« 新発売「ビックリマンプロ野球チョコ」で運試し(-。-)ボソッ | トップページ | 素晴らしかった今年のプロ野球オールスターゲーム。でも直球だけが勝負じゃないでしょ(-。-)ボソッ »

2006.07.19

「禁煙宣言」後の中途経過報告(その1)~タバコをやめるための「とっておきの秘策」

 え~、先日、当blogで「禁煙宣言」をしてしまって(?)からの中途経過報告なんぞをさせていただこうかと。

 結論からいいますと、経過は大変順調。この分だと計画通りやめられそうです(事実あの記事を書いた数日前以来、1本たりとも吸っていません)。もっとも、まだやめてから一週間そこそこしか経っていないので、「成功」と言い切るまではもう少しご猶予をいただきたいと思いますが(-。-)ボソッ

 ところで、ボク自身、この計画の成否のカギは

 「タバコを吸うのをガマンする」

のではなく、

 「タバコを吸わなくなって良かった」

と思えるようになれるかどうか?だと考えていました。だって、「ガマンをしている状態」とは即ち「吸いたい」という深層心理が残っている証拠に他なりませんから。こんな精神的不健康状態を永遠に継続することはムリですし、仮に継続できたとしても、そんなのちっともシアワセ感がありません。だから「ガマン」をするのではなく、逆に吸わないことに対して「喜び」を味わえるような状況になれば高い確率でやめられる。そう思ったのです。

 余談ですが、そういう意味からするとこういう場合に「禁煙」という言葉を使うのは不適切な気がしてなりません。だって、ボクが今しようとしていることは「喫煙を禁止すること」じゃないんです。「禁止しなくても喫煙しないようにすること」を目指しているんです。だから、あえて言い直すなら「禁煙」じゃなくて「脱・喫煙」なんだよね。このニュアンス、わかるかなぁ(-。-)ボソッ

 また、先日の記事でも書いた「禁煙セラピー」という本を早速GETし、この連休を利用して読んでみたのですが、これもボクの上述した考え方を後押ししてくれるモノでした。

 「どうやら方向性は間違ってない」

 そう思わせてくれるのにちょうど良い本でした。これでちゃんとやめられそうです。グフフフ…

 実際にやめてみて、吸わなくなったことのメリットが実感できるようになりました。今感じていることを忘れないようにするためにも、ここに書いておこうかと思います。と同時に、やめようと思っている人への参考にもなればいいんですが(-。-)ボソッ

1.ガマンをしなくて済むようになった。

 ヘンな話ですが「喫煙者はいつも”ガマン”を強いられている」といえます。勤務時間中、通勤電車の中、我が子の前、公共スペースにいる時…。いつも「タバコを吸える場」を捜し求め、あるいは「タバコを吸える時間」が来るのを待ち続け、その間ずっとイライラしながらガマンしなければいけません。自分の欲求を満たすためにタバコを吸っているハズなのに、逆にタバコを吸うことで欲求不満を作り出してしまっていたワケです。

 「そのガマンを乗り越えた後の一服がウマイんだよ!」

という理屈(=言い訳)もあるでしょうが、でもその一服が終わったらその瞬間からまたガマンが始まってしまいます。

 いっそのことタバコをやめてしまえばこんなガマンや欲求不満からは永遠に解放されます。その「満足感」の大きさたるや、一服で得られる束の間の安らぎ(のようなモノ)などとは比較になりません。

2.時間が増えた

 誰であろうと1日=24時間に変わりはないのでこの表現はヘンかもしれませんが、タバコをやめたことによってボクの1日の「体感的な時間」は確実に増えました。

 例えば、会社の昼休み。今までだとボクは急いで昼飯を食べてました。なぜかというと、早く食事を終えて休憩室に行き、その時間をなるべく多く喫煙タイムに充てたかったからです^^;

 まっ、もともとがせっかちさんなので、タバコをやめても相変わらず食事は高速です(苦笑)。ただ、その後の休憩時間は以前よりも間違いなくのんびりできるようになりました。当然です。「タバコを吸う」という最大にして唯一の目的がなくなったワケですから、ホントに何もしなくて良くなったワケです。どちらの方がより時間を有効に使え、リフレッシュできるか?答えは明白です。


 いちおうこのあたりが今ボクが現実に実感できているメリットです。他にも

 「ポケットのスペースが空いた」
 「タバコの在庫を気にしなくてよくなった」
 「ライターを持ち歩く必要がなくなった」

というのもありますが、このへんは取るに足らないことなのでまぁいいでしょう。あと、

 「タバコ代の節約で小遣いが増えた」
 「健康状態が改善された」

というような効果は当然予想されますが、これらはもう少し時間が経たないとハッキリ表れてこないと思うので、そのあたりはまた後日ってことで(-。-)ボソッ

 さて。ボクはこれだけでも十分やめられそうな自信があるのですが、それでもまだ心が揺らぐことがあるかもしれません。そんな時のために、自分自身で編み出した「とっておきの秘策」を書いておきたいと思います。

 この方法は恐らくどんなハウツー本にも書いていないだろうし、どんな医師も勧めたりしないでしょう。でもたぶんボクはこれで確実にやめられます。

 もっとも、この考え方はボクのように根性の曲がったひねくれ者にしか通用しないという欠点がある上、こんな記事を書いたらイメージダウン必至で、全国50,454人の女性ファンを失いかねないのですが(ウソ笑)でもあえて書きます。

 え~、その「とっておきの秘策」とは…

 「めちゃめちゃキライなヤツに対する優越感をイメージする」

という作戦なのです(-。-)ボソッ

 もう少し補足説明します。まず、喫煙者の中で自分が大キライなヤツを一人、頭の中に思い浮かべます。そして、彼に対して心の中でこう言い放つのです。

 「あ~、アイツはまだタバコなんぞ吸ってるのか。タバコなんて金もかかるし健康も害するし、いいことなんかな~んにもないのにプププ。まっ、所詮アイツには理解なんてできっこないだろうけどねプププププ。っつーか、あんなヤツの健康なんてどーでもいいんだけどプププププププ。ホント、かわいそうなヤツだなぁ。グフフフ…」(-。-)ボソッ

 うわはははは!なんていい気味なんでしょう。このキモチを思い出せば確実にやめられます(ウソ笑)



|

« 新発売「ビックリマンプロ野球チョコ」で運試し(-。-)ボソッ | トップページ | 素晴らしかった今年のプロ野球オールスターゲーム。でも直球だけが勝負じゃないでしょ(-。-)ボソッ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/11012130

この記事へのトラックバック一覧です: 「禁煙宣言」後の中途経過報告(その1)~タバコをやめるための「とっておきの秘策」:

« 新発売「ビックリマンプロ野球チョコ」で運試し(-。-)ボソッ | トップページ | 素晴らしかった今年のプロ野球オールスターゲーム。でも直球だけが勝負じゃないでしょ(-。-)ボソッ »