« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

「わかば食堂」@二俣川駅南口

 今日は同居人の会社で送別会があるらしく、夕食は外食するように言われてたんですよね。

 で、もうずーっと二俣川に住んでいて、その存在をずーっと気にしつつもなかなか入る機会のなかった、このお店に行ってまいりました(-。-)ボソッ

20071031wakaba1

 南口のバスロータリー角にある「わかば食堂」。どうみても大衆食堂。女性一人で入るのは相当勇気が要ると思われるお店。でもボクは男性なので別に勇気は要りません(ウソ笑)というワケで、えーい入っちゃえ!

20071031wakaba2

 いやーもう何ていうんでしょうか。事前に想像していたそのまんまの店内の様子。ここだけ時が止まって昭和が続いているような、そんな錯覚さえ覚えそうなこの雰囲気。壁一面に張り巡らされた数え切れないほどのメニューは、定食や単品メニュー、ラーメンもカレーライスもうな丼も何でもアリです。この近辺、こういうお店って案外ないんですよね。貴重な存在なんじゃないですかね。

 まっ、学生時代にこの手のお店にかなり出入りしていたボクにとっては、コレはものすごく懐かしいニオイですわ。ローカルな話で申し訳ありませんが、吉田東通にあった「キャラバン」なんてホントにこんなカンジでした。よくビールをサービスしてくれたマスター、今も元気かなぁ(-。-)ボソッ

 と、そんな感傷に浸りつつオーダーしたのは「レバニラ炒め定食」…いや、もしかしたら「ニラレバ炒め定食」だったかもしれない(苦笑)それはともかく、これを選んだ理由は単純で、店頭に「人気No.1メニュー」との表示があったから。

 「初めての店でメニューに迷ったら、店の看板メニューを頼むべし」(-。-)ボソッ

というのはオレも20年くらい前から思っていたこと。看板メニューはすなわちお店が自信のある料理だから、それで実力が測れるだろうっていう理屈なんよ。そらそうよ(-。-)ボソッ

 ってことで、そんなことを思っているうちに到着~♪

20071031wakaba3

 レバニラ炒め、ごはん、味噌汁、漬物のシンプルなセット。見た目はものすごーくフツーなんですが、このフツー感がたまりませんなぁ。グフフフ…

 味の方の感想ですが、これも本当にフツー(いい意味で)。見た目そのまんまのちょっと濃い目の味付けが、ものすごく大衆感あふれててよろしいのではないのかと。レバーは臭みがなくて食べやすかったし、ごはんが結構多めなのもちょっと嬉しいところ。味噌汁も漬物もボクの本来の好みよりはかなり塩辛いんだけど、なんというか「期待通りの塩辛さ」なんで逆に心地よかったりもして。

 あ。そうそう。例によって生ビールも頼んだんですが、意外にもオバチャン、ちゃんとコースターを用意して一緒に持ってきてくれたんですよ。これだけはちょっと”らしくない”サービスだなぁ。なぁんて思っていたら…

20071031wakaba4

 どう見てもキッチンペーパーです。本当にありがとうございました(-。-)ボソッ

 というワケで、もしもボクが単身だったら思わず通いつめちゃいそうな雰囲気のお店なんですが、ちょっと惜しいのがお値段。定食メニューはほとんどが700~800円台。あと100円か150円くらい安ければ気軽にホイホイ入れちゃうんですけどね。

 あと、一人で行くと少々混んでいるときは相席になる可能性がかなり高そうですね。そういうのが気になる人には少し抵抗があるかもしれません。

 まっ、ボクはたぶんこれからもちょくちょく利用すると思います。いまさらだけど地元でいいお店が発見出来て、たいへん意義深い夕食でした。グフフフ…(-。-)ボソッ

わかば食堂

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.10.29

悲劇。

 先日、我が家で図らずも2コマ漫画ができちゃったので、公開してみます(-。-)ボソッ

20071029rascal1

20071029rascal2

 ラスカルくん。キミを助けてあげられなくてゴメンナサイ(-。-)ボソッ

トイザらス・オンラインショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

中華料理「安泰楼」@二俣川

 5日ほど前、火曜日のことだったんですけど、虎子(娘。仮名)と同居人が共にカゼでダウンしてしまい、夕食の用意が不能とのエマージェンシーコールを柿ぽんで受け取ったボクは、それじゃあどこで夕食を摂ろうかと会社からの帰宅途中に物色していました。

 で、結局ここに入ってみることに。

20071028antairou2

 二俣川フォルテの一角で、比較的最近できた中華料理屋さん。実はその場所、このお店の前も中華料理屋さんだったんですが、そのお店は比較的気に入っていたのでちょっと残念に思っていたんです。で、今回、淡い期待も込めつつ、試しに入ってみました。

 オーダーしたのは、五目ラーメンセット(確か900円くらいだったと思います)。五目ラーメンに、チャーハン、サラダ、杏仁豆腐がついたセット。あとは、生ビール(この写真を撮るときには既に飲み終えてたので写っていませんけど(-。-)ボソッ)

20071028antairou1

 んー。味に関してはノーコメントってことでお察しくだされ(-。-)ボソッ

 とにかくこの近辺は中華料理系のお店が結構多いんですよね。中華大好きなボクとしては非常に嬉しい限りなんですが、ぜひどのお店も切磋琢磨しながら頑張ってくださいませ。

高島屋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.23

最近、馬場俊英を聴き始めて思うこと(やや長文)

 そんなワケで、最近馬場さんの音楽にすっかりハマってしまっています。

 誰かの歌を聴いて、ハッとさせられたり、ホッとさせられたり、ウルッとさせられたり。そんな経験は大人になってから一切なかったし、今後もないものだろうと思い込んでました。

 でも、あった(-。-)ボソッ

 ボクが心を打たれてしまったのは、やっぱりそれなりに理由があります。

 小さい頃に、なんとなく思い描いていた「自分の将来」っていうのは、誰にだってあったと思うのです。

 ボクも別段大きな夢なんてなかったけど、きっと楽しい学生時代を過ごして、それなりの企業に就職して。
 30歳くらいまでには結婚して家庭をもち、こどもは2人か3人くらい。
 金持ちになってやろうだなんて野心はないけど、ごく普通に不自由ない暮らしをして。
 休日にはこどもと、庭や公園でキャッチボールをしてあげるようなマイホームパパになって。
 そのまままったりと歳をとって、嫁さんと、こどもと、孫に囲まれて、幸せな老後を迎えて。

 たぶん、そんな人生を送るんじゃないかっていう、勝手な想像がありました。

 マジメに頑張っていれば全て報われる。そう信じ込んでいました。

 実際、途中までは本当にそんなカンジで、至って順調な人生だったんですが。

 ところが、バブル経済がはじけて、終身雇用が崩れ、社会不安が広がり始めたあたりから何だか周囲の雲行きがあやしくなり、そのうちにボク自身もいろいろと躓いてしまって。いろんな壁にぶつかって。取り返しのつかないことをいろいろと起こしてしまって。自分という固体が、音を立てて崩れていく…

 「あぁ。オトナになって、社会でやっていくことって、こんなに大変なのか」
 「なんなんだ。この人生は。全然違うじゃないか」
 「こんなハズじゃなかったのに」

 今考えてみると、自分の考えが思いっきり甘っちょろかっただけなんだけど、そんな風に思うことがいっぱいありましたし、今でも時としてそんな思いをすることもあります。世間が浮かれていた時代に、人格形成で一番大事な時期を同じように浮かれて過ごしてしまい、甘やかされていたせいでもあったんでしょう。あんなに自信満々だった自分が、いともたやすく脆くボロボロになっていくのを感じて、自分自身に失望し、ひどく落胆しました。

 ただ、一人で悶々とそんなことを感じていた一方で、「果たして他人はどうなのか」ってことについては、ボクは知らなかったんです。

 というより「あえて知ろうとしなかった」というのが正解ですかね。

 怖くて、聞けなかったんです。「自分だけが弱い人間なんだ」っていうことを、他人に知らせたり、逆に思い知らされたりするのが、イヤだったから(-。-)ボソッ

 でも、30歳を過ぎたあたりから、いろんな人といろんな場面で接するようになって、

 「みんなも同じようなことを思っているんだ」(-。-)ボソッ

っていうことは次第に分かるようになっていったし、

 「弱い自分をさらけ出すことは何も恥ずかしいことじゃない」

っていうことにも気づき始めてきました。むしろ、そんな人間の方がずっと魅力的なんだってことも。

 若いときって、プライドがジャマをしちゃって、それができなかったんですよね。バカですねぇ。

 あぁ。ボクはずっとバカだったんだなぁって、よく思うようになりました。と同時に、これからは何かを取り繕ったりすることなく、もっと正直に生きようって。

 で、そんなことを感じつつ、何だかいろんなことを少しずつ悟り始めた頃に、馬場さんの歌を聴いてしまったのです。

 ボクの心の中で浮かびかけていた数々の中途半端な思いを、そのまま素直に言葉にしてメロディに乗せてくれたような、そんな歌の数々が、琴線に触れました。

 たとえば「君はレースの途中のランナー」という歌の中に、こんなフレーズがあります。

走ることをやめてもまだ 立ち止まることを選べず 君は歩いている

 そうなんだよなー。走るのはしんどいからやめちゃったけど、立ち止まって棄権するだけの勇気もなくて、でも結局歩いているから、少しずつだけど前には進んでいるんだよなー。走っている間はただ夢中だったから気づかなかったけど。

 強烈なメッセージはそこにはありません。でも、さり気なく、優しい言葉で聴く人の心をつかんで、そっと励ましてくれる。そんな部分に心を動かされたのと、またそんな歌を歌う馬場さんがボクらの同年代を中心に支持を集めているという事実を知って

 「やっぱりみんな、そんなキモチなんだ」(-。-)ボソッ

って、改めて思わせてくれたワケです。

 また、彼の歌を何曲か聴けばすぐに気がつくと思うのですが、とにかくいろんな歌の端々に、野球に関わるフレーズがいっぱい出てくるんです。

 彼自身がかつて野球少年で、今も野球が好きだからなんですが、そんな点もボクが勝手に親近感を抱いた部分ですね。ただし、読売ファンであるというところは個人的にはいただけないので、今すぐにでも考え直していただきたいんですが(ウソ笑)

 というワケで、いったい何が言いたかったのかというと、

どんな時も向かい風に立ち向かう 勇敢な冒険者でありたい
(「人生という名の列車」より)

ということでした(-。-)ボソッ

 あ。そうそう。現役のプロ野球選手(特に野手)の中で、彼のファンはいないんですかねぇ。「ボーイズ・オン・ザ・ラン」なんて、出囃子に使うにはもってこいの歌だと思うんだけどなぁ。イントロをみんなで一緒に歌えるし、野球少年も登場するし、最後はホームランを打ってピースだし(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.22

ふじっ子の「カレー鍋つゆ」にチャレンジしてみました(-。-)ボソッ

 最近はここ横浜でも朝晩は涼しい日が増えてきてまして、ぼちぼち食卓でお鍋を囲むような家庭も出てくる季節になってまいりました。ボクも同居人も鍋料理は好きなので、先週の土曜日、我が家でも緊急家族会議にて今秋二度目の鍋料理をする決定が下されました。

 で、実行にあたって、私、さとー議員から今回どうしても提案したいことがあったのです。

 「一度、カレー鍋というものをやってみてはイカガナモノカ」(-。-)ボソッ

 実は、先日から駅前の某スーパー(ドン・キホーテが株主になるとのニュースを聞いて、その行く末を少々案じているのですが(-。-)ボソッ)の食品売り場に陳列してあったこの商品のことが気になって気になって夜も眠れなかったのです(ウソ笑)

 ボクの熱心な演説の甲斐もあって同居人会派の説得になんとか成功し、その日、そのブツを購入してまいりました。

20071022curry1

 あと、鍋のときに大事なのは、味付けもさることながら

 「いったい何を具にするのか?」(-。-)ボソッ

という選択。ここでミスるとせっかくの鍋も台無しになりかねません。

 ただ、今回は娘の虎子(仮名)の口にも入れさせるので、ボクから特に希望は出さず、その判断を同居人に全て託すことにしました。冷蔵庫の中のモノも把握していますし。

 さてさて。実際に作ってみましたよ。こんなカンジ!

20071022curry2

 …って、この写真じゃ全然わからんよなぁ。ちっとも美味しそうに見えないし(-。-)ボソッ

 仕方がないので拙い文章で伝えてみることにしますが、ボクは当初「カレーうどん」のつゆのようなスープをイメージしていたのですが、全然違ってました。和風テイストなのかと思いきや、むしろもっとエスニックなカンジの味わい。喩えていうなら「ドライカレーの素をだし汁に溶いた」ってなカンジかなぁ。

 で、今回具に使った材料について、ボクが感じた「カレー鍋つゆ」との相性を勝手に5段階で評価して書き出してみます。

<豆腐>★★
これは正直イマイチでしたね。味が染みないせいでしょうか。鍋の残り汁に一晩置いてみたら評価が変わるかもしれないけど(-。-)ボソッ

<しめじ>★★★
これはそこそこイケますね。カレー炒めにしたときのような風味です。

<もやし>★★
もやしもあまりイケてなかったかなぁ。比較的水っぽいモノは相性悪いのかも。

<キャベツ>★★★★★
これはバッチリでした!茹でたキャベツ特有のほのかな甘みにカレーのスパイスが溶け込んで絶妙な味わい。オススメです。ただしあまり煮込んでしまうと溶けてなくなってしまいますので、その点は要注意。

<鶏肉>★★
うーん…悪くはないんだけど、これも味が染みないせいかもうひとつでした。

<豚肉>★★★★
豚肉は美味しかったです。肉類は薄切りのモノの方がいいみたいですね。

<ポークソーセージ>★★★
これも違和感はありませんでした。あまり煮すぎてしまうと歯ごたえがなくなってしまうので、食べ頃を逃さないように(-。-)ボソッ

<むきえび>★★★
悪くはないですね。ただ、入れるのなら他にも魚介類を何種類か入れて「シーフードカレー鍋」とかにしちゃう方が良いかも。今回の組み合わせだとコレだけ浮いちゃってた感がなきにしもあらず。やはり独特の臭みがありますからね。

<ほうれん草>★★★
これもまぁまぁってとこですかね。

 というワケで、選ぶ具によってこの鍋の評価はかなり変わってきそうな気がしました。どちらかというと「鍋」というよりも「カレー」の方に重点を置いて具を選んだ方が良さそうです。今回は試せませんでしたが、例えばニンジンやじゃがいもなど、普段カレーライスに入れるような具材を使ってみるとイイかもしれません。

 それと、カレーのスパイスのおかげで食欲が刺激されるせいでしょうか。フツーの鍋料理よりも気のせいか箸の進み具合が良かったですね。お腹いっぱい食べたいときや、冷蔵庫の中身を一気に使ってしまいたいときには試してみる価値がありそうです。

 また、今回は「オレはしない。(これ以上食べるのは)しんどいもん」でしたが、シメに「うどん」を入れるのはきっと美味しいでしょうね。ただし、上に書いたように一般的な「カレーうどん」のようなカンジにはならないと思いますけど、それだけに逆にどんなカンジになるかはちょっと興味アリ。

 で、あえて次も買うことがあるかと訊かれると…うーんどうでしょう。ちょっと、わからん(-。-)ボソッ

※どういうワケか最近カレーを話題にした記事が続いておりますが、まったくの偶然です。ボクはカレーパンマンではありませんので。キャラ的にはむしろしょくぱんまんに近いんじゃないかと思ってますが。ただ、それにしてはドキンちゃんを見かけないんですけど(-。-)ボソッ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.20

カレーvsカレー@二俣川駅北口

 今日のお昼に、ふと駅前を歩いていたときのハナシ。

 焼き鳥の「備長扇屋」の前を通りかかったら、何だか見慣れない黄色い旗が…(-。-)ボソッ

20071020ogiya

 どうやらランチタイムにカレーを売り始めたもよう。

 ただ、付近の方ならご存知の通り、このお店の真向かいには、こんなお店があるワケで(-。-)ボソッ

 まっ、明らかに喧嘩を売ってるワケですよ。それも、失礼を承知で例えるなら、野球選手を相手に、サッカー選手が野球で勝負を挑んでいるっつーことですもんね。

 オラ、すっげーワクワクしてきたぞ!(ウソ笑)

 写真(例によって柿ぽんのイケてないカメラなので見づらくてすみません)を撮ったときも、備長扇屋の店員さんたち、準備をしながら相手ベンチを覗き込んで何やら作戦会議をしておりました。

 ここはひとつ、地元住民としてこの戦いの行く末を見守ってみたいと思います。

 まっ、そのうちボクも一度食べ比べでもして冷やかしに行ってこようかな(-。-)ボソッ



| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007.10.17

キリン「NUDA(ヌューダ)グレープフルーツ&ホップ」は、飲み方いろいろ!

 いわゆる「無糖炭酸水」にハマっている件を以前ここで書きましたが、中でもボクが最近特に気に入っているのは、コチラ(-。-)ボソッ

キリン NUDA(ヌューダ)グレープフルーツ&ホップ 500mlPET 24本入



 今まで紹介したモノに比べると、かなりハッキリとグレープフルーツの風味が感じられて、飲みやすい仕上がりになっています。この手の飲料としては炭酸も強めで、加えてホップの苦味も効いているので、ビール好きな人にもウケが良さそう。

 実際に先日、お酒を飲めない日(=歯医者で”ひふへほ”をしてもらったのです)の夕食時にビールの代わりに飲んでみましたが、全然違和感ありませんでした。コレを使って休肝日を作るのも良いかもしれないかもと思ったり(ウソ笑)

 でも俺はしない。しんどいもん(-。-)ボソッ

 ただし、発売直後は店頭でもそこそこ見かけたものの、最近はコンビニ等ではすっかり姿を見かけなくなってしまい、結構入手に苦労します。

 とりあえずどこかで何とか最初の1本を入手して試飲し、気に入ったらここなどネットでまとめ買いするのが吉かもしれませんね。2ケース以上だと送料が半額や無料になるお店も多く、お買い得です。

 ちなみに、そのまま飲んでも美味しいんですが、アルコール類を割って飲むのにも重宝しますよ。コレを焼酎に加えてトマトジュースとMIXしてみたら結構ウマかったのだ(-。-)ボソッ

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.12

相鉄カレンダー2008(相模鉄道創立90周年記念グッズ 第3弾)

 はい。10月6日が発売日だったのですが、遅ればせながら本日、今年もまたグリーンぽけっとで買ってきました(-。-)ボソッ

相模鉄道創立90周年記念 相鉄カレンダー2008


Click Here!

 グフフフ…

 今年は7月に我らが二俣川駅も載っていますし、12月の富士山をとらえた景色も美しいし、例年以上に良い仕上がりじゃないですかね。90周年ってことで気合いが入っているのかな(-。-)ボソッ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.10.06

「鴨川」by馬場俊英

 滅多に音楽CDを買わないボクが、最近買ったCDを紹介します。

「鴨川」馬場俊英
icon

icon
icon

 馬場俊英。ボクは彼のことをつい最近まで存在すら知りませんでした。初めて知ったのは、何気なくiTunes Storeのランキングにあった「スタートライン~新しい風」という曲を偶然聴いて「いいな」と思ったのがキッカケ。

 ちょっと興味をもってしまったボクは、それから彼のCDを借りたり買ったりして少しずついろんな曲を聴いていたんですが、聴けば聴くほど

 「スゴイ!もっと他の曲も聴いてみたい!」

と思わせてくれるので、既にエンドレスのループ状態になりつつあります。一人のアーチストに対して、こんなにハマりかけているのは本当に久しぶりの体験で、自分でもビックリしています。

 彼の歌は、歌詞とともにまるで目の前にその情景が浮かぶようなドラマチックなところがあって、特にそれがひととおりいろんな経験をしてきた30~40代の人たちの共感を得て心に大きく響くんでしょうね。「ボーイズオンザラン」「人生という名の列車」なんかはまさにそれで、ボクもすっかり虜になってしまいました。

 でも、ボクが今のところ一番グッ!ときているのが、この「鴨川」という、アルバムのタイトルにもなっている曲(-。-)ボソッ

 京都市内で生活して、少なからず鴨川に関わってきた人なら、この川には何かしら思い入れがあるんじゃないでしょうか。ボクはこの歌を聴いて以来、鴨川へ行って陽気のいい日に川べりに座ってボーッとしながら何をするでもなく過ごしてみたい衝動に駆られています(ウソ笑)

 以前どこかで書いたかもしれないのですが、ボクは「川のある風景」が大好きです。もしも生まれ変わったらどこに住みたいかと問われたら、「大きな川に近い土地」と答えるでしょう。

 もしそんな環境に住んでいたら、何かに行き詰まったらきっと川を見に行くでしょう。雄大な川の流れを見ていると心が洗われて、少々のことならぜ-んぶ洗い流してくれそうなキモチになるんです。一時期、岡山の高梁川の流域に住んでいたことがあって、よく川を眺めていたものです。

 余談ですが、ボクに言わせれば「金八先生」の主役は武田鉄矢でもなければたのきんトリオでもなくて、「荒川」こそが主役ですね。荒川なくしてあのドラマは成り立ちません。それくらい重要な役割を果たしているハズです。

 その点、鴨川はそれほど大きな川じゃありませんが、京都という街を語る上で欠かすことのできない存在であることは間違いありません。ボクもあの川にはやはり特別な感情があります。この歌と出会ったおかげで、その感情は一段と強まり、京都を離れた今でもボクの中でとても大きな存在になりました。馬場俊英にありがとうと言いたいです。

 ところで、明日10月7日(日)の午後10:00から、NHK教育テレビで彼のドキュメンタリー番組が放送される予定です。ファンの方や興味のある方は是非ご覧ください。もちろんボクも録画予約セット済みです(-。-)ボソッ

【おすすめ紹介サイト】
BIGLOBE MUSIC 特集:馬場俊英

Apple Store(Japan)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.10.02

カレギュウ@松屋(二俣川店)

 もう既に先月のハナシになってしまいましたけど。

2007_0924_121507

 9月24日に、横浜スタジアムへ行きました。

2007_0924_130850

 グラウンドをヘンなオジサンが歩いていました。

20070924currygyu

 帰りに松屋で「カレギュウ」を食べました。おしまい(-。-)ボソッ

 (途中、現実逃避あり)

 んー。ホントは帰りにみなさんと会食できればと思っていたんですが、四球や投手交代だらけのグダグダな試合だったせいで4時間を超すロングゲームになってしまい、時間が取れなかったのです。

 そんなワケで、ひとりで夕食をとろうと地元に帰ってきてからフラッと松屋に寄ったんです。別に何でも良かったんですが、何となく牛めしかカレーを食べたい気分だったので。

 で、券売機の前で、牛めしを食べようか、それともカレーを食べようかと、果てしなくどーでもいいことで悩んでいたんですが、とにかくもうお腹が空いていたので、できるだけこの空腹を満足させるモノを頼もうと、目を凝らして一生懸命メニューを見てみました。

 するとどうでしょう。カレーと牛めしを合体させた「カレギュウ」なるメニューがあるじゃありませんか。うん。これしかないでしょ。ポチッ!

 ボクは松屋ってたまにしか来ない上、カレーはほとんど食べたことなかったんですよね。でも、食べてみて、改めて思ったんですよ。ボクはここでコッソリと同意を得たい。

 松屋のカレーって、実は結構旨くね?(-。-)ボソッ

 B級グルメとしては文句なく旨いと思うんですが、どうでしょ?あの甘酸っぱいカレー、ボクは好きですよ。オマケに牛めしの味わいも楽しめちゃうのがカレギュウ。これで580円なら満足。もちろん味噌汁もついていますし。

 逆転負けと連敗で荒んだ心に、心地よい刺激と温もりが伝わってきてちょっぴり癒されました。まっ、ホントにちょっぴりだけど(-。-)ボソッ

 そういえば、今年になってグリコから「牛丼カレー」なんて商品も出ていたけど、牛丼とカレーのコラボってちょっとした流行なんでしょうか?(-。-)ボソッ



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »