« CDで脳内旅行?「成田新東京国際空港~Romantic Atmospheres」 | トップページ | 新福菜館本店@京都駅前東塩小路 »

2006.02.23

第99回京都記念を観戦してきました。

 2月18日と19日、京都競馬場へ行ってきました(-。-)ボソッ

 ボクが最も競馬にイレこんでいた十数年前、京都近辺に住んでいたこともあって競馬場も含めて京都は大好きなんですが、今回突如思い立ってわざわざ京都まで足を伸ばそうと思った理由は以下の通り。

・シックスセンス号が鞍上に武豊を迎え、勝ち気マンマンで出走する。
・Web上でいつもお世話になっているTADさん師匠も行かれる。
・しかも、懐かしの天下一品本店&北白川バッティングセンターにも行くとのこと。

 こう聞いては黙っていられませんよ。そらそうよ(-。-)ボソッ

 というワケで、7:13新横浜発ののぞみ号で一路京都へ。京都駅からは

 京都-(近鉄)-丹波橋-(おけいはん)-淀

っつーのが最もポピュラーな行き方なんだけど、ひねくれ者のボクは今回、あえて

 京都-(JR)-山崎-(京阪バス)-京都競馬場

というルートを選択。阪急の水無瀬駅からのバスは何度も利用したことがあるんですが、山崎からのバスはこれが初めて。

 物静かで小じんまりとした、風情たっぷりの山崎駅に降り立つと、そこにはバスを待つ競馬オヤジの群れが…あ~イヤダイヤダあぁはなりたくないね(←自分も仲間です)。乗り場で260円を払ってそそくさとバスに乗車。バスの中で師匠に

 「今、山崎に着きました。山崎といっても武司ではありません(でも一玄の可能性はあります)」(-。-)ボソッ

という”個人的な話”のメールを一発かます(謎)。で、桂川沿いの懐かしい風景を眺めつつ、バスに揺られながら10:00過ぎに競馬場に着きました。

 早速、ゴール前の一等席を確保済みの師匠と合流。手荷物預かり所のおねえさんに萌えつつ(ウソ笑)手荷物を預け、まずはお約束の「豚汁」をゲット^^;

20060218-01

 豚汁評論家(?)の師匠が隣に座っているという緊迫した状況の中で豚汁を堪能。京都らしく薄目の味つけでしたが、ボクの好みにはドンピシャだったのでとっても満足。「餅は入っていませんよね?」という謎のコメントはもちろん師匠。当たり前だろがっ!競馬場で餅入りの豚汁をゲットできるのは世界中でアンタだけですよ(-。-)ボソッ

 で、馬券の方はそこそこってカンジで午後に突入。ただひとつ悔やまれたのは、4Rに出走したわがPO馬「ベルジュール号」の単勝を買わなかったこと。欲を出して馬連で流したところ2着にとんでもない馬が突っ込んできてしまったため取り逃してしまいました。レースの方は想定外の完勝で実に嬉しかったんですが…無念(-。-)ボソッ

 そうこうしているウチに京都記念の出走が近づいてきたので、記念に写真でも撮っておこうかとパドックへ。

20060218-02

 府中や中山じゃ、重賞のパドックともなると大変な混雑でとてもこんな写真は撮れません。やっぱり淀は適度にまったりとしていてイイ!ですね。

 で、このレース、週初めからボクはこんな予想を立ててました。

 ◎シックスセンス
 ○サクラセンチュリー
 ▲デルタブルース

 直前になってもキモチは揺らがなかったので、◎-○と◎-▲の馬連を購入。シックスセンスに関しては、「もうちょっとイマイチ歴を積み重ねて欲しいなぁ」という思いと「でもわざわざ観に来たんだから勝って欲しいかなぁ」という思いが交錯。そんな複雑なキモチでレースを見守りました。

 結果に関してはご承知の通り。シックスセンスが「これぞ武豊マジック」ともいえる、計ったかのようなハナ差でサクラセンチュリーとの追い比べを制して重賞初ゲット。残り100mまでマーブルチーフとシルクフェイマスが頑張っちゃってたのでハラハラしましたが、終わってみれば興奮することこの上ないいいレースでした。観に来て正解。馬券も当たったしね。グフフフ…

 ウィナーズサークルでのシックスセンスも写真に収めてきたのでアップしておきます。見づらくて申し訳ないんですが、カメラを頭上に差し出して必死の思いで撮った一枚なのでご容赦下さい。

20060218-03

 レース後は師匠と共におけいはんで京都市内へ移動し、ホテルでチェックインを済ませた後に三条京阪で黒ホッピーさんと合流。TADさんが学生時代から御用達のお店、「ビクーニャ」に行きました。

 最初はビールを飲んでたんですが、耐え切れなくなってTADさんがボトルキープしていたテキーラに移行。ほどなくして法事で東京から帰ってこられたTADさんも合流。テキーラごちそうさまでした。

 ほろ酔い気分でイイカンジのまま、タクシーで北白川の「天下一品本店」へ。学生時代に「生活の一部」だった思い入れのあるお店です。当時より外装はちょっと立派になってますが店内はほぼ当時のまま。もちろん「こってり、ニンニク入り」を注文し、久々に本店の味を堪能しました。ホントは写真を撮ろうと思ってのですが、すっかりアルツしてました(-。-)ボソッ

 これだけでも十分満足だったのですが、その足ですぐ近くにある「北白川バッティングセンター」(通称:北バチ。現在は「スポーツランド北白川」というのが正式名称らしい)に移動。ここも「生活の一部」だった思い入れのある遊び場です。あと、どーでもいいんですが向かいの「ベルシャトウ」の健在もしっかり確認しました(-。-)ボソッ

 ここも店内の様子はあまり変わっていなくて安心。早速バッティングをしましたがいっこうにジャストミートしません。酔ってないのにおかしいですね。ホント全然酔ってなんかいないのに(ウソ笑)。こんなときだけは、いつもは容赦なく罵声を浴びせる背番号24の人もエライんだなぁとちょっぴり尊敬しちゃいます(-。-)ボソッ

 ホントはもっと遊びたかったんですが、全然酔っていないのになぜか睡魔が襲ってきました。気がつけばもう日付も変わってたし、全然酔っていないので残念ではあったんですがここでお開きに。残念だなぁ。全然酔って(ry

 で、日付は変わって日曜日。7:00に起床し、部屋でしばしウダウダした後にチェックアウトを済ませておけいはんで一路、淀へ。三条駅で「特急」を待っていたので、てっきりいつものテレビカーが来るのかと思いきや、到着したのは3扉セミクロスシートの9000系でガックリ。オレはこんなの京阪特急とは認めん!(ウソ笑)

 そんなこんなでちょっとプンスカしつつも競馬場には開門前に到着。ほどなく9:00になって開門したので、まだ来ている様子のない他のお3方のためにも今日はボクが座席を確保しようと思い、府中や中山の要領で開門ダッシュ!をしたんですが…

 よくよく考えたらここは京都競馬場。そんなことする必要はまったくありませんでした。だって、こんな状況なんだもん(-。-)ボソッ

20060219-01

 いくら当地では重賞のない日の開門直後とはいえ、日曜日でなおかつ別開催でG1がある日だというのにもかかわらず、しかもゴール前の絶好の位置だというのにこの状況。やっぱりこれくらい落ち着いて観戦できる競馬場はイイですよね。もう府中や中山で人ごみにもまれるのがバカバカしくなっちゃいます(-。-)ボソッ

 というワケで昨日と同じ座席をなんなくゲット。1Rが始まるのと前後して他のお3方も来られて一緒に観戦。今日も勝ってみせますよ。グフフフ…

 ところが途中からなかなか当たらなくなる。でも

 「フェブラリーSで取り返せばええことよ」(-。-)ボソッ

という目論見があったのであまり気に留めずガンガン購入。っつーか、この日の興味は東京9RヒヤシンスSの「フラムドパシオン号」(これもわがPO馬)ですから(本当はこっちを生で観たかったくらい)。グフフフ…

 前走の勝ちっぷり&タイムが衝撃的すぎたんで、戦前には

 「いったい何馬身ぶっちぎって勝つんだろう」
 「フェブラリーSよりタイムが速かったりして」

なぁんて声も聞かれましたが、後にドバイ遠征も控えてるし、たぶん武豊はムチャなレースはさせないだろうと思ってました。普通に勝って無事に戻ってきてくれればそれでいいんです。

 案の定、道中は内々で抑え気味の武豊。直線で前が壁になった瞬間はさすがにドキッとしましたが、落ち着いて外に出してからは一頭だけ別次元の脚色で抜け出し、終わってみればちょっと気合をつけただけでほとんど追うところなく後続に3馬身1/2の着差をつける完勝。2着のマンオブパーサーも相当強い馬なだけにこれだけで十分強さがわかりました。ドバイに向けて上々の内容だったんじゃないでしょうか。とりあえずスシトレインじゃなくて良かった(-。-)ボソッ

 馬券の方は、オッズがオッズだっただけに100円の単勝記念馬券を買うに留めました。しばらくはお守り代わりに、先日買ったばかりの定期入れにしまいこんでおくことにします。

 そんでもって、フェブラリーS。ボクの予想はこんなカンジ。

 ◎ヴァーミリアン
 ○カネヒキリ
 ▲シークングザダイヤ

 カネヒキリの強さは百も承知なんだけど、今回は休み明けな上に得意とは思えないコースと不安材料がチラホラ。シーキングザダイヤも堅実さは認めるけどどーせ2着までだろうし^^;

 ヴァーミリアンを高く評価したのは、2着だった平安Sの内容が見ごたえ十分だったからです。一線級との手合わせがまだだったので不安もありますが、今回の条件だったらいい勝負してくれそうだと見込んで、週の半ばには本命にする覚悟を決めて期待をしてみました。

