« 「わかば食堂」@二俣川駅南口 | トップページ | 「プレッツェルサンド チェダーチーズ」で、スナイダーズにさらにハマる! »

2007.11.04

県境にもドラマがあった。「知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎」

 ずっと、不思議だったんですよね(-。-)ボソッ

 いやね。世界史を習っていると、いろんな国の領土の変遷を必ず教わるじゃないですか。

 その一方で、日本史の中で「日本国内の令制国の移り変わり」って、習った覚えがないんですよ。たとえば、

 「相模国は昔はこんなで、その後あんな戦やこんな事件があってこの土地が武蔵国に移ったけど、その後こんなことがあって現在の神奈川県に至る」

なんて教わった覚えがない。そうですよね?

 まっ、ちょっと調べればその理由は明らかなんですけど。というのも、令制国って、奈良時代から江戸時代までほとんど動きがなかったんですよね。だから語るべき歴史もないのは、ある意味当然なワケで。

 しかしながら、それを一気にぶち壊して再構築させたのが、みなさんご存知の「廃藩置県」。でも、実は知っているようでよく知らないのもまた事実。

 明治維新の時代っていろんな出来事がありましたけど、その中でも「廃藩置県」って、特にものすごい改革だったと思うんですよ。

 だって、300以上もの藩があったのを、たった10年弱の間に3府35県にまで変えちゃったんですよ。しかも、今の都道府県名をよくよく見てもらえば分かるように、そこには旧国の国名は一切残っていないんですよね。根こそぎ変えちゃったワケですわ。

 たとえば、300以上もの部署がある会社が、ある日部署を一斉に再編して40くらいにしちゃって、部署名も全部変えちゃったことを想像してくださいよ。どんなに統率の取れた会社でも混乱すること必至でしょう。でもって、そんなとき、

 「どうしてあの部とこの部が一緒になったんだろう」(-。-)ボソッ
 「なぜあの課だけこっちの部に残ったんだろう」(-。-)ボソボソッ

なぁんていうウラ事情を詮索するのって、一般社員のみなさんは結構好きだと思うんです(ウソ笑)

 そんな一般人の関心事を読みやすくまとめてくれたのが、この一冊(-。-)ボソッ

じっぴコンパクト知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)
4408107123浅井 建爾

実業之日本社 2007-09-19
売り上げランキング : 9975


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 たまたま書店で平積みされていたのが目に入ったために買ってしまった本ですが、一気に読んでしまいました。まっ、難を言えば、あまりにも読みやすすぎてすぐ読めちゃうので少々物足りなかったりするのですが(-。-)ボソッ

 廃藩置県についてはもちろん、その後の時代からつい最近の出来事まで、県境にまつわるさまざまな「謎」が書かれています。暇つぶしと雑学を身につけるのにはなかなかお手軽で楽しい本でした。以上(-。-)ボソッ


|

« 「わかば食堂」@二俣川駅南口 | トップページ | 「プレッツェルサンド チェダーチーズ」で、スナイダーズにさらにハマる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/16971724

この記事へのトラックバック一覧です: 県境にもドラマがあった。「知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎」:

« 「わかば食堂」@二俣川駅南口 | トップページ | 「プレッツェルサンド チェダーチーズ」で、スナイダーズにさらにハマる! »