« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.29

甲子園で連勝と行きたかったのですが。阪神vs中日 第22回戦

 お待たせしました。甲子園1日目に続いて2日目の記事です。何せ昨日までこの話題に触れる気が起きる精神状態じゃなかったもので(ウソ笑)

2007_0916_095606

 早朝にもう一度大浴場で体を洗い、美味しくてボリュームたっぷりの朝食もしっかりいただいて、ほどなくやっこ旅館を後にしました。お世話になりました。とても気持ちのよい宿でしたので、また利用したいと思ってます。

2007_0916_095706

 球場へ向かう途中に脇を走っていた阪神電車。阪神電車の中でボクにとって一番馴染み深い塗装の車両はコレですね。

2007_0916_100950

 開門までまだ時間があったので、ららぽーと甲子園に寄って時間を潰していたのですが、最近ボクと同居人と虎子がハマっているカエルのぬいぐるみ「pickles the frog」を発見したので思わずパチリ。この何ともいえない愛くるしい笑顔と、どんなポーズをさせても脱力感溢れる手触りに癒されるのです。結構流行ってるのかも(-。-)ボソッ

2007_0916_112035

 それにしても甲子園って絵になる球場ですよねぇ(-。-)ボソッ

2007_0916_112203

 風船や 兵どもが 夢の跡(-。-)ボソッ

2007_0916_112250

 この球団旗にはやはり青空が一番よく似合います。

2007_0916_121143

 さて。入場すると例によってドラゴンズの練習中。「マイナスあるで」の人もこの頃はいい仕事してます。

2007_0916_121339

 インタビューの面白い人は随分熱心に打撃練習をしていました。

2007_0916_122916

 試合では決して見られないシーンを撮ってみた(-。-)ボソッ

2007_0916_123548

 とりあえず腹ごしらえをしないといけません。今日もカレー売り場へ来てみましたが、せっかくなので違うモノを食べてみたいと思って選んだのが…

2007_0916_123923

 ジャジャーン。タイガースラーメン!ご覧ください。この海苔を(-。-)ボソッ

2007_0916_124755

 ちなみに、チャーシューもホントにこうなってましたし、麺もタテジマでした。芸が細かい(-。-)ボソッ

2007_0916_132351

 今日もこの二人には活躍してもらいますよ。

2007_0916_132730

 この人はホントに走攻守全てにわたって厄介なんです。仕事をさせないようにしないと。

2007_0916_135618

 今日のスタメンです。プレーボール!

2007_0916_140138

 先発の福原投手。この日は4回を投げて2失点で降板しました。味方のエラーもあったけど、本来エースになってもらわないといけない人なんだから、そういう時こそ抑えて欲しかったですね。

2007_0916_152704

 後を受けた渡辺投手。この人の存在は今年の阪神にとって本当に大きかった。この日も1回を3人で片付けます。

2007_0916_160832

 ダーウィン投手も2回無失点のナイスピッチング。外国人枠の関係で登録を外れたり、先発にも回ったりと難しい仕事もこなしてくれるので助かります。

2007_0916_161934

 昨日は勝ったけど何かが物足りない…と思ったのはこのシーンがなかったからでした!代打桧山選手!

2007_0916_161953

 このお姿を拝見できただけで満足です。結果は聞いちゃダメです(-。-)ボソッ

2007_0916_162431

 最後は橋本投手が出てきて…

2007_0916_173417

 トドメをさされて負けました(-。-)ボソッ

 まっ、最後は負けちゃったけど最高に充実した2日間でした。この旅行におつきあいいただいた皆様、本当にありがとうございました。来年もまた、来れたらいいな(-。-)ボソッ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.26

サイドバーを整理します。でも、ちょっとだけね(-。-)ボソッ

 旅行の2日目の記事はもう少しだけお待ちくださいね。っつーか、個人的事情から今は野球の記事を書けるような精神状態にならないもので…(-。-)ボソッ

 で、このブログはサイドバーにいろんなモノが付いていて、環境によってはなかなか開かなくなってしまっている場合もあるかと思いますので、ちょっとだけ整理することにします。

 まず、以前設置したBBS。どうやら不要っぽいので削除しました。コミュニケーションはコメントで十分足りるし、こっそりボソりたい人用にはごてん板もあるし(-。-)ボソッ

 それと「音ログ」も削除することにしました。最近PCで音楽を聴くことが少なくなってしまい、実質的に更新することが稀になっちゃったので。ボクの趣向や年代をそれとなく伝える上では面白いツールだったんですが。

 一方で、もう既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、1ヶ月くらい前から「Sports@niftyプロ野球速報」を埋め込んでいます。めちゃめちゃ便利なので重宝しました。でも、もう要らないよな…(-。-)ボソッ

 とりあえず今回はこんなところで。また必要に応じて随時見直そうと思います。

 はぁ。それにしても元気が出ない。暗黒時代って、夏場以降は何を支えに過ごしていたんだっけ。ほんの5、6年前までの自分のことがさっぱり思い出せません。おお、もう…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

4年ぶりの甲子園球場。阪神vs中日 第21回戦

 今日も前回の続き。岡本での一人旅を終えたボクは、阪急電車と阪神電車を乗り継いで、仲間と待ち合わせしている甲子園球場へ向かいます。

2007_0915_105714

 西宮北口で乗り換えて今津線に乗車。

2007_0915_110212

 ついついかぶりつき席をGETしてしまいました(-。-)ボソッ

2007_0915_111147

 今津駅からは阪神電車。

2007_0915_111524

 着きましたー!

2007_0915_111747

 まずは「タイガースショップ アルプス」で応援グッズと土産物を調達。

2007_0915_112639

 甲子園球場は改装工事に入っているため、球場正面は名物のツタがイミテーションに(-。-)ボソッ

2007_0915_112700

 ツタを剥がしているので、こんな昔の入場門表示も見えちゃったりしています(-。-)ボソッ

2007_0915_121819

 球場に入りました。ドラゴンズが練習中。

2007_0915_122421

 この人が出てきて盛り上がるような展開になりませんように(-人-)ナムナム それにしても絵になる人だなぁ(-。-)ボソッ

2007_0915_123202

 名物「甲子園カレー」で腹ごしらえ。

2007_0915_124154

 甲子園のスタンドはいつも桧山さんがいっぱい(-。-)ボソッ

2007_0915_130038

 それにしても暑い!この写真で分かってもらえますでしょうか(-。-)ボソッ

2007_0915_132601

 ラッキーちゃんのセクシーポーズ。

2007_0915_132838

 トラッキーはいつでも人気者。

2007_0915_134306

 本日のスタメン。

2007_0915_140230

 先発の安藤投手は今季復帰2回目の先発。ランナーをたびたび背負いながらも粘りのピッチングで要所を締め、味方の援護を待ちます。

2007_0915_160245

 試合が動いたのは6回裏。2塁打を放った野口選手の代走・赤星選手を塁に置いて、濱中選手がレフトスタンドへ豪快な2ランホームラン!

2007_0915_160256

 歓喜のホームイン。

2007_0915_160305

 喜びに沸き返るベンチ前。あぁ、いい絵だなぁ(-。-)ボソッ

2007_0915_161009

 こうなればあとはお決まりの展開。まずは久保田投手。

2007_0915_163611

 そしてジェフ。体調不良でしばらく登板していなかったんですが、めでたく復帰。

2007_0915_170238

 最後はこの人・藤川投手が締めて、ゲームセット!

2007_0915_171302

 お立ち台は濱中選手と安藤投手でした。おめでとう!

2007_0915_175721

 試合後、駅でごったがえす人々をよそに、ボクらは球場すぐそばの「やっこ旅館」に泊まります。なんだか優越感もあってちょっといい気分(-。-)ボソッ

2007_0915_190520

 ひとっ風呂浴びたあとは宴会場ですき焼き!

2007_0915_190529

 野菜もたっぷり。

2007_0915_190556

 宴会場にこんなものが飾られていました。右下によっさんがいるのだけは判別できるけど(-。-)ボソッ

2007_0916_093053

 部屋ではみんなと1時頃まで何やかやと語っていましたでしょうか。とにかくいろんな意味で充実した1日でした。翌日の様子はまた改めてってことで(-。-)ボソッ

 

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007.09.23

想い出のアルバム~ボクが育った街。神戸・岡本界隈

 さて。昨日書いた記事の続き。保久良山から下りてきたボクは、そのまま岡本界隈を散歩することにしました。既にもう童心に帰った気分のボクは、いくらでも歩けちゃいそうな気さえしてました(ウソ笑)

2007_0915_090305

 八幡神社下からの眺め。まだ結構高い位置なのがよく分かることと思います。

2007_0915_090808

 そのまま天上川沿いを少し下りたところで振り返ってみた景色。いかにも山手ってカンジですが、実際周囲は大邸宅ばかり(-。-)ボソッ 

2007_0915_090945

 阪急電車のガード下(-。-)ボソッ 

2007_0915_091309

 さらに下るとこんなカンジ。 ここまで来ると、昔住んでいたところの近所です。

2007_0915_091351

 中央に見える大きなマンションの位置に某社の社宅があったんですが、そこがかつて住んでいたところでした。ずい分変わったもんだ。さすがに一抹の寂しさを感じる(-。-)ボソッ

2007_0915_091556

 比較的病弱だったボクが幾度となくお世話になった内科の医院。建物もすっかり新しくなっていました。

2007_0915_091723

 岡本交番とバラ園。ここも以前よりキレイに整備されていました。

2007_0915_091938

 よく遊び場にしていた社宅(現マンション)裏の駐車場。昔はもっと荒れていたんですが(-。-)ボソッ

2007_0915_092112

 その駐車場正面が東海道本線の線路(写真左手)。格好の撮り鉄スポットでした(-。-)ボソッ

2007_0915_092310

 テナントの入れ替わりはあってもこのビルは昔の姿そのまま。

2007_0915_092702

 天上川横のJR線ガードをくぐったところの自転車置き場。ここも昔と同じ風景。

2007_0915_092710

 同じ地点から南を向いた絵。八幡神社のところと比べると川幅がずい分広くなっているのが分かります。でも流れている水の量はあまり変わらないんだけど(-。-)ボソッ

2007_0915_092932

 そのまま天上川を下りたところにある公園。みんなといっぱい遊んだ公園。

2007_0915_093016

 遊具の位置が変わったりはしてたけど、昔の姿そのままでした。

2007_0915_093213

 その名は中之町公園(-。-)ボソッ

2007_0915_093718

 摂津本山駅南口の駅舎。小ぢんまりとした外観はそのまま。

2007_0915_094019

 ピアノを習いに来ていた建物。これもそのままでした。

2007_0915_094047

 今も昔も開かずの踏み切り。

2007_0915_094512

 再び小学校の角に出てきました。

2007_0915_094722

 そこから振り向いた絵。道はそのままだけど、並んでいるお店はそっくり変わってしまっていました。

2007_0915_094802

 でもこのお寿司屋さんはそのまま。

2007_0915_094846_2

 よく買い物にきたパン屋さん。

2007_0915_094905

 発売日に記念切手を買いに並んだ郵便局。

2007_0915_095221

 商店街から阪急岡本駅方面を望む。しかし今思うと、なんて洒落た通りを通学していたんでしょう(-。-)ボソッ

2007_0915_095452

 弟が通っていたキリスト教系の幼稚園。

2007_0915_100331

 日用品の買い物はたいていこのダイエーでしてました。店舗形態は変わっているけど、外観はほぼ昔のまま。

2007_0915_100424

 そのダイエーの正面にあるおもちゃ屋さん。キレイになっているところを見ると繁盛しているんでしょう。当時はガンプラでお世話になりました(-。-)ボソッ

2007_0915_100621

 洋菓子屋さんも健在。

2007_0915_100859

 このマンションがそのまま残っていたのも嬉しかったなぁ。ある理由で思い入れのある建物なもんで。理由はナイショ(-。-)ボソッ

2007_0915_101036

 児童書専門の本屋さんもまだ元気に頑張っていました。いいお店がこうして続いているのを見るとホッとします。

2007_0915_101636

 でもそろそろ甲子園に向かう時間です。ってことで阪急岡本駅。阪急電車のマルーン色の車体は相変わらず。

2007_0915_103332

 列車案内板はLED化が進んでいますが、このパタパタ方式(?)は味わいがあってボクは好きです(-。-)ボソッ

2007_0915_103401

 さようなら、岡本。また来るよ(-。-)ボソッ

 というワケで、いよいよ甲子園に向かいます。続きはまた今度。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.22

想い出のアルバム~25年ぶりの保久良山

 さて。もうあれから一週間経ってしまったのですが、9/14(金)の晩から前から予告していた旅行に行ってきましたので、その写真をここにまとめておきたいと思います。ただし、あまりにも載せたい写真が多すぎるので、何部かに分けることにしようと思います。

 それと、あらかじめおことわりしておきますが、この旅行の記事はボクがあとで写真を見てグフフフできるよう、「自己満足」を目的に構成しているにすぎませんので、ボク以外の人が見ても何も面白くないかもしれませんので、その点はよろしくご了承ください(-。-)ボソッ

 さて。旅の出発は銀河号です。

2007_0914_230719

 見慣れた駅名表示板だけど、今日はなぜかとても新鮮に見えます。

2007_0914_231240

 もうすぐです。ワクワクテカテカ。

2007_0914_232629

 キター!

2007_0914_232700

 グフフフ…

 寝台列車って、すぐ寝てしまうのももったいない気がするし、かといってあまり寝ないのももったいない気がするし(苦笑)でもボクは思い切ってめいっぱい寝ることにしました。というワケで、大船駅を出発したあたりで3番サード・シーツをかぶりました(-。-)ボソッ

 途中、どこかの停車の際に一度だけ目が覚めましたが、それ以外は熟睡。気がついたら銀河は米原に停車していました。

2007_0915_061430

 のどかな風景。滋賀県の草津あたりでしょうか。すっかり明るくなりました。

 ぼちぼち降車の準備。新大阪で降ります。

2007_0915_071628

 さようなら、銀河(-。-)ボソッ

2007_0915_080012

 そして、ここが第一の目的地・保久良山への出発点。

2007_0915_080946

 摂津本山駅の北口。すっかり変わりましたね。二楽園が立派な建物になっていたのにちょっとビックリ。

2007_0915_081212

 その一方で変わらないお店を発見!

2007_0915_081509

 存続をちょっぴり心配していた市場も、ひっそりとですが残っていました。ここの入口のところにあった駄菓子屋さんにはずい分とお世話になったんだけどなぁ(-。-)ボソッ

2007_0915_082056

 これはわが母校。懐かしすぎる(-。-)ボソッ

2007_0915_082500

 裏手にある給食室と洗い場の様子はほぼ昔のまま。

 と、こんな調子で街を歩いていたらいつまでたっても山に登れそうにありません(苦笑)ので、とりあえず道を急いで保久良山へ向かいます。

2007_0915_082852

 保久良神社参道の道標。

2007_0915_083232

 あー、そういえばこの標識、あったあった!ここから車両進入禁止なのです。

2007_0915_083340

 なんだか一気に空気が澄んだカンジ。この感覚がキモチイイのです。

2007_0915_083713

 そろそろキツクなってくる頃。看板にも励まされます。

2007_0915_083800

 左手に景色も広がってきました。

2007_0915_083831

 誰彼となくすれ違う人たちと「おはようございます」と挨拶を交わします。山の人たちは礼儀正しくてキモチイイんですよね。この感覚を思い出したことに喜びを感じながら、どんどん進みます。あともう少し!

2007_0915_084017

 着いたー!

2007_0915_084104

 灘の一ツ火!

2007_0915_084129

 いや。何をさておき、まずはお参りをしなければいけません。

2007_0915_084256

 どうか阪神タイガースがセリーグを制してなおかつ日本一になれますように(-人-)ナムナム

2007_0915_084407

 ホントはこの先に、六甲の山々のながーいハイキングコースがあるのです。懐かしい名前のスポットがいっぱい。

2007_0915_084451

 しかし天気も良くて絶景ですな。

2007_0915_084523

 マジで心が洗われます。

2007_0915_084538

 グフフフ…

 しばし景色を楽しみながら体を休ませます。

 さて。そろそろ下りようかな…と、おや?

2007_0915_084748

 あらあら。

2007_0915_084845

 あらあらあら(-。-)ボソッ

 最近イノシシが出没するようになったというウワサは聞いていたけど、こんなにフツーに歩いているとは思いませんでした。これはビックリ。

2007_0915_085035

 神社の奥にある保久良梅林。春にはキレイに花がつきます。まっ、小学生のボクらにとっては格好のセミ取り場だった以外の意味はなかったけど(-。-)ボソッ

2007_0915_085822

 帰り道は岡本八幡神社方面へ。こっちの道からの景色もなかなか。

2007_0915_090203

 はい、到着~。ここから先は次にまた書きます(-。-)ボソッ



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.20

ダイゲン@橋本駅北口

※先週末の旅行の記事はまた改めて書きますので少々お待ちください。何せ写真がいっぱいで整理がタイヘンなもんで(-。-)ボソッ

 で、今日はラーメンマンをしてきました。バスの窓から見ていて、ちょっと前から存在が気になっていたお店。橋本駅北口、サティの裏手あたりです。

ラーメン ダイゲン

20070920daigen1

 まだ比較的新しいこともあって店内はキレイ。券売機で「味玉ラーメン」(700円)を選んで、カウンター席に着席。

 少々気になったのは、昼の12:00過ぎという絶好の稼ぎ時だというのに先客が2名いただけだったこと。うぅむ…

 で、結構早めにラーメンが上がってきました。

20070920daigen2

 むむっ。く、黒い…

 結論から言いますと、これはボクにはちょっと苦しい(-。-)ボソッ

 まずスープなんですが、ラーメンのスープというよりはむしろ蕎麦のつゆといったカンジの味。で、濃厚な醤油ダレの味に押されちゃっているからなんだろうけど、ダシの風味が全くしないんです。これはサスガに大減点材料(-。-)ボソッ

 麺は黄色い細麺なんですが、これもコシが足りなくてスープに負けてます。ボリュームもいささかモノ足りません。あと、刻みネギがいっぱい乗っていましたが、これを食べているとネギの風味が強すぎてウチのおかんが家で作ってくれる袋ラーメンとどう違うかわからなくなってしまうので(苦笑)、何か素人臭く感じられてしまうため個人的には苦手です。

 唯一、2~3枚乗っていた肉厚なチャーシューは、少々脂身が多かったものの柔らかくジューシーで満足感がありました。

 ただ総合的には厳しい評価にせざるを得ません。立地も悪くないし、この一帯はラーメン専門店が少ないので頑張れば狙い目なんですが、少々期待ハズレでガッカリでした。相当大きなテコ入れでもしない限りは難しいだろうな、というのが正直な印象です。

 ところで、このような構成のラーメンを「八王子系ラーメン」というらしいことを今日初めて知りました。

 むぅ…、八王子系ラーメン、ちょっと苦手かも(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.13

「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」-ボクが保久良山に登るワケ

 さて。この週末は甲子園に行くワケですが、先日銀河号の記事に書いたとおり、メインの目的以外にもいろいろと楽しみを作っておりまして、今日はそれをもう一つ紹介しておきたいと思います。

 もう一つの楽しみ。それは、

 「保久良山に登って、眼下の景色を見渡すこと」(-。-)ボソッ

なんです。

 ちなみに「保久良山」とは、こんなところにあります。

保久良山

 神戸市東灘区の、電車の駅で言うとJRなら「摂津本山」、阪急なら「岡本」の裏手にある小山です。

 まず「どうしてそんなことが楽しみなのか?」を説明しなければいけないと思うのですが、それを語るにあたって、紹介しておきたい一冊の本があります。

 それが、これ。

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)
4087486397中島 らも

集英社 1997-08
売り上げランキング : 17783

おすすめ平均star
star心が救われた一冊
star表紙がダサい
star私が中島らもに夢中になったキッカケ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 故・中島らも氏のエッセイ集。ぶっちゃけ、内容的には大して面白くもない非常に退屈なエッセイ集なんですが(ウソ笑)、この本に掲載されている「鳥同士のあいさつみたいなキス」という一番最初のエッセイに「保久良山」が登場します。らもさんの少年時代のエピソードで、保久良山でファーストキスをした際の思い出などが書かれています。

 ボクは別に保久良山でキスしたことはないのですが(苦笑)、小学生の頃この近辺に住んでいて、らもさんと同じ「本山第一小学校」に通い、同じように保久良山にも何度となく登っていたので、これを読んでいるとついつい感情移入してしまうのです。

 小学校の行事で「登山会」というのがたびたびあって、その都度この山を越えていったこと。
 夏休みに友達同士でセミ取りに行ったこと。
 夏休みはもちろん、春休みも冬休みも毎朝保久良神社のラジオ体操に行っていたこと。

 ぜーんぶ、ボクの大切な思い出です。

 その「保久良山」に、小学校5年生の時に転居で神戸を離れて以来、25年ぶりにあのクネクネした舗装道路を登ってみようと思っているのです(-。-)ボソッ

 この四半世紀の間、いろんなことがありました。保久良山から見渡す景色も随分と変わってしまったでしょう。その間に震災も経験しました。もちろん、ボク自身もすっかり変わってしまっています。

 それでも、やっぱり変わらない「何か」があるハズ。その「何か」を探しに、保久良山に登って、感傷に浸ってきて、それから甲子園に向かおうと思ってます。

 というワケで、土曜日の朝は銀河号を降りた後、そのままJRで摂津本山まで行き、この計画を実行するつもりです。ニセ一眼レフ(苦笑)を持って、保久良山はもちろんですが懐かしい岡本界隈も含めて写真をパチパチ撮りまくりながらウロチョロ歩き回りたいと思います。

 なんですが、、、

 どうも、週末の神戸・大阪の天気があやしいんだよね(-。-)ボソッ

 ボク自身、半年前から計画してワクワクテカテカしながら楽しみに待っていたイベントなので、それが雨で流れてしまったりしたら悔しすぎます。

 神様、晴れてくれとは申しません。せめて朝から試合終了までの間だけは雨を降らせないで下さい。お願いします(-。-)ボソッ


 あと、願わくば土日とも試合終了後に六甲おろしを歌わせて欲しい(-。-)ボソボソッ

セブンアンドワイ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.07

2008年は「ほぼ日手帳」を使ってみようと思うのです(-。-)ボソッ

 今日は、手帳のハナシ。

 ボクはここ数年、仕事用に「エリートプランナー」という、A5判の手帳を使っていました。

 別にこれじゃなきゃいけない理由はなかったんだけど、

見開き一週間単位でスケジュール確認ができて、開きやすくて書きやすく、オマケのページもそこそこ充実していて、なおかつ安いモノ

という、ボクが求める条件に適うモノを探すために、毎年書店で一生懸命比較検討するんだけど、結局のところコレに落ち着いちゃうんです。で、

 「基本はずっと会社のデスクに置いておき、必要なときだけ家に持ち帰る」

という使い方をしていました。

 しかしながら、来年はこのスタイルを変えようと思っていたのです。というのも、これでは

 「急に家で仕事のスケジュールを確認しようと思ったとき」

あるいは

 「会社でプライベートのスケジュールを確認しようと思ったとき」

に、まったく役に立たないのです。

 「そもそも、仕事であろうがプライベートであろうがボクはボクでひとつのカラダで行動しているのに、わざわざ手帳を分けて不便にする必要があるんだろうか?」(-。-)ボソッ

というギモンを持ったワケなんです。

 まっ、もっともボクの場合プライベートの用事なんて知れたモノなので、これまでプライベートの手帳なんて買ったことがないんだけど(-。-)ボソッ

 というワケで、今後は「公私共用できる手帳」を使おうと思い、早速「ほぼ日手帳2008」をポチッちゃいました(-。-)ボソッ

 ここ何年か話題になっていた手帳なので、便利度はある程度わかっているつもりです。唯一、

 「日めくりのため、週間単位でのスケジュール確認が難しいのでは?」

という点が仕事で使う上で若干気がかりではあるのですが(あと、糸井重里があのチームのファンなのが癪に障るのですが(ウソ笑))、まぁとりあえず来年一年間使ってみようと思います。公私両方のスケジュールやら何やらをいろいろと書き込んで、毎日カバンに入れて持ち歩いてみようかと。

 とりあえず、誰かさんを見習って「重賞書き込みの儀」と「所用書き込みの儀」を執り行うことは決めとるよ。発表になるのはまだかなり先やけど(-。-)ボソッ

 ちなみに、カバーはナイロンのダークブルー、あと「路線図」をオプション注文しました。ワクワクテカテカ。

All About スタイルストア

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.03

「子どもとお母さんのための童謡」は、プレゼントにも最適な歌集兼絵本!

 先日、図書カード1500円分をゲットしたボクは

 「虎子※に本でも買ってあげよう」(-。-)ボソッ

と思い、書店の児童書コーナーをウオッチしていました。

※(注)虎子:仮名。1歳8ヶ月の娘。

 ただし、児童書と一口にいっても結構多岐に亘っていて、何らかの狙いを定めないことにはとてもじゃないけど選び出すことなんてムリなんで、いちおうボクもちょっとした考えはもっていました。今回のターゲットは、

 「長く使える、しっかりした歌本」(-。-)ボソッ

 保育園でいろいろ習っている影響もあるんでしょう。とにかく虎子は歌が大好きで、知っている歌を歌ってあげると一緒に歌いながら踊りだすし、本を指差しては「この歌を歌って」とせがんできます。カラオケ大好き一家としては、非常に喜ばしい限りです(ウソ笑)

 ただ、今ある歌本は雑誌のような造りなので、既にかなり傷んでしまっているのです。そこで、これは改めてもうちょっとしっかりしたモノを買ってあげたいゾと思ったワケです。

 そんなボクの(というより、虎子の)ニーズをバッチリと満たす本。見つけちゃいました!

子どもとお母さんのための童謡(2冊セット)
4069355499
講談社 2006-03
売り上げランキング : 192412

おすすめ平均star
star歌を歌ってあげたいお母さんにおすすめです
star価値ある絵本
star娘がはまってます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まず造りの方は、"図鑑"のような立派な造りで文句ナシ。2冊セットでケースに入っていて、とてもいいカンジです。

 で、中身がこれまた素晴らしい。どこが素晴らしいかというと、

 「絵本としても楽しめる」(-。-)ボソッ

という点ですかね。NHK教育テレビの「いないいないばぁっ!」の挿絵などでおなじみの、いもとようこさんの絵とともに歌が書かれていますので、それだけでも嬉しくなっちゃうこと請け合いです。

 あと、楽譜も一緒に掲載されているので、親が知らない歌があっても楽器で演奏してあげればフォローできて便利です。

 もちろん歌の方も2冊合わせて充実の120曲。知らない歌や、知ってるつもりだったけど間違って覚えていた歌、聴いたことなかったけど実は2番や3番の歌詞があった歌などなど、大人が見てもなかなか楽しめちゃいます。

 とにかく全ての点においてボクの望みどおりの品。もう買うっきゃない!

 …と思ったんだけど、レジには持っていきませんでした(-。-)ボソッ

 え?何でかって?

 いや。「5,250円」という価格に、ちょっぴり躊躇してしまったモノで(-。-)ボソッ

 もちろん、5,250円を払うだけの価値は十分にある本だとは思います。が、もしかしたらもっと安く手に入る方法があるかもしれない!と思ったんです。

 で、帰宅してから「スーパー源氏」で調べてみたらですね。

 おやまぁ!なんと、2冊セット2,000円で古書を売っている京都のお店を発見!(しかも送料無料)グフフフ…

 早速購入手続きを済ますと速やかに到着。いちおう古本ではありましたが、新品同様の未使用状態でしたので、定価の半額以下で買えちゃったんだからお買い得だったとしか言い様がありません。虎子の食いつきの良さも予想通りで、毎晩この本で歌を歌わされております。あー参った参った(←全然参ってません)

 そんなワケで、とても実用性が高く、親子ともに楽しめて、ずーっと使える立派な装丁の本ですので、出産祝いなどのギフトにも最適かもしれませんね。とにかくいい買い物でした。めでたし、めでたし。ちゃんちゃん!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.09.01

寝台急行「銀河」が、RailMagazine(レイルマガジン)289号で特集されています(-。-)ボソッ

 再来週末に所用(=要するに虎の応援)で甲子園へ一泊旅行に行くことにしています(-。-)ボソッ

 もちろん所用そのもの自体がボクにとってとてつもない楽しみではあるんですが、せっかくの旅行なので、それ以外にも自分なりにいろいろと楽しめるような計画にしています。

 そのうちのひとつが、

 「往路は、大阪まで寝台急行『銀河』に乗って行く」(-。-)ボソッ

という計画。グフフフ…

 もうずい分と長いこと寝台列車には乗っていませんからね。8年くらい前「サンライズ出雲」に乗ったのが最後かなぁ。さらに銀河号のような客車タイプとなると、たぶん高校の修学旅行で山口から帰って来る時に乗って以来かもしれません。もう今からワクワクテカテカしてしまって何をしていても手につかないんです(ウソ笑)

 ご存知のとおり、近年になって寝台列車は続々と廃止されてしまっており、今回ボクが乗る銀河号もいつどうなるか分からない状況です。来春のダイヤ改正でもしかしたら…というウワサもされているくらいです。

 まっ、来春かどうかはともかく、いずれなくなってしまうことは避けられない流れだと思うので、どうしても今のうちに一度乗車しておきたかったんですよね。

 で、そんなこともあってか、先日発売の「RailMagazine」では、その銀河号が特集されていました。

Rail Magazine (レイルマガジン) 2007年 10月号 [雑誌]
B000UPMVNO
ネコ・パブリッシング 2007-08-21
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今度乗車するための予習にと思い、早速持ち合わせの図書カードで買ってきちゃいました。グフフフ…

 ちょっと内容がマニアック過ぎ(客車の細かな変遷など)て、ライトファンのボクには少々重たいメニューではあったんですが、過去の貴重な写真も掲載されていたりしてなかなか楽しめました。

 あぁ。早く乗りてぇ(-。-)ボソッ

 まっ、そんなワケで、今回が自分にとって

 「おそらく最初で最後の銀河号」

という覚悟で、気合いを入れて(?)乗車してくるつもりです。が、今回のボクのように

 「早朝に大阪(or東京)に着きたいので、寝台でゆっくりと乗って行きたい」(-。-)ボソッ

という需要は消えることはないと思うので、たとえ銀河号が廃止になっても、何らかの形で東京-大阪間を夜間に移動できる寝台列車を残してほしいですね。

 あ。あと、「RailMagazine」では誌面連動企画でこんなサイトも立ち上がっています。

 特集 銀河―Roland EDIROL R-09で録音した銀河を聴く!

 むぅ。萌える…(-。-)ボソッ

上新電機

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »