« 8年ぶりに年賀状宛名書きソフトを購入。「楽々はがき2008」 | トップページ | キムカル丼@松屋(橋本店) »

2007.12.27

おお。ボクの旧友、「神戸ノート」よ!

 グフフフ…

 ボクは今、このノートたちを再び手に取れたことの感動に打ち震えています!

20071227kobenote

 まっ、大半の人にとってはただの「学習帳」でしかないと思います。が、小学生時代の多くを神戸で過ごし、小学5年生の夏に転校して以来その地をずっと離れていたボクにとっては、この「再会」は本当に嬉しい!

 通称「神戸ノート」と呼ばれるこのノートは、神戸市の小学生がみんな使っていた学習帳。っつーか、市内の文房具屋やスーパーには、小学生用のノートはこれしか売っていなかったんですよ。小学1年生の夏に横浜から神戸の小学校に転校してきたとき、自分ひとりだけが「ジャポニカ学習帳」を使っていたことがめっちゃ心細くって

 「早くコレを使い切って、ボクもみんなと同じあのノートにしよう」(-。-)ボソッ

なぁんて思ったモノです。あの頃のボクは、今以上にチキンだったワケで(-。-)ボソッ

 あれから25年。もうすっかりそんなノートのことは忘れてしまっていたんだけど、先日こんな記事を目にしたのです。

神戸小学生の定番学習ノートが文具好き大人に人気

 まずボクが驚いたのは、

 「えっ!?あのノート、まだ売ってるの?」(-。-)ボソッ

てこと。だって、バックに神戸市内の風景写真を使っているデザインも、当時そのまんまなんだもん。「百字練習帳」の貿易センタービルとポートタワーなんて、ホントそのまま。当然、震災前の写真です。

 そんなワケで、すっかり感銘を受けてしまったボクにとって、送料やら何やら些細なことにはもう構っていられません。ここにあるのを適当に選んでポチッ。で、数日後にこのノートたちと再び会えた喜び、そして感激。それはもう、筆舌に尽くせません。

 さて。これからどうしようかなー。大切にとっておくのもいいけど、せっかくだから使ってあげた方がいいような気もするし。書き込むんだったら、それこそボールペンやシャープペンじゃなくて、「uni」の鉛筆か「かきかたえんぴつ」でも買ってきて使うべきのような気もするし(ウソ笑)とりあえず、何の印刷もない無地の「自由帳」は、虎子(=娘。仮名)のらくがき帳にしようと思ってます。

 いやー。でもしかし、このノートをまさか親子二代で使えることになるとは夢にも思いませんでした。うるうる(涙)こういうのを目の当たりにすると、やっぱりネットって便利だなぁって実感しますね。

 ずっと神戸に住んでいる人たちにとっては当たり前すぎてこのノートの価値がわからないかもしれないけど、我々神戸を離れた人間にとってはとっても貴重で大事なモノだし、ここまで続けば神戸にとっても大切なひとつの「文化」だと思うのです。市民のみなさんは、ぜひぜひ、それこそ孫の代までずーっと大事に使い続けてあげてほしいと思います。

 でも、ちょっとだけ後悔していることが。

 このノート、まだ売っていることをあと数ヶ月早く知っていたら、このときにいっぱい買って帰ったのに(-。-)ボソッ

|

« 8年ぶりに年賀状宛名書きソフトを購入。「楽々はがき2008」 | トップページ | キムカル丼@松屋(橋本店) »

コメント

はじめまして

“神戸ノート”検索でやってきました。
目下、私のブログに、この数日、神戸ノートについて連載記事を上げているんです。
興味あれば覗いてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/momonakai/folder/575803.html


世代を超えて共通するレトロな長寿ノート、子供の頃嫌でしたが、
今になって味わい深くなってきましたよ。

投稿: チョロチョロ隼人 | 2010.11.18 01:04

>チョロチョロ隼人さん
はじめまして。

神戸ノートについての連載記事、拝見しました。
スゴイ!
あのノートからこれだけ掘り下げて考察した情熱、
大変恐れ入りました。
と同時に、30年ほど前の記憶がいろいろと蘇ってきて
とても懐かしいキモチになりました。ありがとうございます。

あと何十年経っても、背景のデザイン、今のままであってほしいですね。

投稿: さとー | 2010.11.18 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/17497036

この記事へのトラックバック一覧です: おお。ボクの旧友、「神戸ノート」よ!:

« 8年ぶりに年賀状宛名書きソフトを購入。「楽々はがき2008」 | トップページ | キムカル丼@松屋(橋本店) »