« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.25

ニッポン、サッカーW杯グループリーグ敗退に思う。「戦犯」って?「応援」って?(-。-)ボソッ

 このブログの趣旨とは遠いテーマなんだけど、あえて書きます(-。-)ボソッ

 サッカーのワールドカップ・ドイツ大会。先日のブラジル戦の敗戦で、日本のグループリーグ敗退が決定してしまいました。ボクはサッカーに関しては別段詳しくもない一般ピープルですので、純粋に一国民としてニッポンを応援していましたが、非常に残念な結果でした。

 …が、本当に残念で悲しいのは、敗退したという結果よりも、むしろこの結果に対して各所で繰り広げられる「戦犯探し」(-。-)ボソッ

 どうしてこの国はこういうことをしたがるのでしょう。今回の反省と、それを次にどう生かすか---それは選手や監督、あるいはサッカー界の関係者らが考えればいいワケであって、サッカーのことも内々の事情もろくに解っていないマスコミ関係者が世間一般に対して騒ぎ立てるのはイカガナモノカと思うのです。

 そもそもこのワールドカップ。ちょっと冷静に考えれば、グループリーグの突破が厳しい力関係であることは、サッカー素人のボクにでも最初から容易に判別がついてたワケで…もちろん応援はしてるけど過度な期待はしていなかったし

 「もしグループリーグを突破してくれたら嬉しいなぁ」(-。-)ボソッ

くらいに考えてました。

 恐らくかなりの割合の日本国民がボクと(本音では)同じキモチだったんじゃないかなぁ。それなのにまるで突破して当たり前のような報道が繰り返され、いざこういう結果になったら「戦犯探し」を始める。

 もちろん「本音」(=たぶんダメだろう)と「建前」(=勝て!)があるのはわかるけど、せっかくの「お祭り」なんだし、こんな不幸な結末を自らで作らなくても、もっとシアワセな気分になれる楽しみ方をすべきだと思うんだけど…「次がんばろう」でいいじゃないですか。そのあたり、横浜ベイスターズの石井琢朗選手が6月13日に書かれていたブログの記事に全面同意なのです(-。-)ボソッ

 だいいち「戦犯」っていう言葉自体がボクはキライです。なにもこんな言葉を使うことはないでしょう。別に戦争をしているワケじゃないんだし。そもそも日本ではいつの間にか「戦犯」=「敗戦の原因を作った人」っていう俗語になっちゃってるけど、みんな本来の意味を分かった上で使ってるのか、甚だ疑問。もう一度「戦争犯罪人」を国語辞典で引きなおしてみろ!と言いたいところです。

 まっ、それでもあえて今大会の「戦犯」を挙げろと言われるのなら、ボクはたぶん

 「さんざん煽り立て、日本国民落胆の原因を作った電通とマスコミ」(-。-)ボソッ

と答えますけど(-。-)ボソッ

 とはいえ、ボクも日常の所用で選手や監督を戦犯よばわりするような発言をついつい繰り返してしまうこともあって、自戒の念もこめてこの記事を書いてます。勝負事だから、勝つこともあれば負けることもあります。当事者たちはプロなんだから勝つことが仕事なんだけど、ボクたちは「応援」という言葉の意味をもう一回よく理解し、原点に立ち返る必要があるのかな、と。個人的には、そんなことを考え直す機会としてはこのワールドカップは意味があったかなと思ってます。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.23

一風堂@横浜ポルタ

 実はまだ先週の土曜日のネタがありまして(-。-)ボソッ

 横浜駅近辺でひととおり用事をすませたらちょうど12時頃になったので、せっかくだからついでにラーメンでも食べて帰ろうと思ったのです。繰り返しますが、あくまでもついでですからね。ホント、ついでですから。グフフフ…(←なぜグフフフ?)

 今回ボクがターゲットにしたのは、横浜駅東口の地下街(ポルタ)にある「一風堂 横浜ポルタ店」。久しぶりに博多ラーメンを食べたくなったんです。

 5年ほど前にこの地にオープンし、当時から何度か足を運んでいるお店なので味も雰囲気も存じているのですが、しばらくご無沙汰してたのでワクワクテカテカしながら店へ向かいました。

 人気店なので混み合うことは覚悟の上で行ったのですが、店の前には案の定ざっと20名弱の行列が…

 せっかちさんにとっては苦痛だけど、でもいつもに比べればこの時間でこれならまだマシな方です(と、必死に自分に言い聞かせてみる^^;)。回転も速い店なのであまり気にせず、ここは気長に待つことにしました。

 並んでからしばらくして、店員さんがオーダーを聞きにきました。ココの基本メニューはこってり系の「赤丸新味」と、サッパリ系の「白丸元味」の2種類で、さらに麺の固さが6段階(粉おとし > はりがね > ばりかた > かためん > ふつう > やわめん)から選べます。

 ボクが注文したのは「赤丸新味・かためん」。一風堂に来るといつも「赤丸新味」を選んでしまう自分。たまには「白丸元味」を頼んでみたいとも思うんだけど…サッパリ系を食べたいと思う時はそもそも一風堂には来ないんだよなぁ。いつか機会があれば試したいと思ってますが。

 さて。行列も順調に店内へ吸い込まれ、思っていたよりも早く席に通してもらうことができました。席に着いたらまもなくやってきましたよ。ボクの赤丸新味。

20060623ippudo

 いや~。久々の一風堂。久々の博多ラーメン。いっただっきま~す!グフフフ…

 まずスープ、、、うおー!これは言うなれば「超とんこつ味」。こんなに強烈だったっけ?とんこつのエキスがどどーんと前面に出された、何とも言えぬ濃厚な香り。よく食べてる家系ラーメンもとんこつなんだけど、アチラはしょうゆ味も強いからここまでとんこつの香りが強くないんだよね。だから余計にインパクトがあったのかもしれません。でもボクはこれくらい臭い方が好きです。ただ、それほど「こってり」とした印象はありませんでした。別にパンチを求めてたワケじゃないので、これはこれでOKです。

 次に麺ですが、これはボクの想定通り。細麺がつるつるっと心地よく喉を通ります。

 そしてチャーシューなんですが、コチラはほろほろの柔らかチャーシュー。ただ、かなり脂っぽいです。この分だと「肉入り」(チャーシュー麺)はボクにはムリっぽいかも。

 その他にデフォルトでキクラゲ、もやし、ネギがトッピングされています。個人的にはもやしは要らないと思うんだけどなぁ(-。-)ボソッ

 さて。スープを味わうのはそこそこにして、まずは麺を食べ進めました。というのも、今回は最初から「替玉」を頼むつもりだったからです。頃合いを見計らって食べ切る前に注文しなきゃ。すみませ~ん!かためんの替玉お願いしま~す!

 ほどなくして皿に盛られた替玉が到着。早速注ぎこんで食べ続けました。が、同じ「かためん」なのに替玉の方が固いのは気のせい…じゃないでしょう明らかに!(苦笑)このあたりは結構アバウトなのかな?まっ、ボクはあまり気にしないのでオッケーなんですが、客によってはアレですよ(-。-)ボソッ

 替玉も無事食べ切って完食すると、サスガにもう満腹。久々に一風堂のラーメンを堪能し、午後2時からの所用に備えて帰宅の途に着きました。満足、満足。グフフフ…

 しかし、博多ラーメンを食べるのが久々だったこともあって少々戸惑いが。みなさん、博多ラーメンって食べるペースをつかむのが難しくないですか?「替玉」を頼むのを前提にした場合、普通のラーメンと比べてスープを飲むのを遠慮しながら食べ進めなきゃいけないから、ちょっと違和感があるんだよね。あと、「替玉」を頼むタイミングもよく考えないといけないし(店の混み具合や、店員さんの通る頻度など、あらゆる要素を考慮した上で適切に対処する必要あり)。あぁ、博多ラーメンって何て難易度の高いラーメンなんでしょう(ウソ笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.20

柿ぽん?別にこの色でもエエと思ってるよ。今はな。

 先日の土曜にヨドバシカメラに行った旨をこの前書きましたが、実はその際にもうひとつ買い物をしてきました。

 我が「柿ぽん」用のストラップ。以前競馬場で調達して以来ずっと使っていた「ステイゴールド君」のストラップがかなり磨耗してしまったので、このへんでそろそろお別れを告げ、新調しようと思っていたのです。

 今回は首から吊り下げるネックストラップにしようと思い、売り場をうろついていました。特にそれ以上のこだわりはなかったのですが、とりあえずカラーだけは柿ぽんに合わせようと思っていたんです。で、

 「コレなんてどーよ?」

と思って、手にとってみたのがコチラ。

20060620kaki1

 「うんうん。合うね合うね。コレでもいいね」

と思ったのですが…

 次の瞬間、

 「ん?…んんっ?ちょっと待て!そんなもんアカンアカン。こんなモノを買うワケにはいかん!!」

と思い直して商品を元の位置に戻し、すぐ横にあったコッチの方を咄嗟に買ってそそくさと帰ってきました。セットしてみるとこんなカンジ。

20060620kaki2

 まっ、ボクをよく知る賢明なウオッチャーの皆様なら、こっちを選んだ理由はおわかりでしょう。もうこの際コーディネートなんて一切関係なし。そんなちっぽけなことなんかより所用の方が大事やもん。そういうことよ(-。-)ボソッ

 しかし、こうなると今になってちょっと悔やまれるのは本体のカラー。やっぱりシルバーあたりの無難な色にしておいて、「まもるくんイエロー」でも調達してグフフフ仕様に仕立て上げるべきだったのかも。おお、もう…

 え?次の機種変更?そう(機種変更に)なれば、そう(無難な本体色+まもるくんイエローに)なるやろ。期待してもらって結構です(-。-)ボソッ

 ※ちなみに、1枚目の不吉な(?)色のストラップの写真は、2枚目の写真(実物)を加工して作成したんよ。(こんな面倒なことはもう二度と)俺はしない。しんどいもん(-。-)ボソッ

ウィルコムストア

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.18

2006-2007POG指名獲得馬紹介の巻(-。-)ボソッ

 さてさて。先日に昨年度POGの振り返りを済ませたところで、今回は2006-2007POG指名獲得馬のまとめをしておきます。

1位 アドマイヤオーラ(父アグネスタキオン/母ビワハイジ)

 昨年のアドマイヤメインで味を占めたので、今年もアドマイヤにお世話になろうと思って指名。前評判が高かったので重複指名→抽選の覚悟は当然できていて、実際そうなったんですが見事勝ってしまいました。グフフフ。師匠、すみませんでした(-。-)ボソッ

 松田博厩舎の所属ですが、どうやら早めにデビューできそうな塩梅。でもムチャはせずに大事に使って欲しいです。今、無理やり勝ちにいって、肝心のダービーで走れなかったらどうするんや(-。-)ボソッ

2位 キングオブブルース(父アグネスタキオン/母ディクシースプラッシュ)

 角居調教師のところで、デルタブルースの下。なかなか奥がありそうです。サンデーレーシングの馬ということで、一口馬主として応援しているファンも多いことでしょう。なんでも宮川一朗太も所有しているそうで(-。-)ボソッ

 なんとこちらも抽選となってしまったのですが、またもや勝利して2連勝。竹丸さんゴメン。でも連覇してるんだしこれくらい譲ってください(ウソ笑)

3位 ヴィクトリー(父ブライアンズタイム/母グレースアドマイヤ)

 半兄にリンカーンがいます。冠号こそアドマイヤではありませんが同じ近藤家(奥さんの方)の馬です。厩舎は音無先生のところ。

 これまでの兄弟はみなサンデーサイレンス産駒でしたが、父がブライアンズタイムに変わってどう出るか。血統的には奥手傾向なのでPOG的にはリスクはありますが、間に合えばそれ相応の活躍を期待してもらって結構です(-。-)ボソッ

 ちなみにこの馬、実は「外れ3位」。またまた抽選になってしまい3連勝を目論んだのですがサスガにそうはいきませんでした。そらそうなるやろな(-。-)ボソッ

4位 エノク(父クロフネ/母カーリーエンジェル)

 去年フラムドパシオンで楽しませてもらったので、今年もクロフネ産駒は上位指名したいと思ってました。母カーリーエンジェルはフラムドパシオンの母カーリーパッションの姉妹ですので、血統的にも「おんなじ事の繰り返しよ」と言えるような活躍を期待しちゃいます。オレハマッテルゼとエガオヲミセテが兄姉にいますね。ってことでこちらも音無厩舎。

5位 マイネルシーガル(父ゼンノエルシド/母エイシンアイノウタ)

 大物もいいけどやはり早く稼いでくれる馬も欲しいので、ボクは毎年必ず中位でラフィアンの馬を指名してます。この馬もそんな狙いがあって決めた一頭。

 …なんですが、どうやらデビューは秋以降に持ち越しとのウワサ。おお、もう…。でも動きは抜群のようなので、早期に勝ち上がってくれることを期待してます。

6位 アルヴィス(父Mr.Greeley/母Extraterrestral)

 ○外ですが、兄にエキゾーストノート(ホープフルS)がいます。キャロットの馬で角居厩舎所属。

7位 マイネルランページ(父ゼンノエルシド/母プレアクティブ)

 こちらも5位のマイネルシーガルと同じラフィアンの馬。別にゼンノエルシド産駒を狙い撃ちしているワケじゃなく、ラフィアンで期待できそうな馬を選んだらたまたまこの2頭になりました。イナバウアー厩舎(-。-)ボソッ

 こちらは予定通り早期デビューするようで、今月25日にも出走する態勢とのこと。グフフフ…

8位 スリープレスナイト(父クロフネ/母ホワットケイティーディド)

 クロフネ産駒の牝馬。橋口厩舎の所属です。セヴンスバード(弥生賞4着)など、デビューした兄弟はみなそこそこ走ってます。

 しかしこの馬名は…おおもう(苦笑)まっ、ボクは最近よく眠れてますけど(-。-)ボソッ

9位 ジークムント(父サクラバクシンオー/母ヴィクトリーバンク)

 1位指名のアドマイヤオーラと同じ松田博厩舎所属。姉のサンヴィクトワールはエルフィンSを勝ちましたが、父サクラバクシンオーということでさらにスピードタイプになるんでしょうか。

10位 プロミネント(父タイキシャトル/母プロモーション)

 この馬は私情で指名しました。何せ去年働いてくれたアドマイヤメインの半妹ですから。ただそれだけの理由^^;

 正直言って、POG本の写真をみた限りでは馬体的に寂しい印象でした。でももし走ってくれたら嬉しいですからね。美浦の和田厩舎です。

11位 ピンクバンサー(父Elusive Quality/母Flying Honors)

 森調教師んとこの○外。しかしこれもまた違った意味で馬名がおおもうですな(-。-)ボソッ

12位 エレクトロベル(父Red Ransom/母Belle Turquoise)

 こちらも○外で池江泰寿厩舎。


 というワケで、抽選で勝ったり負けたりいろいろありましたが、今年は以上の12頭で戦います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.17

「ぷちらま旧バス情景・私鉄駅とバス」とアレを組み合わせると…

 今日は横浜駅方面に用事があって、帰りがけにヨドバシカメラ6Fの模型コーナーをぶらついてたんですが…

 そこで売られていたDDF「ぷちらま旧バス情景・私鉄駅とバス」というジオラマセットを見て、あるひらめきがボクのアタマの中に生まれちゃったんです。

 気がついたらもう商品を手にしてレジに並んでました(苦笑)ああ。また買ってしまった(-。-)ボソッ

 で、帰宅して所用もそこそこに早速セットに取り掛かってみました。こんなカンジ。

20060617pla1

 グフフフ…

20060617pla2_1

 グフフフ…

 先日の相鉄バスと、新6000系のBトレインショーティーを組み合わせてみたんです。いちおうボクの脳内イメージとしては

 「約30年前の二俣川駅北口バス乗り場」

なんですが、どうでしょう?奥に歩道橋でもつけちゃえばカンペキなんでしょうけど。あと、細かいことだけどこの方向に置くのなら新6000系の方向幕は横浜にしておくべきでした(-。-)ボソッ

 ところが一点、ボクの計算外の出来事があったのです。反対側から写したコチラの写真をご覧ください…

20060617pla3

 実は、2両編成だったBトレインショーティーの車両が駅舎の桁下に収まらなかったので、1両編成になっちゃったんです。おお、もう…

 というワケで、切り離した残りの中間車両1両が浮くハメになってしまいました。Bトレインをもう1セット買ってそっちに組み込めってことでしょうか(ウソ笑)

上新電機

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.06.12

2005-2006POGを振り返ってみるの巻(-。-)ボソッ

 毎年参加させていただいてる某POG大会。先般、次年度にかけてのドラフト会議が開催され、この先1年間ボクが追い掛け続ける12頭の優駿(?)が決まりました。グフフフ…

 いずれこのブログで紹介しようかなぁと思いますが、その前に、今年の日本ダービーの週で終了した前年度の振り返りを、メモ代わりにここに残しておこうかなと思います。

 基本的なルールだけ先に記載しておきますね。

・選択馬は同一父は3頭まで。
・選択馬頭数は12頭。
・指名が重複した場合は抽選で決定。
・対象期間は新馬開始日~東京優駿開催日。
・JRAの収得賞金をポイントとして競う。

 とまぁこんなカンジでした(ちなみに今年も同じルール)

 それでは、指名上位順に振り返ってみたいと思います。昨年開始時のコメントはここにありますので、併せて見てみるとイタさがよくわかると思います(ウソ笑)

 なお、馬名の後の記録は「厩舎」「戦績(1着-2着-3着-着外)」「ポイント」「主な戦績」です。

1位 アドマイヤメイン 橋田満 4- 3- 1- 2 8600pts(青葉賞、毎日杯、ダービー2着)

 春先まではなかなか勝ちきれずに歯痒い思いをさせられましたが、500万下で大差の逃げ切り勝ちを収めてからの脚質転換後は別の馬に生まれ変わったかのような大活躍。ダービーでもあわやと思わせる見事な走りを披露してくれました。

 もうこの馬の活躍については今さらコメントするまでもありません。結果的には「さとー厩舎」の稼ぎ頭として期待以上の戦績を残し、1位指名馬の役割を十分に果たしてくれました。

 ダービーはできれば勝って欲しかったけど、現時点では勝ち馬の方が力が一枚上だったと思うので仕方がありません。まだ完成途上のようですし、今後の成長と秋シーズン以降の活躍を楽しみに見守りたいと思います。

2位 ダイアモンドヘッド 池江泰寿 1- 1- 0- 4 1150pts(デイリー杯2着)

 1位で一発長打の大物を指名したので、2位は早期に活躍してもらえそうなサンデー産駒をと思い指名。デイリー杯で2着し、朝日杯でも5着と健闘したところまでは当初の目論見通りに走ってくれたのですが、春以降は不振で上積みができませんでした。

 できればもう少し早めに使い出してくれたらPOG的には嬉しかったんですが…それでも重賞で実績を残してくれたので満足はしています。あと、各所で誤字をよく見かけるのですが彼の名は「ダイヤ~」ではなく「ダイア~」ですからね。お間違いなく(-。-)ボソッ

3位 フラムドパシオン 角居勝彦 3- 0- 2- 1 1750pts(ヒヤシンスS、UAEダービー3着)

 クロフネ産駒はどうしても獲ってみたかったので、当時評判の高かったこの仔を思い切って上位で指名。その後の並外れたパフォーマンスと活躍については既に皆さんご承知の通りで、もうPOGとは関係なく、実際に稼いだポイント以上にボクを楽しませてくれました。

 欲をいえばUAEダービーで何とか2着に粘っていてくれれば万々歳だったんですが…でもあの時期に海外遠征に踏み切ってこれだけの実績を残して夢を見させてくれたワケですから、それ以上を望むワケにはいかないでしょう。ただ、ダートでこれだけの活躍を見せても、今のJRAの番組では賞金は稼げないので、POG的にはやはり芝適性を重視して指名する方がオトクですね(-。-)ボソッ

 しかし返す返すもこの馬の故障のニュースは本当に残念。一日も早い復帰を待ちたいところです。

4位 アドマイヤロマネ 橋田満 0- 1- 0- 0 0pts

 1位指名と同じアドマイヤー橋田ラインということで、血統ではなく「格」を重視して指名してみました。

 結果的には3月に新馬で2着したものの、その後休養に入ってしまいポイントにはならず。入厩が遅くなってしまったので仕方ないですかね。まぁ、こういうこともあります(-。-)ボソッ

5位 ドゥルセデレーチェ 角居勝彦 0- 0- 0- 0 0pts

 ディアデラノビアの下で、同じ角居厩舎ということで期待感をもって指名。牝馬戦線で稼いでもらい、姉同様O坪さんを困らせてもらおうと思ってました。何せこの馬名ですから(-。-)ボソッ

 結局今現在までデビューできず。なかなか仕上がらず、骨膜も出てしまったので仕方ありません。何とかデビューを果たしてもらいたいところです。

6位 ベルジュール 松田国英 1- 0- 0- 3 400pts

 アグネスタキオン産駒唯一の指名。松田国厩舎ということでデビューさえできればそこそこ使ってくれるだろうと思い、指名してみた馬です。

 デビューは予想より遅れましたが、2月に2戦目で見事勝ち上がってくれました。その後6月に入って2勝目を挙げてくれましたがPOG的にはちょっと遅かった(苦笑)でもとにかく1勝してくれたので何よりです。

7位 (ブロードアピールの2003)(未登録)

 ブロードアピールは現役時代に大好きだった馬の一頭で、その初仔(しかも父がサンデー)がデビューすると聞き、採算度外視で私情だけで指名。

 そもそも未熟児でデビューが遅くなりそうとのことだったので大きな期待はしていませんでしたが、やはりここまでのところデビューが叶っていません。先に妹のほうがデビューしちゃいそうですが、気長に待ってみたいと思います。

8位 マイネルスパルナ 国枝栄 0- 1- 0- 4 0pts

 アドマイヤベガ産駒。ラフィアンの馬なのでデビューも早いだろうし、関東の馬もいた方が楽しめるだろうと思って指名しました。

 3位のフラムドパシオンと同じ福島の新馬戦でデビューを果たしましたが、2戦目に4着した後に腱鞘炎を発症してしまい長期休養。4月に復帰後、中距離で好走し勝利は近いかと思われたのですが、5月の新潟で惜しくも2着。結局期間内の勝利はなりませんでした。順調にいけばいずれ勝てるかとは思うんだけどなぁ(-。-)ボソッ

9位 マイネルアラバンサ 佐々木晶 1- 2- 1- 0 1500pts(青葉賞2着、毎日杯3着、すみれS2着)

 佐々木晶三厩舎の期待馬ということで指名した一頭。新馬をあっさりと勝ち上がり、その後OP・重賞でも好走し、ここまで全て馬券対象圏内の成績。予想以上の活躍をしてくれました。

 青葉賞2着でダービーの出走権も手にしたのですが、反動が出て出走回避となったのは残念。今思うと、2着だったすみれSは直線不利がなければ?という内容で、あそこで賞金が加算できずにその後のローテーションにムリが生じてしまったことが惜しかったです。なぜかアドマイヤメインと出走レースが被ってしまったことも個人的には不運でした(苦笑)

 現在かなりお疲れのご様子で放牧中。菊花賞に間に合えば面白い存在になるかもしれませんが、ムリだけはしてもらいたくないですね。長く活躍を見守りたいところです。

10位 ベストストーリー 沖芳夫 1- 0- 0- 4 400pts

 ベストダンシングの仔、ベストアルバムの下。なかなか期待が持てそうな血統背景だったので指名してみました。

 札幌で見事デビュー戦を飾り、コスモス賞でも5着に健闘。比較的長めの距離でもいけそうということでその先も期待していましたが、結局その後2勝目は挙げることができていません。

 スイートピーSでシンガリ負けした時は心配だったのですが、どうやら心房細動だった様子。故障とかじゃなかったのでひと安心。北海道で巻き返しを図るようです。

11位 アメーリア 松元茂樹 0- 0- 0- 0 0pts

 ビハインドザマスクの仔ということで指名した牝馬。当初は北橋厩舎でしたが、今は松元厩舎に籍を移しています。

 結局入厩が春まで延びてしまい、期間中のデビューはできませんでした。次の函館開催で何とかデビューにこぎつけられそうなので、頑張ってほしいです。

12位 コードテレグラム 橋口弘次 0- 1- 0- 6 0pts

 金子さんの馬で生産も社台。実績のある橋口厩舎で、かつ馬名(日本語で「暗号電報」の意)もちょっと魅力的だったので指名してみました。

 秋に芝でデビューを果たし、年末の阪神開催のダート戦で2着したので勝ち上がりを期待したのですが、その後1月から5月まで計5戦しながら掲示板にも載ることができずジリ貧状態。なかなか順調にはいきませんでした。


 というワケで、計12頭中めでたくデビューできたのは9頭。うち勝ち上がったのが6頭。総合戦績は 11- 9- 4-24 で 12800pts。1位のお方とは1150ptsの差で惜しくも準優勝に留まってしまいました。終盤のアドマイヤメインの活躍で必死に追い上げたんですがあと一歩及びませんでした。惜しかったなぁ(-。-)ボソッ

 とはいえ、ダービー2着馬やUAEダービー出走馬を所有できたことで、十分に楽しむことができました。ネタのつもりで獲得した「ワナ」の意外な活躍や、「ヴィータローザ」の3着マニアっぷりで楽しませてもらった2002年、「ブラックタイド」で悲喜こもごもを味わった2003年に負けない楽しさでした。

 最後に、主催者のマリサポの方、大変お疲れ様でした&どうもありがとうございました。今年も所用ともどもよろしくお願いします(-。-)ボソッ

 業務連絡。業務連絡。準優勝賞品はムチャは言いません。「日本シリーズ制覇(4勝0敗返し)」でいいです(ウソ笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.06.07

我が愛しの相鉄バス。トミーテック THEバスコレクション第4弾「三菱ふそうエアロスター相模鉄道バス」

 最近「相鉄グッズ」に物欲をそそられて色々揃えちゃってるんですが、今回はこんなモノをオークションで入手しちゃいました。

20060607aerostar1

 グフフフ…

20060607aerostar2

 グフフフ…

 幼い頃から馴染みのある塗装の車体というだけでも十分思い入れがあるんですが、コレは方向幕が「二俣川駅」なところが自分にとってさらにポイント高し!何といっても我が地元を走っているバスそのものですからね。

 ただ、駅北口住民としては、旭23系統(運転試験場循環)か、旭21系統(旭高校入口)だったらもっと嬉しかったんですが(-。-)ボソッ(←欲張りすぎです)

 まっ、もっともボク自身は駅から徒歩圏内に住んでいるので滅多にバスに乗ることはないんですけど。一番最近に乗ったのは…去年の秋、例のマラソンの後に歩けなくなって、仕方なくバスを使って整形外科医まで行った時かな。苦痛の表情を浮かべつつ、手すりを頼りに必死の思いで乗車して、バス停たった1区間分だけで降車したあの時の恥ずかしさといったら、おお、もう…

 ところでこの「THEバスコレクション」、第7弾のシリーズでは、いすゞエルガの車体の相鉄バスも2005年7月に発売されてます(ちなみにエアロスターは第4弾のシリーズで、2004年8月の発売)

 もはやどちらのタイプもメーカー(トミーテック)には在庫がないようですので、今回のようにオークションで手に入れるか、もしくは玩具店や模型店、リサイクルショップ等を探し回らないと入手できないようです。せっかくだからいすゞエルガにも手を出しちゃおうかな(ウソ笑…かな?)

 っつーか、まさかこの年になって(子供のためにではなく)自分向けにミニカーの類を買うことになるだなんて思いもしなかったけど(-。-)ボソッ

イーエストイズ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »