« 大阪出張くいだおれ日記(その2)「酔鯨亭」@かっぱ横丁 | トップページ | 大阪出張くいだおれ日記(その4)「甘太郎」@中津ホーコクビル »

2008.06.05

大阪出張くいだおれ日記(その3)「無添くら寿司」@サンルート梅田

 さて。3日目です。

<5月28日(水)の夕食>

 この日入ったお店は、こちら。

【無添くら寿司(サンルート梅田店)】
20080605kura

 大阪まできて回転寿司(しかもチェーン店)もなかろうかと思うのですが…

 でも、その日はなぜかどーしても寿司が食べたい気分だったのです。それも、なるべくお手軽に、無機質に。そいでもって、所用もある日だったから、なるべく素早く食べ終えて、とっとと部屋に帰ってサンテレビを観られるようなお店で(-。-)ボソッ

 ただ、意外にもボクは「くら寿司」はこれが初めてだったんですよ。

 で、ビックリしました。

 といっても、寿司そのものにではありません。

 その、もうあますところなくとことんまで徹底して合理化された、店の「システム」についてです。

 まず、席について、注文がタッチパネル方式であることに若干戸惑いつつ、とりあえず生ビールを注文しようとパネルをタッチ。

 てっきり生ビールを店員さんが持ってこられるのかと思いきや、画面に

 「アチラのコーナーで生ビールを注いでください」(-。-)ボソッ

という趣旨のメッセージが表示されてあんぐり。指示される通りコーナーまで行くと、そこには冷蔵庫とビールサーバーが。で、冷蔵庫に入っている空のジョッキを取り出し、ビールサーバーにセットしてお金を入れると、ビールが注がれて生ビールの出来上がり。

 ほほぅ。なるほど。

 別段どうってこともないセルフサービスのシステムなんだけど、こんな仕組みで生ビールを買うことが初めてのボクにとってはとても不思議な感覚(-。-)ボソッ

 そのほかにも、「オーダーは全てタッチパネルで、注文品が座席近くまで流れてくると画面表示と警告音で知らせる仕組み」だとか、「流れてくるお寿司はすべてわさび抜きなので自分でわさびをつける」とか、合理化できることはすべてやっちゃいましょう!とでも云わんばかりの、見事なまでの徹底っぷり。そういえば、以前「がっちりマンデー!!」で取り上げられていたのを思い出したりもしましたが。でも、実際に体験してみて、約10年前に「QBハウス」を初めて体験したとき以来の衝撃を受けました。

 肝心のお寿司の方は、こういうのも失礼ですが別段何という特徴もなかったですかね。特に美味しいとも思わなかったけど、逆にマズいとも思いませんでした。ただ、これまでボクが経験した「全皿100円」のお店の中では最高位ですかね。「(サービスや材料の)質を落とす」のではなく「システムの合理化」によってコストダウンを図っているからでしょう。そういう意味ではナットクの味と価格です。食べながら、(客としてではなく、一端のビジネスマンとして)すっかり感心しきってしまいました。

 ただ、やっぱり「全品サビ抜き」は違和感ありまくりんぐ。まっ、こども連れで来店するお客さんに対する手間ヒマという店の事情を考えたらナットクはいくんだけど、やっぱり心情的にはわさびを入れてくれた寿司をそのまま食べたいかなぁ。ひとりでわさびをつけながら食べていると、なんだかワサビと一緒にワビシサもついてくるワケで(-。-)ボソッ

|

« 大阪出張くいだおれ日記(その2)「酔鯨亭」@かっぱ横丁 | トップページ | 大阪出張くいだおれ日記(その4)「甘太郎」@中津ホーコクビル »

コメント

こんばんわ
梅田にもとうとうくらができましたか。。
ここって皿を返却口に流し込んでいって枚数カウントしますよね?梅田店にあるかわかりませんが、郊外店では5枚投入するとスロットが回り当たるとガチャポンのカプセルが出てくるその名も「ビッくらポン」なる装置が各テーブルについています。ただすし廻すだけじゃだめみたいですねー。。

投稿: idiro | 2008.06.05 22:30

ウチの家族がよく行くのは近所の「かっぱ寿司」。一応「サビあり」と「サビなし」の皿に分かれてるんですが、「何この申し訳程度のサビ?」。というわけで、毎皿ネタをはがして小袋に入ってるサビを注入します。ホントにあれはワビシサですよね。

投稿: TAD | 2008.06.05 22:57

うちの比較的に近くに2店もあるので、たまにいきますが、100円寿司のお店の中では一番好きな店ですね。

あと、私の場合、かなりの確率で「ビッくらポン」があたってしまうので、結構ハズカしいものがありますが、景品のカプセルは、家族連れで来ている小さな子供にあげてしまいます。

投稿: カピバラ2号 | 2008.06.06 17:43

>idiro選手
その枚数カウントとスロット、この記事を書いていて思い出したんです。
つまり、梅田店で食べたときは気づかなかったので(というか、隣の人がフツーに皿を積んでいたので)何の疑いもなくお皿を積んでました。
あまり自信はないんだけど、たぶん梅田店は未導入なんじゃないかなぁ…違ったのかなぁ…(-。-)ボソッ

>TAD選手
やっぱりわさびはフツーに入っているのが一番ですよね(-。-)ボソッ

>カピバラ2号選手
100円であることを思えば上出来ですよね。
あと、「ビッくらポン」を体験したいので、そのうちに隙を見つけて近郊の店に行ってやろうかと企んでいます(-。-)ボソッ

投稿: さとー | 2008.06.06 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/41432161

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪出張くいだおれ日記(その3)「無添くら寿司」@サンルート梅田:

« 大阪出張くいだおれ日記(その2)「酔鯨亭」@かっぱ横丁 | トップページ | 大阪出張くいだおれ日記(その4)「甘太郎」@中津ホーコクビル »