 週末になって各紙の評価が意外にも高かったのにびっくりし、結構人気になっちゃって旨みも減っちゃったけど初志貫徹。◎-○、◎-▲の馬連と念のためワイドも購入。

 直前になってちょっと弱気の虫が入り

 「やっぱり○-▲の馬券もおさえておいた方がいいかなぁ」(-。-)ボソッ

という気にもなりましたが、こうやって買い目を増やして成功したためしがないのでやめておきました。

 レースの方は、カネヒキリがスタートの不安も一掃し、直線でも改めて強さを見せつける堂々の勝利。シーキングザダイヤもユートピアに手こずりながらも指定席の2着を確保。期待のヴァーミリアンは、ジリジリと伸びてはいたものの見せ場は作れず、掲示板に載るのがやっとの5着。あんぎゃ~やっぱり買い足しておけば良かった(-。-)ボソッ

 まっ、結局のところこれが現在の実力差なんでしょう。前哨戦を高く評価しすぎたボクの完全な見誤りで、これは完敗でした。反省。

 最終レース。ボクはウィナーズサークルの前で観戦してました。なぜかというと、このレースが来週でジョッキーを引退し調教師に転身する松永幹夫騎手の京都競馬最終騎乗ってことで、レース後にセレモニーが予定されていたからです。

 それはそうと、前に陣取っていたオバチャン親子(母と娘)のやりとりが気になって仕方ない。

母「遅いわぁ。ミッキーまだかなぁ」
娘「なぁ。アッチに行こうな~」(マンガを持ちながら、気だるそうに)
母「あかん!ミッキーを見るんや!ここに居りなさい」
娘「え~イヤや。アッチに行きたい~」
母「あかん!それやったらアンタだけアッチ行きぃ!」
娘「ほなウチ、アッチに行く」
母「アホやなぁ。ミッキー最後やのに」(-。-)ボソッ

 …やっぱりミッキーは人気者だ。でもなぜかあんまり羨ましくない(-。-)ボソッ

 しばらくして、最終レースを惜しい2着で終えたミッキーが入場。オバチャンの頭上から必死に写真を撮ってみました。

20060219-02

 もっと感動的なセレモニーを想像していたんですが、(まだ来週も騎乗があるからだろうけど)思いのほか淡々としたインタビューでちょっと拍子抜け(苦笑)。でも相変わらず「イイ人」ぶりの滲み出た受け答えでした。最近のお手馬で印象に残っているのはメガスターダムですかね。きっと来週は騎手仲間から胴上げされるんでしょう。少し早いですが、お疲れ様でした。転身後の活躍も祈っております。

 この後、師匠と黒ホッピーさんと3名で、おけいはんで七条に移動して某ラーメン店に向かいました。これに関しては別途ラーメンマンレポートとして記事にする…かもしれない(-。-)ボソッ

 帰り際、同居人から頼まれていたお土産の八ツ橋を調達して帰途へ。たった二日間でしたが久々の京都を満喫してきました。ご一緒いただいた師匠、TADさん、黒ホッピーさん、本当にどうもありがとうございました。今度来るときはもう一泊くらいして、市内観光も予定に組み込みたいところですね。早く虎子(仮名)も連れてこれるようになればいいんだけど(-。-)ボソッ



|

« CDで脳内旅行?「成田新東京国際空港~Romantic Atmospheres」 | トップページ | 新福菜館本店@京都駅前東塩小路 »

コメント

いや~、遠くから来られた方に席取りさせちゃって申し訳ない。私も京都競馬場に来るのは菊花賞以来ですが、あの時は異様な雰囲気だったので、まったりと過ごせたのはホント久しぶり。ありがとうございました。

近々弊サイトにも晒しますが、馬券のほうではようやくオフ会連敗を4でストップさせることができました。

ミッキーは昨日スゴイことをやってくれましたね。最終レースの単勝だけは記念に(と言ってもPATですが)買わせていただきました。彼とは馬券の相性もよかったので残念ですが、調教師になってからも相性の変らないことを祈っております。

京都に来られる際はまたご一緒させてください。それではまた。(師匠は京都三大祭りを観たいと言ってたような気がするのだが…)

投稿: TAD | 2006.02.27 12:28

>TAD兄ぃ
いえいえどーいたしまして。
感謝されるほどの大した席取り作業じゃなかったですから(^^ゞ

この日曜のミッキーにはびっくりしましたね。
最終はともかく、阪急杯まで持っていくとはまさか思いませんでした。
某巨大掲示板では、予想通り「出来レース」だと喚いてる輩がおりますが
どうみてもそんなことが可能なレース展開じゃなかったですから。
それにしてもコスモサンビームは気の毒でした。

投稿: さとー | 2006.02.27 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13433/8806074

この記事へのトラックバック一覧です: 第99回京都記念を観戦してきました。:

« CDで脳内旅行?「成田新東京国際空港~Romantic Atmospheres」 | トップページ | 新福菜館本店@京都駅前東塩小路 »