« ダイゲン@橋本駅北口 | トップページ | 想い出のアルバム~ボクが育った街。神戸・岡本界隈 »

2007.09.22

想い出のアルバム~25年ぶりの保久良山

 さて。もうあれから一週間経ってしまったのですが、9/14(金)の晩から前から予告していた旅行に行ってきましたので、その写真をここにまとめておきたいと思います。ただし、あまりにも載せたい写真が多すぎるので、何部かに分けることにしようと思います。

 それと、あらかじめおことわりしておきますが、この旅行の記事はボクがあとで写真を見てグフフフできるよう、「自己満足」を目的に構成しているにすぎませんので、ボク以外の人が見ても何も面白くないかもしれませんので、その点はよろしくご了承ください(-。-)ボソッ

 さて。旅の出発は銀河号です。

2007_0914_230719

 見慣れた駅名表示板だけど、今日はなぜかとても新鮮に見えます。

2007_0914_231240

 もうすぐです。ワクワクテカテカ。

2007_0914_232629

 キター!

2007_0914_232700

 グフフフ…

 寝台列車って、すぐ寝てしまうのももったいない気がするし、かといってあまり寝ないのももったいない気がするし(苦笑)でもボクは思い切ってめいっぱい寝ることにしました。というワケで、大船駅を出発したあたりで3番サード・シーツをかぶりました(-。-)ボソッ

 途中、どこかの停車の際に一度だけ目が覚めましたが、それ以外は熟睡。気がついたら銀河は米原に停車していました。

2007_0915_061430

 のどかな風景。滋賀県の草津あたりでしょうか。すっかり明るくなりました。

 ぼちぼち降車の準備。新大阪で降ります。

2007_0915_071628

 さようなら、銀河(-。-)ボソッ

2007_0915_080012

 そして、ここが第一の目的地・保久良山への出発点。

2007_0915_080946

 摂津本山駅の北口。すっかり変わりましたね。二楽園が立派な建物になっていたのにちょっとビックリ。

2007_0915_081212

 その一方で変わらないお店を発見!

2007_0915_081509

 存続をちょっぴり心配していた市場も、ひっそりとですが残っていました。ここの入口のところにあった駄菓子屋さんにはずい分とお世話になったんだけどなぁ(-。-)ボソッ

2007_0915_082056

 これはわが母校。懐かしすぎる(-。-)ボソッ

2007_0915_082500

 裏手にある給食室と洗い場の様子はほぼ昔のまま。

 と、こんな調子で街を歩いていたらいつまでたっても山に登れそうにありません(苦笑)ので、とりあえず道を急いで保久良山へ向かいます。

2007_0915_082852

 保久良神社参道の道標。

2007_0915_083232

 あー、そういえばこの標識、あったあった!ここから車両進入禁止なのです。

2007_0915_083340

 なんだか一気に空気が澄んだカンジ。この感覚がキモチイイのです。

2007_0915_083713

 そろそろキツクなってくる頃。看板にも励まされます。

2007_0915_083800

 左手に景色も広がってきました。

2007_0915_083831

 誰彼となくすれ違う人たちと「おはようございます」と挨拶を交わします。山の人たちは礼儀正しくてキモチイイんですよね。この感覚を思い出したことに喜びを感じながら、どんどん進みます。あともう少し!

2007_0915_084017

 着いたー!

2007_0915_084104

 灘の一ツ火!

2007_0915_084129

 いや。何をさておき、まずはお参りをしなければいけません。

2007_0915_084256

 どうか阪神タイガースがセリーグを制してなおかつ日本一になれますように(-人-)ナムナム

2007_0915_084407

 ホントはこの先に、六甲の山々のながーいハイキングコースがあるのです。懐かしい名前のスポットがいっぱい。

2007_0915_084451

 しかし天気も良くて絶景ですな。

2007_0915_084523

 マジで心が洗われます。

2007_0915_084538

 グフフフ…

 しばし景色を楽しみながら体を休ませます。

 さて。そろそろ下りようかな…と、おや?

2007_0915_084748

 あらあら。

2007_0915_084845

 あらあらあら(-。-)ボソッ

 最近イノシシが出没するようになったというウワサは聞いていたけど、こんなにフツーに歩いているとは思いませんでした。これはビックリ。

2007_0915_085035

 神社の奥にある保久良梅林。春にはキレイに花がつきます。まっ、小学生のボクらにとっては格好のセミ取り場だった以外の意味はなかったけど(-。-)ボソッ

2007_0915_085822

 帰り道は岡本八幡神社方面へ。こっちの道からの景色もなかなか。

2007_0915_090203

 はい、到着~。ここから先は次にまた書きます(-。-)ボソッ



|

« ダイゲン@橋本駅北口 | トップページ | 想い出のアルバム~ボクが育った街。神戸・岡本界隈 »

コメント

さとーさん、こんにちは。

なんだか、自分が旅行している感じで、とても良いですね。

寝台列車は、九州の日豊本線を走るのに乗ったことがあります。
西都城行きか、西鹿児島(今は名前が変わっている?)
行きだったか?名古屋駅から乗りました。
でも、鉄道マニアではないので、名前とか覚えていません(笑)。
朝、明るくなっていく感じが、気持ち良かった記憶があります。
あと、歩いていろいろ散策したり、
立て看板を読んだり、とってもいい感じですね。

投稿: ちとせお | 2007.09.23 15:30

>ちとせおどの
こんにちは。
この旅行は、ボクにとってとても大事な旅行だったので、できるだけそのときの雰囲気をそのまま残しておこうと思いながら書いていたのですが、そのように受け取ってもらえているなら成功なんでしょうかね。
まっ、ただ単に写真を並べているだけなんですが(-。-)ボソッ

寝台列車はホントに旅情があっていいですよね。ボクも最後の銀河号にするつもりだったけど、また乗りたくなってしまいました。次はA寝台にしますけど(ウソ笑)

そんな旅行ですが、ちょっと考えさせられる出来事もありました。
懐かしさに感動しながら小学校の写真を撮っているとき、中から人が出てきて
「何を撮っているんですか」(-。-)ボソッ
と、怪訝そうにボクに聞いてきたのです。

ボクは素直に
「昔ここに通っていて、久しぶりに来たので懐かしくて写真を撮っているのです」
と答えたのですが、その人は不機嫌な表情のまま、何も言わずに立ち去ろうとしました。
ちょっとアタマにきたボクは
「何か問題ありますか?」
と返したところ、その人が言った言葉。
「…子供を撮っているのかと思って」(-。-)ボソッ

ようやくボクは事態が飲み込めました。
あぁ。ボクは怪しまれていたんだなぁ、と。
少年野球にきていたことどもたちの姿がそこにはありました。

確かに、今思えばボクのとった行動は、カメラを構える者として配慮が足らない軽率な行動と言われても仕方がないものでしたので、今後は十分気をつけたいと思います。
でも、何だか悲しくて仕方のない出来事でした。
カメラを持つ者は疑わなければならない、世知辛い世の中になっちゃったんだなぁ、と(-。-)ボソッ

投稿: さとー | 2007.09.23 23:39

さとーさん、こんばんは。

>あぁ。ボクは怪しまれていたんだなぁ

確かに悲しいことですが、実際、僕の家の付近も不審者と
呼ばれる人達が現れることがありまして
(さとーさんは不審者ではないけど(笑))
自転車に乗った男の人が、止まって回りを見回しているだけで
ただ、人を待っているだけかもしれないけど
何だか怪しく思えたりします。
子供を持つ親としては、ちょっと過敏になってしまいます。

ただ、僕も今まで深く考えたことはありませんでしたが、
デジカメで風景を撮っているだけで怪しく思われるなんて、
どう気をつけていったら良いものなのか・・・。

やっぱり、ちょっと悲しい感じですね。

投稿: ちとせお | 2007.09.24 19:43

>ちとせおどの
ボクの家の前は、表通りから脇道に入った、夜になるとちょっと暗い通りなんですが、ちょうど同じタイミングで別の人(特に女性)とその通りに入ってしまったりすると、非常に気まずいカンジになって神経を使います。
時には速足でサササッと逃げるように先に行かれたりして…
ボクはボクでわざと歩調を遅くして先に行かせてあげようだとか、最大限気を使っているつもりなんですが(-。-)ボソッ

シチュエーションは全然違うけど、そういうことって日常的に結構よくあるんですよね。
なんとかして怪しまれないようなオーラを身につけるしかなさそうです(-。-)ボソッ

投稿: さとー | 2007.09.24 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/16533230

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出のアルバム~25年ぶりの保久良山:

« ダイゲン@橋本駅北口 | トップページ | 想い出のアルバム~ボクが育った街。神戸・岡本界隈 »