« 2008年は「ほぼ日手帳」を使ってみようと思うのです(-。-)ボソッ | トップページ | ダイゲン@橋本駅北口 »

2007.09.13

「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」-ボクが保久良山に登るワケ

 さて。この週末は甲子園に行くワケですが、先日銀河号の記事に書いたとおり、メインの目的以外にもいろいろと楽しみを作っておりまして、今日はそれをもう一つ紹介しておきたいと思います。

 もう一つの楽しみ。それは、

 「保久良山に登って、眼下の景色を見渡すこと」(-。-)ボソッ

なんです。

 ちなみに「保久良山」とは、こんなところにあります。

保久良山

 神戸市東灘区の、電車の駅で言うとJRなら「摂津本山」、阪急なら「岡本」の裏手にある小山です。

 まず「どうしてそんなことが楽しみなのか?」を説明しなければいけないと思うのですが、それを語るにあたって、紹介しておきたい一冊の本があります。

 それが、これ。

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)
4087486397中島 らも

集英社 1997-08
売り上げランキング : 17783

おすすめ平均star
star心が救われた一冊
star表紙がダサい
star私が中島らもに夢中になったキッカケ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 故・中島らも氏のエッセイ集。ぶっちゃけ、内容的には大して面白くもない非常に退屈なエッセイ集なんですが(ウソ笑)、この本に掲載されている「鳥同士のあいさつみたいなキス」という一番最初のエッセイに「保久良山」が登場します。らもさんの少年時代のエピソードで、保久良山でファーストキスをした際の思い出などが書かれています。

 ボクは別に保久良山でキスしたことはないのですが(苦笑)、小学生の頃この近辺に住んでいて、らもさんと同じ「本山第一小学校」に通い、同じように保久良山にも何度となく登っていたので、これを読んでいるとついつい感情移入してしまうのです。

 小学校の行事で「登山会」というのがたびたびあって、その都度この山を越えていったこと。
 夏休みに友達同士でセミ取りに行ったこと。
 夏休みはもちろん、春休みも冬休みも毎朝保久良神社のラジオ体操に行っていたこと。

 ぜーんぶ、ボクの大切な思い出です。

 その「保久良山」に、小学校5年生の時に転居で神戸を離れて以来、25年ぶりにあのクネクネした舗装道路を登ってみようと思っているのです(-。-)ボソッ

 この四半世紀の間、いろんなことがありました。保久良山から見渡す景色も随分と変わってしまったでしょう。その間に震災も経験しました。もちろん、ボク自身もすっかり変わってしまっています。

 それでも、やっぱり変わらない「何か」があるハズ。その「何か」を探しに、保久良山に登って、感傷に浸ってきて、それから甲子園に向かおうと思ってます。

 というワケで、土曜日の朝は銀河号を降りた後、そのままJRで摂津本山まで行き、この計画を実行するつもりです。ニセ一眼レフ(苦笑)を持って、保久良山はもちろんですが懐かしい岡本界隈も含めて写真をパチパチ撮りまくりながらウロチョロ歩き回りたいと思います。

 なんですが、、、

 どうも、週末の神戸・大阪の天気があやしいんだよね(-。-)ボソッ

 ボク自身、半年前から計画してワクワクテカテカしながら楽しみに待っていたイベントなので、それが雨で流れてしまったりしたら悔しすぎます。

 神様、晴れてくれとは申しません。せめて朝から試合終了までの間だけは雨を降らせないで下さい。お願いします(-。-)ボソッ


 あと、願わくば土日とも試合終了後に六甲おろしを歌わせて欲しい(-。-)ボソボソッ

セブンアンドワイ

|

« 2008年は「ほぼ日手帳」を使ってみようと思うのです(-。-)ボソッ | トップページ | ダイゲン@橋本駅北口 »

コメント

中島らものファンです。どうでもいいけど誕生日も同じです(必然的に虎のアニキとも一緒です)。件の本は10年前かな、出てすぐさささと読んでそれきりだったのを、さっき引っ張り出して読みました。仁川競馬場についても書かれていたのね。すっかり忘れておりました(だってアル…)。
想い出の山。私の場合はもちろん「はちまんさん」(=男山)ですね。ここ数年登っておりませんが、今度年末に帰省したら登ってみるか。忌中なんだけどね(-。-)ボソッ

投稿: TAD | 2007.09.14 00:19

わたしもこの文庫持ってますが、芦屋川のロックガーデンあたり?で開かれたロックコンサートで、内田裕也のバンドを野次りに行ったくだりなんか、え〜そうやったんやと驚き。ロックガーデン行ったなあ。
じつは、この5月に関西へ行った折、阪神の魚崎駅からJR摂津元山駅まで歩いたんです。住吉川沿いも灘高近くを歩きました。一見かわってないようにも見えたんですが、よくよく思い返してみると、昔と全くかわってる。昔と言っても二十ん年前ですけどね。
むかし、神戸を舞台にした小説やらエッセイを読むと、そこにでてくる地名をいちいち確認するため、歩き回ったことがあります。魚崎から三ノ宮まで往復したかな。←アホ

TADさんの「はちまんさん」、わたしの思い出の山でもあります。

投稿: 黒ホッピー | 2007.09.14 08:11

さとーさん、もう今頃、神戸でしょうか。
楽しみにしていたイベント、天気に恵まれますように。

今年は虎も絶好調ですし♪

投稿: としちゃん | 2007.09.15 10:50

>TAD兄ぃ
中島らもは一時期文庫を買い漁ってました。
境遇的にいろいろと共感できる部分が多かったもので。
まっ、一番ハマってたのは「明るい悩み相談室」なんですが(-。-)ボソッ

>黒ホッピーどの
芦屋ロックガーデンは幾度となく行きましたよ。
さすがに今回はムリでしたけど。
ボクもあの一帯はいくら散歩しても飽きません。
ちなみに「はちまんさん」は、かつてふんどし一丁でみこしを担がされた思い入れのあるところです。
まっ、映画のエキストラのバイトだったんですけど(-。-)ボソッ

>としちゃんどの
おかげさまでいっぱい楽しんできました。ありがとうございました。
天気もなんとかもちました…というより、異常なくらい強い日射しのおかげで、日焼けで鼻の先がヒリヒリです。
あと、ひとこと申し上げておきますと、こんなの全然絶好調じゃありません(ウソ笑)
しんどいゲームばっかりで毎日胃が痛いです(-。-)ボソッ

投稿: さとー | 2007.09.17 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/16433884

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」-ボクが保久良山に登るワケ:

« 2008年は「ほぼ日手帳」を使ってみようと思うのです(-。-)ボソッ | トップページ | ダイゲン@橋本駅北口 »