« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.28

鴨おろしううどん+牛丼(ミニ)@「なか卯」東京駅北口店

 前回ここの記事にして以来、約4ヶ月ぶりに「なか卯」へ行ってきました。但し、今日は東京駅丸の内北口にあるこちらのお店です(-。-)ボソッ

20071128nakau1

 前回久々に行ったときは券売機が導入されていたことにショックを受けたのですが、今日はメニューが増えていることにさらにビックリしました。いつの間にカレーまで始めたんだ?これはいずれ「すき家」と統合するための布石なのか?(現在はどちらも親会社がゼンショーなのです)おお、もう…

 でも季節メニューになっていた「鴨おろしうどん」になんとなく惹かれてしまったのでこれを食べてみることに。ただ、これだけだと物足りないように思えたのでミニ牛丼もつけてみました。

20071128nakau2

 鴨おろしうどんですが、なかなか美味でしたよ。もっとも、大根おろしは丼の中に投入したら、結局あったのかなかったのか分からない状態になってしまいましたが(苦笑)まっ、なか卯のうどんつゆの味付けは大好きなので、何を頼んでもそうそう後悔することはないんですけどね。

 ただ、いつも思うんだけど、麺の茹で具合がボクの好みよりもかなり柔らかいんですよね。もう少し硬めに仕上げてくれたらもう言うことなしなんですけど…まっ、コレばかりはもう諦めてはいますけど(-。-)ボソッ

 あともうひとつ、今回驚いたのが

 「牛丼にしいたけがちりばめられていた」(-。-)ボソッ

ということ。今さら気がついたんですが、コレっていつから始めてたんですかねぇ?個人的にはなかなかイケると思ったんですが、クセがあるといえばあるので賛否両論分かれてそうな気も。あとで世論をウオッチしてみようっと(-。-)ボソッ

TSUTAYA online

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.11.25

いたずら防止大作戦(-。-)ボソッ

 ウチのリビングに、こんな一角があります。

20071124net1

 スチールラックなんですが、最下段にご注目。ここに、光回線終端装置、無線LANルータ、ひかり電話用ルータ、LANDISK等々、我が家の通信関係機器が集まっているのです。

 が。

 最近、虎子(娘。仮名)がこの一角をたびたび荒らすという暴挙に出始めたものだからタイヘン。普段はこの前方にいろんな障害物(使っていないイスなど)を置いているにもかかわらず、です。特にLANDISKはハードディスクなので、倒されたりするといつデータが失われてしまってもおかしくありません。本当はこれらを別の場所に移動させたいんですが、家の配線等の都合上それもできないのです。おお、もう…

 さて。どうにかしなければ(-。-)ボソッ

 で、なるべくお金と手間をかけずに防護する方法を考え、先日の買い物の際に、ホームセンターでこんなのを買ってみた(-。-)ボソッ

20071124net2

 じゃじゃーん。ガーデニング用の防獣・防鳥ネット298円。これで覆ってみた。

20071124net3

 ナイスアイデアと違うか!(ウソ笑)

 これでしばらくは大丈夫…だと思う。たぶん(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.24

「若鯱家」@アピタ長津田店

 昨日、家族で長津田のアピタビバホームに買い物に出かけたんですが、さて昼飯を食べようかということになり、このお店に入りました。

若鯱家 アピタ長津田店

20071123wakashachi1

 なぜこの店を選んだかというと…虎子(娘。仮名)に

 「何を食べようか?」(-。-)ボソッ

と尋ねてみたところ

 「ツルツル(注:虎子語でうどんのこと)が食べたい」(-。-)ボソッ

と答えたので、店頭のショーケースにおいしそうな「お子様うどんセット」が飾られていたこのお店にしたまでです(-。-)ボソッ

 で、入店してメニューを見て知ったんですが、このお店、名古屋に本店を置くカレーうどん専門店なんですね。そういえば、アピタって確かユニー系列のお店だから…なるほどね。

 それにしても「カレーうどん専門店」っていうのは初体験。よくわからんけど、そういうお店なんだからここではまずカレーうどんを食べるのが常道でしょう。

 メニューを見てみると「カレーうどん定食」というのがあり、サイドメニューをみそ串カツ、おろし串カツ、鶏唐揚げ、エビイカリングフライのうちから選べるとのこと。せっかく名古屋系のお店に入ったので、ここは「みそ串カツ」を選ぼう。そらそうよ。

 はい。こんなカンジです~。

20071123wakashachi2

 ショッピングセンターの中にある飲食店で特別美味しいと思うことなんてほとんどないんですが、コレは旨かった!カレーうどんはとろとろのカレーが絶品。ちょっと辛さがキツめなのもたまらなくイイ!トッピングされていた油揚げも相性バツグン。やや硬めのごはんもボク好みの炊き上がりだし、味噌がたっぷりかかった串カツも満足いく出来上がりでした。

 ただ、同居人が注文した「ヒレカツ定食」のヒレカツ(もちろん味噌つき)も旨そうだったなぁ。次に食べる機会があればアレも試してみたいところ。虎子もお子様うどんを完食。1歳11ヶ月の虎子にはかなり多い分量だったハズなんですが…確かにお腹が空いていたんだろうけど、きっと美味しかったからでしょうね。

 というワケで、思いがけず我が家の中日ドラゴンズ日本一記念企画になってしまいました(ウソ笑)おお、もう…来年はもうしないよ(-。-)ボソッ

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007.11.20

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(劇場版)を観てみた(-。-)ボソッ

 今さらですが、DVDを借りてきて観てみました。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)
B000V97JF4オダギリジョー;樹木希林;内田也哉子;松たか子;小林薫 松岡錠司

VAP independent(VAP)(D) 2007-10-24
売り上げランキング : 227

おすすめ平均star
star「優しい」こんな世界に私たちは飢えていた。
starボクとオカンの絆
star誰にでも伝わるものがある。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 基本「映画キライ」なボクがDVDを借りてくるなんて滅多にないことなんですが…特にこれといった動機はなくて、ただ先週末にあるCDをレンタルしたとき、ついでに借りてみたまでのハナシ。ちなみに、ボクはこのお話、原作の本も読んでいないし、スペシャルドラマ連続ドラマも観ていなかったので初めて触れたことになります。

 観終わっての感想ですが、実はボク、もっと「お涙頂戴」的なストーリーを勝手に想像していたのですが、思いのほか淡々とした流れに最初は少々戸惑いました。

 人によっては「退屈」に感じたかもしれません。でも、ボクはむしろ、過剰な演出をせずにナチュラルな作りをしたことによって、話そのものの暖かみと役者の演技力が引き立ったような気もします。その証拠に、どんなに起伏の激しいストーリーの映画よりも、ボクの心の中にズシリとした何かが残りました。

 また、物語全体としては悲しい話のハズなのに、最後は不思議とシアワセな気持ちになれるのは、ボクとオカンの人柄と生き方によるものなのでしょう。

 幸いにしてボクの両親はまだ二人とも元気で健在だし、毎日当たり前のように顔を合わすことができているけれど、いつかは別れなければいけない時が必ずやって来ます。また、ボク自身にも娘の虎子(仮名)ができたことで、自分が「父親」であることや、同居人が「母親」であることを、最近否が応でも意識する場面が多くなりました。

 そのたびに、自分が小さかった頃のことを思い出しては、

 「こんなとき、父や母はどうしてくれてたっけ」

ということを考えたりしています。で、そんなことを考えている自分に気づいたとき、改めて

 「あぁ。これが『親子』ってモノで、これが『教育』っていうモノなんだろうなぁ」(-。-)ボソッ

なぁんて思ってます。と同時に、

 「これが分かるようになるまで36年もかかったワケだから、『教育』ってタイヘンなんだなぁ」(-。-)ボソッ

ということも実感しています。

 今、虎子はイタズラの盛りで、ボクらが「ダメ」と言ったことを逆に面白がってやらかすので、その都度叱ったり言い聞かせたりして教えています。なかなか分かってくれなくて、こちらがついついムキーッ!となってしまうこともしばしばです。

 でも、まだ言葉を覚えたての幼児に全てを今すぐに分ってもらえるハズがないし、分かってもらえたとしてもそれが何年も先だったり、あるいは何十年も先だったりするかもしれない。その場で話して分からなくても、ボクらがするべきことをして、その姿を見せ続けることで、いつか気づいてくれればいい。時間をかけて、身をもってゆっくり教えてあげればいい。

 それくらいのキモチを持たなきゃいけないし、そういう親になりたい。

 そして、子どもが大きくなって、大人になってからも、背中で何かを教えてあげられる親になりたい。

 せっかちなボクにとってタイヘンな難題ではあるけれど(ウソ笑)この映画を観て、そんなことを強く感じました。また、そう思えただけでも、観た甲斐があったのではないかと思います。

 昨今、少年少女たちが引き起こす信じられないような事件が毎日のようにニュースで流れ、そのたびに「教育」という問題がクローズアップされます。ある人は「ゆとり教育の弊害」だと言い、またある人は「残忍なテレビゲームの影響」だと言います。

 でも、現代社会のそんな部分的なモノが理由だとは、ボクには到底思えません。授業時間を長くしたり、テレビゲームや携帯電話を取り上げたりすることで解決するような次元のハナシなんかじゃない。

 ボクらが基本的に忘れてはいけないのは、

 「子どもは大人を見ている」(-。-)ボソッ

ということだと思います。

 ここでいう「大人」とは、親や先生はもちろんですが、電車で向かい側の席に座っている人や、公園で犬を散歩させている人、交差点の横断歩道で一緒に信号待ちをしている人など、とにかく子どもの目に映る大人全部です。

 その大人たちが、思いやりに欠けていて、マナーが守れなくて、ウソばかりついていて、自分のことばかり考えて、生きることに疲れていて、人を信じることができずにいるから、子どもたちもそうなってしまう。これが真相です。

 ボクたちはともすれば「教育」というものを非常に狭い意味で考えてしまいがちなのですが、何かを「教え込む」ことばかりが教育じゃない。誰から教わることもなく、生きている中で自然に目に入り、耳にし、感じることから覚えて学んでいくことの方が実ははるかに多いワケで、それらも「教育」だと捉えるべきです。つまり家庭や学校だけではなく、通学路もバス乗り場も、野球場も買い物に行くスーパーも、全てが教育の場。そう考えれば、ボクがいいたいことは自ずと分かっていただけるハズです。

 今どきの子どものことを嘆く前に、まず大人のボクたちが自分自身を見つめなおすことから始めませんか。今さらこんな言葉を持ち出すのはアレですが、「美しい国」って、そうしないと成し得ないと思うんですけど(-。-)ボソッ

 …と、一本の映画からムリヤリここまで話をこじつける親を見て育つ娘って、いったいどんな人間になってしまうことなのやら(ウソ笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.16

「相関図メイカー」で遊んでみた(-。-)ボソッ

 「相関図メイカー」というのが流行しているそうなので、ちょっと遊んでみました。

※登場人物はフィクションです。たぶん(-。-)ボソッ


 うはははは!なんだかいろいろと意味深すぎる(ウソ笑)

 ついでに、内輪ネタですみませんが、9月の旅行で旅館に一緒に泊まってくださったみなさんの名前をお借りして、こんなのも作ってみた(-。-)ボソッ


 師匠、いぢめないでください(-。-)ボソッ

 あと、ほしのあきタンは渡しませんよ!…あ。でも結婚退職してるのか。むうぅ~(-。-)ボソボソッ

 ちなみに、「相関図ジェネレータ」というのもありますので、併せて紹介しておきます。こっちも試して載せてみたいけど、オレはしない。しんどいもん(-。-)ボソッ

P マイクロソフト株式会社

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.11.15

「iPod nano」(3G)を買って、「SwitchEasy Biscuits for iPod nano 3G/Ivory White」を着せてみました(-。-)ボソッ

 とうとうiPod nano (3rd generation)を買っちゃいました(-。-)ボソッ

iPod nano 8GB シルバー

 まっ、基本的には以前買ったshuffleで間に合っているんですが、たとえば

 「今日は特定のアーティストだけ聴きたい!」

ってな気分になったときに融通が利かないんですよね。ってことで、今さらながらnanoを購入。色はシルバーかグリーンをと思っていたんですが、たまたまオクで安く出品されていたのがシルバーだったのでコチラを買いました。

 この商品に関してはもう説明の余地はないでしょう。とても良く出来てるし、薄くて軽くてカッチョイイと思います。8GBという容量も、音楽を聴くだけなら十分です。

 但し、ボクにはただ一つだけ、買う前から不満に思っていたことがありました。それは…

 「美しすぎる」(-。-)ボソッ

ということ(-。-)ボソボソッ

 冗談ではなく、マジです。

 だって、ねぇ。あんなにキレイだと、キズはもちろん、指紋のひとつも付けたくないじゃないですか。となると、相当気を使って取り扱わなければならないワケですよ。

 これが例えば、iPodじゃなくて人間の女性だったりしたら、それはもう喜んで気を使ってお取り扱い致しますよ(ウソ笑)。けど、ただ単に音楽を聴くだけの道具に対して、なぜそこまで人間様が気を使わなければならないのかと考えると、何だか腹が立ってきませんか?ほら、だんだん怒りがこみあげてきたでしょ?(ウソ笑)

※その点、shuffleは非常に気兼ねなく使える製品だったんです。今後もシチュエーションによって使い分けて併用していくつもりですけどね。

 というワケで、そんな不満を最小限に抑えるべく、ボクは本体の購入とともに「ケース」の購入検討に入りました。あんな繊細なモノに直接手を触れるワケにはいきませんからね。ケースは必須です。

 iPodシリーズに関しては、最近はもうサードパーティーから数え切れないほどの種類のケースが発売されています。嬉しい反面、何か方針を決めないと、どれを買えばよいのか判断がつかなくなります。

 で、ボクはここで例によっていくつかの条件を決めました。

1.シリコンケースは買わない!
 以前、第2世代iPodを持っていた時にシリコンケースを使っていた(当時はiPod用のケースなど数えるほどの種類しかなく、選択の余地が限られていた)んですが、

・時が経つにつれて黒ずんでくる。
・ホコリが付着して汚い。
・最後には表面がiPod本体に粘着してしまった。

という、トホホなことになったんです。よって、今回はシリコンケースだけは避けようと思ってました。

2.ネックストラップが付いている(または付けられる)モノにする
 nanoはshuffle並に小さく軽いので、手に持っていたりポケットに入れておいたりすると、何かの拍子で誤って落下させかねません。おっちょこちょいなボクにとっては、なおさらです。
 そんな悲しい事態だけは避けたいので、落下防止のためにネックストラップをつけて使用することを前提にしました。

3.保護フィルムはゼッタイにイヤ!
 突然ですが、ボクは「保護フィルム」が大キライです(-。-)ボソッ
 なぜって、保護フィルムを液晶画面などに貼る作業。あんなにイライラする作業はゼッタイにしたくありません。
 どれだけ神経を集中させて気をつけてたって、どうせ気泡が入るに決まっているんです。そのたびにムキーッ!ムキーッ!となってしまうあの作業。精神衛生上、この世でサイアクの作業です。
 せっかく楽しいモノを購入したのに、なぜ好き好んであんなムカムカする思いをしなければならないのかボクには到底理解できません。よって、保護フィルムを使わなくても済むようなケースを買おうと決めました。

 以上の条件を全て満たすモノとなるとサスガにかなり限定されます。で、あとは某掲示板での評判やお値段、操作性はどうなのか、入手のしやすさ等々を総合的に勘案し、最終的に決めたのがコチラ。

Pleiades Biscuits for iPod nano 3G/Ivory White SE-BS-WT
B000WGHFTQ
プレアデス 2007-09-26
売り上げランキング : 2298

おすすめ平均star
starすごく重宝してますぅ。♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 先ほど挙げた3つの条件は全てクリア。ネックストラップは付属。操作性は損なわれなさそうで評判も上々。背面用の保護フィルムがついてるけど、これは静電気吸着式なので貼り付けのイライラとは無縁で問題なし。値段は決して安くないけど、家電量販店に在庫があってポイントが使えることを考えれば悪くない。というワケで、決めました。

 実際につけてみると、こんなカンジ。

20071115nano

 装着はカンタンでした(でも少しだけイラッときたけどw)。サイズもジャストフィットでガタつきは一切ありません。軽量なのも嬉しいです。

 あえて難をいうならば、ネックストラップが少々安っぽい点。しかもボクが選んだのは白なので、たぶんしばらく使っていると汚れが目立つようになるでしょう(苦笑)

 ただしこんなのは本当に些細なことだし、気に入らなかったり汚れたりしたらストラップだけ別のモノを調達すれば無問題。まだ使用1日目なので評価を下すには早いかもしれませんが、とりあえず今の満足度は100%です。いい買い物だったと思ってます。あとはこのケースに縦縞を書き足すだけですわ(ウソ笑)

 しかし、このケースを買うんだったら本体の色は何色でもカンケーなかったような気もしたり(-。-)ボソッ

Apple Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.14

「阪神甲子園球場 スコアボード型目覚まし時計」が欲しい!

 これ欲しい(-。-)ボソッ

阪神甲子園球場 スコアボード型目覚まし時計
B000V1XYYC
プロモーショナル・パートナーズ・ワールドワイド 2007-10-20
売り上げランキング : 86


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 でもコレ、正面時計台にせよ裏面の液晶にせよ、時計表示が小さすぎて目覚まし以外には使えそうにないんだよね(-。-)ボソッ

 まっ、でも球場を目覚まし時計にして商売ができるのなんて、日本では甲子園くらいのものでしょうね。そういう意味でも甲子園ってスゴイと思います。

セシール - スマイル・クーポンキャンペーン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.11.10

「父親のすすめ」by日垣隆

 最近、医者に行く用事が増えているんです(-。-)ボソッ

 毎週土曜日は医者に通うだけで半日つぶれてます。ザッと書き出してみると…

整形外科(毎週。ヘルニアのリハビリ)
歯科(毎週。矯正、クリーニングなど)
呼吸器科(月1回。副鼻腔炎)
耳鼻咽喉科(月1回。同上)

 自分の用事だけでこれだけあるし、他にも娘を小児科に連れて行くこともあったりするので結構タイヘン。医療費もバカになりません。

 でも困ることばかりじゃなくて、少しはイイこともあります。それは

 「読書の時間が増えた」(-。-)ボソッ

ってこと。退屈な待合室では読書くらいしかすることがありませんから、必然的にそうなります。だから、医者に行く時、必ず文庫本か新書を1冊携えて行っています。これなら、整形外科のリハビリの最中でも読めますからね。

 但し、だからといって新しい本を次から次へと買っていては、今度は書籍代が膨らんでしまいます。なので、昔一度読んでしばらく読んでいなかったモノを書棚から引っ張り出してきて回していました。でもそれだけではやはり限界があるので、最近は時々古本屋で調達してきたりしますけど。

 で、そんな経緯から最近古本屋で調達し、待合室で読み切った本のウチの一冊が、こちら(-。-)ボソッ

父親のすすめ (文春新書)
4166605291日垣 隆

文藝春秋 2006-09
売り上げランキング : 174114

おすすめ平均star
star日垣家の子育ての一端がわかる
star読み物として楽しめます。
star子供が中学生くらいになったら、また読みたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 娘もまもなく2歳になろうとしていてかなり口も達者になってきたので、ボクもそろそろ父親としてどういう接し方をしようかということを時々考えたりしているんですが、その上でのヒントになるんじゃないかと思って読んでみました。

 著者が一貫して言っているのは「この親をクリアできたらどこでも通用する」ということで、自らの事例などを交えながら語っている内容には参考になる点が多々ありました。また、マスメディアではなかなか語られない点にも踏み込んで言及しており、たとえばいわゆる「一人っ子問題」について、一人っ子とそうでない子との環境の違いをわかりやすく示している点などは感心しました。

 ただ、全体を通じて「客観性を欠いた”決め付け”」や「”冗談”の度を超えた”皮肉”」がやたらと多いため、読後に著しい不快感が残ったのは残念でした。

 たとえば、「自己肯定感の強い人々」という節に、こんな一文があります。

学力が低下したとか、しつけが衰退していると眉間にシワを寄せながら騒いでいた人たちは、学歴的には慶應、京大、東大の三つでほとんど100%収まってしまいます。なぜ早稲田や他校の卒業生は言わないのでしょうか。

 いったいどんな統計を根拠にこんな無責任な言葉を言い放つのでしょうか(-。-)ボソッ

 また、「「先生運」が悪い?」では、こんな持論を展開しています。

入学前や、クラス替えのある前年に、校長を”脅す”のです。(中略)校長室に行って「うちの子に阿呆な教師をあてがったら面倒なことになる」という趣旨のことをきっちり提案すればいいだけです。そうすれば確実に、学年で最もまともな教師があてがわれます。

 世の父親みんながこんな行動を起こしたら、ますます教師の成り手が減って学校教育そのものが成り立たなくなると思うんですが(-。-)ボソッ

 まっ、このようにかなり極端なことも書いてありますので、あまり真に受けずにテキトーに読み流し、いい部分だけは参考にすればいいんじゃないでしょうか。賛同できる部分もいっぱいありましたが、ボクはこの著者、人間的には全く尊敬できません(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.07

敗因。

 どうして2年連続で敵わなかったのか、来年はどう立ち向かうべきなのか。このごろずーっと考えているんですよね。

 で、先日、駅の近くを通りかかる際に、こんな看板が目に留まったんです。

20071107dragon1

 うぬぬ。毎日のように使う駅の近くに、こんな名前の中華惣菜屋さんがあったとは。これはいけません。きっとこれが敗因に違いない(-。-)ボソッ

 ん!?そういえば、今さらだけど、こんな名前の老舗もあったゾ。

20071107dragon2

 んー。いけませんねぇ。

 というワケで、来年からはこんなカンジに変えていただければと思います。

20071107tiger1

20071107tiger2

 ふぅ。よしよし。これで我が街の平和は保たれました。よかったよかった(-。-)ボソッ

※両店のご関係の方々へ:冗談でもこんなことを書いてしまってスミマセン。どうかお気を悪くされることなく、これからも益々のご繁盛をお祈り申し上げますとともに、阪神タイガースへのご声援をよろしくお願い致します(-。-)ボソッ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.11.06

「プレッツェルサンド チェダーチーズ」で、スナイダーズにさらにハマる!

 先日記事にして以来、スナイダーズにすっかりハマってしまっています。

 特に「チェダーチーズ」については自分のみならず同居人もたいそうお気に召したらしく、小袋だとすぐになくなってしまうのでとうとうBOXで常備するようになってしまいました(苦笑)

 で、その「チェダーチーズBOX」のストックがなくなってしまったので、調達しなければと思って会社帰りにいつものお店に行ったんですよ。

 そうしたらですねぇ。こんなのが売られちゃっていたワケですよ(-。-)ボソッ

スナイダーズ プレッツェルサンド チェダーチーズ



 新商品ですよ、新商品!それはもう、迷うことなく買って帰りますよ。当然よ。グフフフ…

 さて。帰宅して風呂と夕食を終え、娘も寝かしつけたのでウィスキーで一杯やろうじゃないかと思い、ツマミには当然楽しみにしていたスナイダーズを取り出したんです。

20071106snyders1

 ぬぅ。先に同居人に封を切られていた…(-。-)ボソッ

 まっ、でも半分残しておいてくれたということは、ヤツにもいちおう情というモノがあるらしい。よかった、よかった(ウソ笑)

 あー、しかし。

 それにしてもオリオンビール…じゃなくて、スナイダーズはウマイな(-。-)ボソッ

 今回の新商品なんて、もう圧巻ですよ。

 チェダーチーズの味ってだけでも思いっきりそそられるのに、見てくださいよ。これを。

20071106snyders2

 プレッツェルの間に、濃厚なクリーム状のチェダーチーズがふんだんにサンドされちゃってるんですよ。もうたまりませんわ。

 イメージ的に言いますと、「オレオ」っていうお菓子、あるじゃないですか。あの「オレオ」のクッキーがプレッツェルに、クリームはチェダーチーズに置き換わったと思ってもらったら結構です。

 どうですか。想像しただけでヨダレものでしょ?

 そしてそして。この形状の食べ物には、ある宿命が待っています。

 それは何かと言いますと…

 「サンドを二枚に分離し、クリームをなめてからサンドを食べる、という食べ方をしたくなる衝動に駆られる」(-。-)ボソッ

 みんな公言こそしないけど、これはゼッタイにボクだけじゃないですよね。でしょでしょでしょ?

 というワケで、剥がしてみたw

20071106snyders3

 あぁん、もう。ヌード姿もセクシー!(ウソ笑)そして、生のチェダーチーズはなんて素敵な味わいなんでしょう。しかも、この食べ方だと一枚で二度美味しいじゃないですか。グフフフ…

 これは当分病みつきになりそうです(-。-)ボソッ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.04

県境にもドラマがあった。「知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎」

 ずっと、不思議だったんですよね(-。-)ボソッ

 いやね。世界史を習っていると、いろんな国の領土の変遷を必ず教わるじゃないですか。

 その一方で、日本史の中で「日本国内の令制国の移り変わり」って、習った覚えがないんですよ。たとえば、

 「相模国は昔はこんなで、その後あんな戦やこんな事件があってこの土地が武蔵国に移ったけど、その後こんなことがあって現在の神奈川県に至る」

なんて教わった覚えがない。そうですよね?

 まっ、ちょっと調べればその理由は明らかなんですけど。というのも、令制国って、奈良時代から江戸時代までほとんど動きがなかったんですよね。だから語るべき歴史もないのは、ある意味当然なワケで。

 しかしながら、それを一気にぶち壊して再構築させたのが、みなさんご存知の「廃藩置県」。でも、実は知っているようでよく知らないのもまた事実。

 明治維新の時代っていろんな出来事がありましたけど、その中でも「廃藩置県」って、特にものすごい改革だったと思うんですよ。

 だって、300以上もの藩があったのを、たった10年弱の間に3府35県にまで変えちゃったんですよ。しかも、今の都道府県名をよくよく見てもらえば分かるように、そこには旧国の国名は一切残っていないんですよね。根こそぎ変えちゃったワケですわ。

 たとえば、300以上もの部署がある会社が、ある日部署を一斉に再編して40くらいにしちゃって、部署名も全部変えちゃったことを想像してくださいよ。どんなに統率の取れた会社でも混乱すること必至でしょう。でもって、そんなとき、

 「どうしてあの部とこの部が一緒になったんだろう」(-。-)ボソッ
 「なぜあの課だけこっちの部に残ったんだろう」(-。-)ボソボソッ

なぁんていうウラ事情を詮索するのって、一般社員のみなさんは結構好きだと思うんです(ウソ笑)

 そんな一般人の関心事を読みやすくまとめてくれたのが、この一冊(-。-)ボソッ

じっぴコンパクト知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)
4408107123浅井 建爾

実業之日本社 2007-09-19
売り上げランキング : 9975


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 たまたま書店で平積みされていたのが目に入ったために買ってしまった本ですが、一気に読んでしまいました。まっ、難を言えば、あまりにも読みやすすぎてすぐ読めちゃうので少々物足りなかったりするのですが(-。-)ボソッ

 廃藩置県についてはもちろん、その後の時代からつい最近の出来事まで、県境にまつわるさまざまな「謎」が書かれています。暇つぶしと雑学を身につけるのにはなかなかお手軽で楽しい本でした。以上(-。-)ボソッ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »