« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

神戸・岡本界隈散策Again

 昨年ここここでブログにもアップした神戸・岡本界隈の散策旅行。遅ればせながら写真をFlickrにアップし直したので、改めてスライドショーにして貼り付けておくことにします(写真も若干ですが増やしました)


Created with Admarket's flickrSLiDR.

 まっ、すでにFlickrにコメントいただいているせっかちさんもいらっしゃいますが(-。-)ボソッ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.29

まだ一箱以上あるんやもん。考えられん(-。-)ボソッ

 ひょんなことから、カロリーメイトiconブロックのポテト味をとてつもなくいっぱいいただいたのですが…

20080629potato

 いくら食べてもおんなじことの繰り返しで、全然減ってないように見えるんよ。疲れかな(-。-)ボソッ

カロリーメイト

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.25

業務終了後、ケータイ片手にお散歩してきました@ただ今大阪出張中(-。-)ボソッ

Ca370022

Ca370023

Ca370025

Ca370027

Ca370032

Ca370035

Ca370036

Ca370038

Ca370039

 カメラを持ってこなかったことを激しく後悔中orz


宿・ホテル予約ならじゃらんnet


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.21

2008-2009POG指名獲得馬紹介の巻(-。-)ボソッ

 えー。それでは、ひとまずD300はおいといて(ウソ笑)、POGドラフトで獲得した指名馬の紹介をさせていただきます。

 ちなみに、今回はこんな方針で選定しました。

1.競合を恐れない
2.牡馬牝馬バランスよく指名する
3.せっかちモードを基本とし、入厩済の馬を狙う

 まっ、「1」のおかげで2度も競合し2度とも抽選に敗れてしまったワケですが(苦笑)。こんなんですもん(-。-)ボソッ

2008_0615_080224

 それでもほぼ方針に沿った指名馬獲得はできたんじゃないかと思います。ただ、今調べると馬の状態に変化があったりして、ちょっと情報チェックが甘かったと思われる馬も数頭いたりするんですが…まっ、あまり気にしないことにしましょう。データは使わんでエエ(-。-)ボソッ

1位 馬名未定(キングカメハメハ×ヒットザスポット 牡 大久保龍志)

 実は半兄(ダイワカンパニー)を昨年も指名していまして、1戦1勝で終わってしまったんですが、順調にいけていればかなりイイところまで行ったんじゃないかと思ってます。姉にミンティエアー。

2位 アルーリングムーン(タイキシャトル×アルーリングアクト 牡 野村彰彦)

 これは、そらもうそういう血統やから。そうなればそうなるやろ。すでに小倉2歳Sはいただいた気でいます(-。-)ボソッ

3位 アンライバルド(ネオユニヴァース×バレークイーン 牡 友道康夫)

 フサイチコンコルド、グレースアドマイヤ、ボーンキングの下です。ホームランも狙えるんじゃないかと思って指名。あとは体質がどうかだけですね。

4位 フライトステージ(ネオユニヴァース×フライングカラーズ 牝 国枝栄)

 こちらもネオユニヴァース産駒。5月頭から入厩していて、早い時期から期待できるという情報を基に指名したんですが…腱鞘炎を発症して社台Fへ戻ってしまったみたいですね(泣)。完治したら頑張ってほしいです。姉にマルカキセキ。

5位 エイシンタイガー(コロナドズクエスト×タイフウジョオー 牡 西園正都)

 この馬も既に入厩済み。案外競合していたようなので、結果的にはこの順位で獲得できて正解でした。新潟でデビューの予定です。

6位 ウインスカイハイ(マンハッタンカフェ×デック 牡 山内研二)

 早期仕上げの山内厩舎に晩成タイプのマンハッタンカフェ産駒ってなんだか違和感あるんですが、やっぱりデビューは早そうで、今のところ6/28の阪神芝1400でのデビューが有力な模様。将来的にはもっと長い距離での勝負を期待してます。

7位 ルシュクル(サクラバクシンオー×アジアンミーティア 牝 中竹和也)

 とりあえず、名前がなんとなくカワイイでしょ。意味は知らないけど調べない、しんどいもん(-。-)ボソッ 5月には入厩していて、順調なら函館で使われそうです。

8位 バイラオーラ(トワイニング×バイラリーナ 牝 後藤由之)

 この母、懐かしいでしょ。アロエリーナ(-。-)ボソッ この馬も早いですよー。ウチの一番手として6/22の福島でデビューです。どうか幸先よいスタートを!

9位 アドマイヤアルプス(ジャングルポケット×レース 牡 友道康夫)

 利一さんはデビュー前に名前を変えることが多々あるんですが、どうやらこの馬も変わるらしいというウワサが。ただ、実は「アドマイヤフジ」も旧名は「アドマイヤアルプス」だったんですよね。アレくらい走ってくれれば文句ありません。縁起のイイ話だと思うことにします(-。-)ボソッ

10位 バンドゥロンシャン(アグネスタキオン×エアシャロン 牡 音無秀孝)

 今年獲得した中では唯一のアグネスタキオンになりました。兄にエアピエール。ちょっと骨瘤があったようですが大したことなさそうでひと安心。コチラは秋以降のデビューになりそうです。

11位 馬名未定(フサイチコンコルド×タニノシスター 牝 角居勝彦)

 ご存知、ウオッカの下。案外人気はないようですが、仕上がりは早いようです。

12位 フロムジオリエント(ブライアンズタイム×オウリエット 牡 松田博資)

 ブライアンズタイムは1頭獲りたかったんです。ただ、ノド鳴り→手術の情報は知らんかった…なんとかデビューしてほしいところですが(-。-)ボソッ


 というワケで、今年はこんなメンバー。スケール感にやや欠ける気はしないでもないけど、早めデビューの馬が多そうなのは楽しみです。グフフフ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.20

誰もお前を止められぬ(-。-)ボソッ

 さとーよポチっちゃえー♪


 ポチッ。

20080620d300

 さて。届いてしまったワケだが(-。-)ボソッ



| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.06.19

そんなもんアカンアカン(-。-)ボソッ

20080619bay

 (ヨドバシカメラ町田店にて)

 全くもってご利益が望めそうにない件について(-。-)ボソッ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.18

2007-2008POGを振り返ってみるの巻(-。-)ボソッ

 先日幕張に行った件。もちろん所用も目的だったのですが、実はみんなで集まって来期(というか、既に今期と言うべきか)のPOGのドラフトをすることも目的だったのです。

 で、そのドラフトの結果も例年のように紹介したいのですが、まずはその前に前期の振り返りをしておかないといけません。

 結果からいえば、いちおう参加13名中の3位だったので一見まずまずのようにも見えます。が、正直言って自分では全然ナットクいっていません。1位指名したスパークキャンドルが評判倒れで終わってしまったのを筆頭に、その他期待した各馬も順調に勝ちを重ねることができませんでした。唯一、ダンツキッスイがアーリントンCを勝って格好をつけてはくれたものの、それ以外は見るべきものがありませんでした。ただ、「全馬出走を果たした」という点だけは評価してもいいかなとは思いますが。

 また「牝馬を指名できなかった」という点はやはり反省すべき材料でした。牝馬限定戦もあるワケだし、クラシック戦線の楽しみが広がらないという意味でもこれはマズかった。いちおう、今期はそうした反省点も踏まえた指名にはしたんですけどね。

 さて。それでは、とりあえず各馬ごとの振り返りをしておきます。


1位 スパークキャンドル 藤沢和 1-2-0-2 500pts(未勝利戦)

 いやはや、とんだ大誤算でした。まっ、仮に2歳戦で順調に成績を残していたとしても、きっとアメリカに連れて行かれてたんでしょうけど。もうこのセンセは懲りた(-。-)ボソッ

2位 ビーチパトロール 角居勝 2-1-1-3 1200pts(500万下)

 ダートを主戦場になかなかいいところを見せてくれました。オープンに上がってからはちょっと苦しかったですね。今年のダート戦線はレベルが高かったからなぁ(-。-)ボソッ

3位 マンボパートナー 橋口弘 0-1-0-3 0pts

 デビューは遅れて2月だったんですが、それはもう衝撃のデビュー戦でしたからねぇ(違う意味で)。何せタイムオーバーですから(-。-)ボソッ
 まっ、母がどんなに偉大でもこういう結果が出るのも競馬。仕方ないでしょう。

4位 アドマイヤスワット 橋田満 2-0-0-1 1200pts(500万下)

 ダートの未勝利戦で大差勝ちを収めたときは、フラムドパシオンの再来を思わせてくれました。ただ、そのあと順調さを欠いてずっと出走がなかったのが痛かったですね。2勝目が5月では遅すぎました。

5位 ガイディングスター 橋口弘 0-0-0-1 0pts

 デビュー戦で12着後、戦列復帰を果たせないままPOGが終わってしまいました。

6位 ブラックマスタング 角居勝 0-4-1-3 0pts

 2・3着が多いイマイチクンでカワイイ奴だったんだけど…POGはコレじゃ意味ないんだよね(-。-)ボソッ

7位 ムービーハウス 国枝栄 1-0-0-1 700pts(新馬戦)

 新馬戦を人気に応えて勝ち上がり、2戦目で4着した後も期待していたんですが…ちょっと体質が弱かったようですね。

8位 ダンツキッスイ 橋本寿 3-1-0-5 5400pts(アーリントンC)

 今期ダメダメだった我がチームを救ってくれた救世主。萩S2着のあとやや低迷していたのですが、藤田騎手への乗り替りで再生され、遂には重賞を勝ってくれました。
 期間中に2度も転厩したりとかいろいろあったんですが、よく頑張ってくれたと思います。感謝。

9位 ダイワカンパニー 松山康 1-0-0-0 700pes(新馬戦)

 とにかく期待の大きかった馬で、新馬戦を順当に勝ったところまでは想定どおりだったんですが。やっぱり馬は走ってなんぼですからね(-。-)ボソッ

10位 インダストリアル 橋口弘 0-0-1-8 0pts

 一生懸命走ってはいたんですけどね。いつも掲示板が精一杯でした。

11位 タイキルネサンス 勢司和 0-0-0-1 0pts

 デビューは果たしてくれたのですが、その後脚をケガしたのが癒えませんでした。

12位 マイネルアベニール 畠山吉 1-0-1-8 500pts(未勝利戦)

 この馬は敢闘賞ですね。いつも泥臭い走りでしたが、頑張ってひとつ勝ってくれました。ありがとうございました。

 というワケで、次回は今期のメンバー紹介をしたいと思います。乞うご期待(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.15

トラッキーとラッキーちゃんに会いに幕張まで行って来ました(-。-)ボソッ

 6月14日土曜日、千葉マリンスタジアムへ行ってきました。

2008_0614_122642

 スタンドに入り、カメラを向けると、トラッキーがボクの方に向かってポーズをとってくれました。

2008_0614_134254

 そして、何より嬉しかったのが、このあと。

2008_0614_134259

「ちょっとちょっと。ラッキーちゃん」

2008_0614_134300

「ん?なぁに?」
「見て見て。さとーさんが、ボクたちを撮ってくれてるよ」

2008_0614_134302

「どれどれ?あら、ホント!」
「よし。ふたりで、ポーズだ!」

2008_0614_134304

「はい。ポーズ!」
「イェイ!」

 というワケで、トラッキー&ラッキーちゃんとしっかりコミュニケーションを取ることができました。仰々しい一眼レフを持っていくとこんないいことがあるということを実感しました。ラッキーちゃん、萌え~(ウソ笑)

 そのあと、なにやら野球というモノをやってたので、何時間かをそこに座って過ごしてました。

2008_0614_171303

 よくわからない数字が表示されていて、ボクには意味がわかりませんでした。以上(-。-)ボソッ

 なぁんちゃって。まっ、勝敗はともかく、とても楽しい旅行でしたよ。いちおう、この旅行の写真のスライドショーを貼り付けておきます。企画と幹事をしていただいたYASSさん、同行いただいたみなさん、どうもありがとうございました!


Created with Admarket's flickrSLiDR.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.06.13

関西みやげに「神戸風月堂のゴーフル」はいかがでしょう(-。-)ボソッ

 さて。「くいだおれ日記シリーズ」(?)は一段落ついたのですが、今日は大阪出張時の「おみやげ」について触れてみたいと思います。

 最近の大阪出張時は、ボクはとにもかくにも

 551蓬莱の豚まん」(-。-)ボソッ

を必ずおみやげに買って帰ることに決めてまして、例外なくコイツを買って帰ってました。ボク自身がまず大好きだし、同居人も喜ぶし、その割には安上がりだし。みんながハッピーになってまぁるく収まる、タイヘン優れモノのおみやげなんです。

 でも、いくら好きだからといっても、サスガにこの1ヶ月のように頻繁に大阪出張が続くと、いくらなんでも毎回ソレではあまりにも芸がないっつーモノ。それはオレも半月くらい前から思っていたこと。そらそうよ(-。-)ボソッ

 で、代わるモノを考えたのです。

 そして思いついたのが、「神戸風月堂のゴーフル」。

 そういえば、昔はよくもらいものなんかで食べたりした(で、あのまぁるい缶は食べ終わった後も何かの入れ物に使ったりして)けど、最近はとんとごぶさたしていました。ボクの中では「ヨックモックのシガール」と双璧の、「もらってうれしい洋菓子」のひとつなのに(-。-)ボソッ

 あの、懐かしくて上品な味わい。あの、ステキなまぁるい缶の容器。

 あぁ。久しぶりに堪能したい!

 ウチの父も母も昔から好きだったハズだから、間違いなく喜んでくれるでしょう。きっと同居人も喜んでくれるだろうし、コレならおそらく虎子も喜んで食べてくれるでしょう。

 うん。きっといいおみやげになるに違いない!

 ってことで、買ってきました。

神戸風月堂 おみやげ ミニゴーフル

20080613gaufre


 えぇ。正真正銘の「神戸風月堂のゴーフル」ですが、何か?(-。-)ボソッ

 読売ファンであらせられるウチの母上様にコレを差し上げたましたところ、たいそう悔しがりながらもお喜びでございました。ざまあみろ。グフフフ…

 ちなみに、神戸風月堂のブルペンには下柳もスタンバってて笑っちゃいました。買えたらいいな(-。-)ボソッ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.12

大阪出張くいだおれ日記(その5)「くくる」@新大阪駅

 まだやります(-。-)ボソッ

<6月3日(火)の夕食>

【くくる(JR新大阪駅店)】
20080612kukuru1

 先日から何度か新大阪を往来していて、どうしても気になっていたお店があったのです。それが、この「くくる」というたこ焼き屋さん。いつ見ても行列が絶えないのです。

 この日は日帰り出張を終え、例によって「帰りに駅弁でも買って車中で食べよう」と目論んでいた矢先に、このお店の横を通ったボク。

 「今日はコレを買う絶好のチャンス」(-。-)ボソッ

と思い、意を決して行列に並びました。

 並んでいる間に注文を聞かれるのですが、シンプルに「たこ焼き」でも良かったんだけど、やはり夕食にそれだけなのはイカガナモノカと思い、「たこ焼き」と「タコめし」がセットになった「多幸重ね」というお弁当メニューを頼んでみました。

20080612kukuru2

 出来上がるまで5~6分の間、列に並んで待っていたのですが…いつの間にかボクの後ろにも人が並んでいて談笑している様子。気になったのでチラと見てみたら、JR東海の新幹線パーサー(と思われる)のオネエサマ方が5~6人並んでいるのです。

 「毎日のように新幹線に乗務していて、駅のグルメにも熟知しているオネエサマ方が並んで買いにくるくらいだから、これはよほど美味しいに違いない」(-。-)ボソッ

という勝手な根拠で勝手に美味しさを確信したボクは、出来上がって渡されたばかりの「多幸重ね」を手に喜び勇んでのぞみ号に乗りました。

 ちなみに、新幹線パーサーのオネエサマ方は「青のり抜き」でオーダーされてました。おお。そら、そう(接客業に)なれば、そう(青のり抜きに)なるやろ。けど、それにしても抜かりがないな(-。-)ボソッ

 さて。前回検札を待っていたために食べるタイミングを逸してしまったボクは、「おんなじことの繰り返しよ」とならぬよう、列車に乗り込むと同時にアツアツのままさっさと食べることにしました。いっただっきま~す!

「多幸重ね」(たこ焼き8個+タコめし)
20080612kukuru3

20080612kukuru4

 いやー。しかし「たこ焼き」を食べて、こんなにシアワセな気分になったのは久しぶりです。

 もうね。中がトロトロなんですよ。トロトロ。アツアツのトロトロ。

 たこ焼きを食べているような感覚じゃないんです。まるで…そうだな。喩えてみれば、シュークリームを食べているかのような食感。そんなカンジです。

 おそらく周囲の座席にはこの香ばしい香りを漂わせまくりんぐだったと思うんですが(苦笑)、まぁそういう時間帯の新幹線だし、他にも食事している乗客はいっぱいいたのでノープロブレムでしょう。それほど混雑してなくて、隣も空席だったし。

 それにしても、コレはホントにすっかり気に入ってしまいました。さすが新幹線パーサーのオネエサマ方のお墨付き!(?)ありがとうございました。

 一方、セットになっていた「タコめし」の方ですが…コチラは正直イマイチ。作りたてホカホカのたこ焼きとは対照的に硬くなってしまっていて、あまりありがたみを感じることができませんでした。これなら「多幸重ね」をやめて「たこ焼き」を2箱買って食べた方がオトクですね。次回からはそうしよう(ウソ笑)

 ちなみに、調べてみたら首都圏にもお店があるんですね。自宅近くにもできたら嬉しいんだけどなぁ(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.09

大阪出張くいだおれ日記(その4)「甘太郎」@中津ホーコクビル

 まだまだ引っ張るこのシリーズ。夕食ばかり書いてきましたが、ちゃんと昼食も堪能してきたので、今回はそちらを紹介したいと思います。

<5月26日(月)~29日(木)の昼食>

【甘太郎(中津店)】
20080609amataro1

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「甘太郎」は居酒屋チェーン店。そのお店がランチメニューをやっていたのです。

 以前ココを一度使用してすっかり気に入ってしまたボクは、この4日間も飽きもせずに毎日同じところで昼食をとってました(苦笑)。でも、そうしたのは当然、それなりの理由があるワケで。

<理由>
1.ソフトドリンクが無料!
2.店内の雰囲気がシックで居心地がよい。運が良いと個室に案内されることも。
3.ボリュームがあって、美味しい。
4.職場から近い。

 まず、「ソフトドリンクが無料」にヤラれちゃいました。

20080609amataro2

 といっても、決してここぞとばかりに何杯も飲むワケじゃないんだけど、でも食後に欲しくなるお茶やコーヒーが喫茶店に移らずしてその場で飲めて、しかも追加料金ナシだといわれたらやっぱり嬉しいんですよ。

 まっ、飲み物の種類はそんなに多くはありませんが、一般的にありそうなもの(コーヒー(ホット&アイス)、ウーロン茶、オレンジジュースなど)は大体あります。「簡易ドリンクバーが予めセットになっている」というようなイメージですかね。

 で、店内はちょっと暗めの照明でとても落ち着く空間になっています。ひとりで行くと、運がよければ2人用の個室に案内されることもあり、昼休みにリラックスするには格好の場所です。

 そして、当然ながら料理もよろしい。ボリューム満点なのが嬉しいですね。よほど大食いの方でなければ満足できる量だと思います。

ちなみに、写真に残してきたメニューは週替わり麺の「山かけうどん定食」。

20080609amataro3

 このほかにもいろいろ食べたけど、どれもイケてました。

 今月もまた3日間ほど大阪出張があるんだけど…夕食ならともかく、せわしないお昼休みに新しいところを開拓するのも面倒なので、きっとまたココにお世話になることと思われ(-。-)ボソッ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.05

大阪出張くいだおれ日記(その3)「無添くら寿司」@サンルート梅田

 さて。3日目です。

<5月28日(水)の夕食>

 この日入ったお店は、こちら。

【無添くら寿司(サンルート梅田店)】
20080605kura

 大阪まできて回転寿司(しかもチェーン店)もなかろうかと思うのですが…

 でも、その日はなぜかどーしても寿司が食べたい気分だったのです。それも、なるべくお手軽に、無機質に。そいでもって、所用もある日だったから、なるべく素早く食べ終えて、とっとと部屋に帰ってサンテレビを観られるようなお店で(-。-)ボソッ

 ただ、意外にもボクは「くら寿司」はこれが初めてだったんですよ。

 で、ビックリしました。

 といっても、寿司そのものにではありません。

 その、もうあますところなくとことんまで徹底して合理化された、店の「システム」についてです。

 まず、席について、注文がタッチパネル方式であることに若干戸惑いつつ、とりあえず生ビールを注文しようとパネルをタッチ。

 てっきり生ビールを店員さんが持ってこられるのかと思いきや、画面に

 「アチラのコーナーで生ビールを注いでください」(-。-)ボソッ

という趣旨のメッセージが表示されてあんぐり。指示される通りコーナーまで行くと、そこには冷蔵庫とビールサーバーが。で、冷蔵庫に入っている空のジョッキを取り出し、ビールサーバーにセットしてお金を入れると、ビールが注がれて生ビールの出来上がり。

 ほほぅ。なるほど。

 別段どうってこともないセルフサービスのシステムなんだけど、こんな仕組みで生ビールを買うことが初めてのボクにとってはとても不思議な感覚(-。-)ボソッ

 そのほかにも、「オーダーは全てタッチパネルで、注文品が座席近くまで流れてくると画面表示と警告音で知らせる仕組み」だとか、「流れてくるお寿司はすべてわさび抜きなので自分でわさびをつける」とか、合理化できることはすべてやっちゃいましょう!とでも云わんばかりの、見事なまでの徹底っぷり。そういえば、以前「がっちりマンデー!!」で取り上げられていたのを思い出したりもしましたが。でも、実際に体験してみて、約10年前に「QBハウス」を初めて体験したとき以来の衝撃を受けました。

 肝心のお寿司の方は、こういうのも失礼ですが別段何という特徴もなかったですかね。特に美味しいとも思わなかったけど、逆にマズいとも思いませんでした。ただ、これまでボクが経験した「全皿100円」のお店の中では最高位ですかね。「(サービスや材料の)質を落とす」のではなく「システムの合理化」によってコストダウンを図っているからでしょう。そういう意味ではナットクの味と価格です。食べながら、(客としてではなく、一端のビジネスマンとして)すっかり感心しきってしまいました。

 ただ、やっぱり「全品サビ抜き」は違和感ありまくりんぐ。まっ、こども連れで来店するお客さんに対する手間ヒマという店の事情を考えたらナットクはいくんだけど、やっぱり心情的にはわさびを入れてくれた寿司をそのまま食べたいかなぁ。ひとりでわさびをつけながら食べていると、なんだかワサビと一緒にワビシサもついてくるワケで(-。-)ボソッ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.03

大阪出張くいだおれ日記(その2)「酔鯨亭」@かっぱ横丁

 続いて、2日目です。

<5月27日(火)の夕食>

 この日入ったお店は、こちら。

【酔鯨亭(かっぱ横丁)】
20080603suigeitei

 「またかっぱ横丁かよ!」

 というツッコミが入りそうですが…まぁ実際その通りなんですが、この日は上司に食事に誘われるがままにこのお店に入ったワケで、決して自分の意思ではないことをここで明らかにしておきます。まっ、別にそんなに必死になって言い訳を主張する必要もないんだけど(-。-)ボソッ

 で、このお店。「酔鯨亭」は、「土佐料理」のお店。今回誘っていただいた上司は以前高知に居たことがあり、且つお酒も好きな方なのでこういうお店をチョイスされたようです。

 実は8~9年くらい前にボクも出張で高知に行ったことがあり、当時同行いただいた上司の方にやはり地元のおいしいお店に連れて行っていただいたのですが…

 やっぱりね。本場の「カツオ」って、旨いんですよ(-。-)ボソッ

 特にその出張は秋だったので、まさに「戻りガツオ」の旬の時期だったからもうたまらない。それ以降、高知の料理には一目置いているのです。

 そして今回の「酔鯨亭」の料理も旨かった!って、実際は乾杯のビールの後はさっさと日本酒(確か「酔鯨」という地酒でした)に移ってしまって酔っ払い気味だったこともあり、後半は何を食べたのかあまりよく覚えていないんだけど(-。-)ボソッ

 ただ、それでも覚えているくらい印象に残った一品が「カツオ(のはらわた)の塩辛」(「酒盗」と言うらしい)。これは初めて食べたけど、食感も風味も絶品でした。「イカの塩辛」に近いんだけど、もうちょっとキメ細やかでスッキリとしたカンジかな。冷酒のアテにはぴったりでした。イイモノを知りました。ゴチになりました。

かつを酒盗



 この国にもまだまだ知らない美味しい食べ物ってあるんですねぇ(-。-)ボソッ

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.02

大阪出張くいだおれ日記(その1)「古潭老麺」@かっぱ横丁

 遅ればせながら、先般の大阪出張の間に楽しんだ食事を記録しておこうと思います。

<5月26日(月)の夕食>

 その日は終業後、宿泊しているホテル(中津)から梅田方面に歩き、当てもないまま「かっぱ横丁」に入ってみたのです。

20080602kappa

 「かっぱ横丁」はボクが関西に住んでいた頃には幾度となく来ていた場所で、お手ごろに食事ができる店が多数入っていることは知っており、困ったらとりあえずココ(か、もしくは阪急東通)に来ればどうにかなるだろうとは考えていました。

 で、早速うれしいお店を見つけてしまいました!

【古潭老麺・かっぱ横丁店】
20080602kotan1

 社会人一年生の頃、阪急茨木市付近で寮生活をしていたことがあって、その頃幾度となくお世話になった「古潭老麺」。大阪では老舗のチェーン店で、茨木市駅の駅ビルにもお店があり、当時会社の先輩や同僚と連れ立って、また時には一人でお店に入ってココのラーメンを食べていたのです。

 そんな懐かしいお店を見つけてしまったのですから無視するワケにはいきません。即座に入ってオーダーしちゃいました。

「こたんセット しょうゆ味」(らーめん、エビマヨ、ぎょうざ4個)
20080602kotan2

 こうして今、改めて食べてみると、「豚骨しょうゆの太麺」ですから「横浜家系ラーメン」にとても近いテイストだったんですね(当時はそういう意識はまったくありませんでしたが)。ですので、イメージでいうなら「ライトな家系ラーメン」ってカンジでしょうか。

 そんなワケで、ボクの中ではどうしても「家系ラーメン」のお気に入りのお店と否が応でも比較してしまうので、単純にラーメンとしての出来栄えだけでいえば色々な面でちょっと落ちるかな?っていう評価が正直なところです。

 が!ボクにとってはそんなのは所詮ちっぽけなこと。スープを一杯、麺を一回すするごとに当時の懐かしい気分が舌を通して蘇ってきて、それは味付け云々なんてモノを超越した、人間の五感と本能に働きかけて記憶を呼び戻す、「味覚」と「時間」が織り成す不思議なハーモニー。それを堪能できただけで十分満足です。「食べ物がもつ”力”」について実感させられたひとときでした。ごちそうさまでした。

JAL日本航空 バーゲン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »