撮りたかったんだけどなぁ…

 まぁ、エエことよ。冬なので比較的空気は澄んでるし、いちおう遠くまで風景は望めますからね。そこはこう、後で現像のときに、(露出補正やらホワイトバランスやらで)上手いこと、な。それに、ポツポツあかりも灯り始めてきて、だんだんイイカンジになってきました。うんうん。この展望台は三脚禁止ではないので、持参した「ミニ三脚」も駆使しながら写しまくります。

 とりあえず展望台をひとまわりしていろんな角度から写してみたので、

 「次はガラス越しじゃなく、直接景色を写してやろう!」

と思い立ち、「スカイデッキ」へ移動しようと、ドアを開けて階段を上ってみました。

 が…

 ボクがちょうどそんな行動に出たのを見計らったかのようなタイミングで、空から雨粒が。おお、もう…(-。-)ボソッ

 雨とあっては致し方なし。しぶしぶ展望ルームに逆戻り。そこで引き続きガラス越しに撮り続けていたんですが、次第にガラスに水滴が付くようになってしまったので、結局ここで撮影を断念。なかなか思うようにはいきませんでした。

 というワケで、平日の休みを利用したボクの

 「デジイチを連れて大宮と池袋でグフフフする作戦」

は終了となりました。いやー。どこも苦戦したけど、でも楽しかったです。

 特に、水族館。これはホントに難しかったけど、こういう”非日常”の世界が自分のカメラに収められていくのが何とも不思議な感覚で

 「もっと上手に撮ってみたい」(-。-)ボソッ

という意を強くしましたね。ぜひリベンジの意味合いも含めて、また近いうちにチャレンジしてみたいと思ってます。

 けど、おんなじ水族館の繰り返しよじゃあ面白くないし、次はどこにしようかな。葛西臨海水族園か、はたまた八景島シーパラダイスか。あるいは、子供の頃によく行った油壺マリンパークなんて手もあるんだよなぁ。アクアスタジアムは場所的には行きやすいんだけど、混むみたいだし。おお、しながわ水族館という手もあるわな。そういえば、よしもとおもしろ水族館にもまだ行ってないゾ。地元なのに…などなど、悩みは尽きません。

 でも、本命は…

 「新江ノ島水族館で魚たちを撮り、ついでに江ノ電と海岸沿いの風景を写しまくる作戦」(-。-)ボソッ

 やっぱ、コレかな。これなら今回同様に鉄も楽しめるし、両方、両方よ。グフフフ…



|

« 鉄道博物館が楽しすぎる件 | トップページ | ありふれた苗字の特権(-。-)ボソッ »

コメント

「ファインディング・ニモ」と「特捜最前線」を思い出しました(-。-)ボソッ
葛西はいいですよ。大昔、私一家とカピバラさんとその妹さん一家で行きました。私のデジカメデビューだったかな(というわりには自サイトに写真が残っていない)。近くに公園もあって、シャボン玉とかして遊びました。いい思い出です。江ノ電というのは聞いたことがあっても見たこと(テレビで見たかな?)ないので楽しみにしています。

投稿: TAD | 2008.12.25 23:17

鉄の塊の重厚な感じから一転、
こちらはプリンタの宣伝にあると思いますぐらい
カラフルでキレイな世界ですね。予告からの事前の期待と違って、
こっちの世界の写真の方に興味を持ちました。さりげなく。

学生の頃から熱帯魚がウチにいたら癒されるだろうなぁ~と思いつつ、
けっこうメンテが大変らしいので実現してませんが、
こういう写真をデジタルフォトフレームでさりげなく再生しとけばええねんな。
んでも、それじゃ、どこぞのスクリーンセーバーとかわらんか(-。-)ボソッ

投稿: アンブル | 2008.12.26 20:46

葛西だと夕景も綺麗だと思います。
高速回流マグロの流し撮りなんてどうでしょう。

SLIKのプロミニ3に一脚のSポールIIを差して流し撮りに使えるかなあと思う今日この頃です。

投稿: カピバラ2号 | 2008.12.26 21:54

>TAD選手
葛西は結婚する前に同居人と逝ったことありますね。観覧車にも乗りました。
でもマグロ水槽以外はほとんど覚えていないんよ。疲れかな。
また改めて行ってみたい気もしたり。
江ノ電はボクも数回しか乗ったことありません。
久々に乗る機会を作ってもいいのかな、と。

>アンブル選手
ボク自身、サンシャインはオマケ程度にしか考えていなかったし、実際、撮った写真を現場でチェックしているときも自己嫌悪ばかりだったんですが。
ただ、帰ってきてRAWを現像してみると、これがまた面白くて面白くて。
こういう世界を写すことの楽しさに気づいてしまったカンジです。

>カピバラ2号選手
あのマグロは難しいですw
でも撮ってみたい気もしますが。
ミニ三脚+一脚という手は、使っている人、結構いるみたいですよ。
オレはしない。しんどいもん(-。-)ボソッ

投稿: さとー | 2008.12.27 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/43525095

この記事へのトラックバック一覧です: その後、サンシャイン国際水族館と展望台に行ってきました。:

« 鉄道博物館が楽しすぎる件 | トップページ | ありふれた苗字の特権(-。-)ボソッ »