« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.29

これでボクも青島クン。「マンハッタンパッセージ」のブリーフケース。

 通勤に使っていたビジネスバッグが少々壊れてしまったので、買い換えを決意。昨日、品定めしようと会社帰りに東急ハンズに寄り道してきたんです。

 買う前に決めていた条件は、以下の4つ。

1.軽いこと。
2.多機能であること(ポケット等が多いこと)
3.収容能力が高いこと(折りたたみの傘を常時入れたりするので)
4.価格1万円以内であること。

 以上、4つの条件をしっかりアタマに叩き込んでから売り場を徘徊しました。しっかり叩き込まないとすぐ忘れちゃいますからね。何せアルツですからね。1、2、3、4。いち、に、さん、し、っと。よしよし。これでよし。

 で、売り場を端から端まで調べつぶした挙句に、ボクのお眼鏡に適ってしまった不幸な商品がこちら。

MANHATTAN PASSAGE ゼログラヴィティー3ウェイブリーフケース #2475


Click Here!

 「ゼログラヴィティ」なんて銘打ってあるだけになかなか軽量。それでいてポケットもいろいろついていて非常に便利。PCの収容を想定したパット入りのポケットもあります。携帯電話用ポッケもあり。着脱式キーホルダーもあり。大きさも丁度いいカンジ。荷物もたっぷり入ります。軽量タイプのため生地は高級感こそありませんが、撥水加工で底もしっかり作られているので全然問題ナシ!

 さらに魅力だったのが、便利な「3WAY」であるということ。電車の中ではジャマになるので背負えませんが、それ以外の場所や、雨の日の歩行中などは背負ってしまった方がラクだし何かと便利です。そらそうよ。

 いや~イイじゃないですか。文句のつけようもありませんね。♪MY LOVE キミに決定!(謎)

 帰ってきてルンルン気分(死語)で「お疲れ様でした」のバッグから荷物を入れ替え、早速背負ってみたりしましたがなかなかいいカンジ。週明けからの通勤が楽しみですよ。会社へ行くのがこんなに待ち遠しいなんて、こんな気分はいったいいつ以来でしょうか。グフフフ。

 ちなみに、これは後から「検索、検索!」していて知ったのですが、この「マンハッタンパッセージ」というブランドのブリーフケース、「踊る大捜査線」の中で青島刑事も着用していたそうです。こうなったら青島コートも買い揃えたいところですね。何せモデルは織田裕二に負けず劣らずの男前ですからね(ヲイ)

 まっ、その検索の過程で「マンハッタンポーテージ」とあれこれややこしいコトがあったという事実も知ってしまったことはここだけのヒミツです(-。-)ボソッ

 以上。本日のレポート終了。


 ん?ナニナニ?え?値段?

 はい。税込18,690円でしたね。でもそれが何か?(-。-)ボソッ

 物欲の前に予算などなし(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

遂にスマートフォン発売!ウィルコム「W-ZERO3」(通称:シャアぽん?)ゼッタイ買ったる!

 このところウィルコムが新製品ラッシュで連日のようにニュースが絶えません。もはや

 「秋だ!一番 ウィルコム祭り」

状態の今日この頃なのですが、本日、本命とも言うべきスンばらしい商品が発表になりました。いわゆる「スマートフォン」にあたる「W-ZERO3」という商品です。

★ウィルコムの紹介ページはこちら
★シャープの紹介ページはこちら

 詳しくはまとめサイト等をご覧いただくとして、でも「コレって一体何ぞや?」って方のために、イメージを掴んでもらうためにムリヤリひと言で説明するならば

 「PHSのついた、通話の出来るPDA」(-。-)ボソッ

ってところですかねぇ(少々強引ですが^^;)。思ったほど大ニュースにはなっていませんが、コレってもっと大騒ぎされてもいいくらいスゴいことだと思うんですが…たぶんキャリアがド○モとかならもっと大きなニュースになってると思うんだけど、そのあたりが所詮ウィルコムってところなんですかねぇ(-。-)ボソッ

 現状ではほぼ文句のつけようもない商品だと思うんだけど、ボクが特に気に入ったのは「無線LAN」が標準で搭載されているということ。つまり、ブロードバンドと無線LANを導入している家の中だったら、PCと同じ感覚でメールもWebもできちゃうってコト。あと、恐らく無線LAN上にあるHDDのファイルも読むことができるんじゃないか?と(勝手な想像ですが)思うので、もしそうなると音楽や動画も楽しめちゃうじゃないですか!うはははははは。

 まっ、バッテリーはちゃんともつの?とか、動作はもっさりしてないの?とか、ちょっとデカいんでねーの?とか、少々気になる点もないワケじゃないんだけど、そんな点を差し引いても魅力たっぷりで十分購入する価値のある商品だと思います。「Zaurus」でPDAを永く扱ってきたシャープの製品なので、信頼性という点においてもポイント高いです。

 1年半近く「京ぽん」を使い倒してきたボク。つい昨日までは11月に発売される「新京ぽん」or「洋ぽん」に乗り換える気マンマンだったんですが、これを見てすっかり「シャアぽん」(=シャープ製ということでどうやらこの愛称になるようなカンジです)に気が移ってしまいました(^^ゞ 多少の欠点があっても、そこは目を瞑ってでも今回はコイツに機種変します。どうやら発売は12月になりそう。いやー楽しみ楽しみ。グフフフ…

W-ZERO3_468x60.gif

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.10.19

想定外の仕事にこの一本?清涼飲料水「ホリエナジー」

ホリエナジー



 もう何でもアリですね(笑)悔しいけどコレは笑ってしまいました。ネタとして1本くらい買ってあげてもいいのかな、と。

 今度駅の中にあるampmでも覗いてみるか(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.15

汚水(-。-)ボソッ

 今日の買い物の帰りなんですけどね。荷物が重たかったから下を向きながら歩いてたんですよ。

 そしたら、マンホールが見えたんですよね…

osui

 こんなマンホール。何の変哲もない、ごくごくありふれた、どこにでもあるマンホール。

 …なんですが、これを目にした次の瞬間。

 「ピッチャー、第3球投げた!金本打った!ライト大きい!大きい!入るか!入るか!飛距離は十分!切れなければホームランだ!さぁどうか!ポールの右か!左か!フェアか!ファウルか!切れた!切れた!ファール、ファ~~~~~ル!!!わずかにファール!

 いや~、実に  お  す  ぃ 」 (-。-)ボソッ




 真っ先にこんな実況が脳裏をよぎったボクは、やっぱりここの見すぎなんでしょうか(-。-)ボソッ

スポーツ(大)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.12

「Suica専用改札」ってどーよ?

 最初にお断りしておきますが、今日の記事は「物欲」とは無関係です。どーもすみません(-。-)ボソッ

 で、通勤で使用しているJR某駅(って写真に地名が思いっきり表示されてるしバレバレだけど^^;)で、先週あたりから「Suica専用改札」なるものを見かけるようになりました(-。-)ボソッ

suica-lane


 まっ、おそらく高速道路の「ETC専用レーン」をヒントに導入したんでしょうね。JR東日本では10ヶ月以上も前にニュースリリースを出してるみたいだけど全然気づかんかった(汗)

 要は「極力Suicaを使わせたい!」という魂胆なんでしょうが、正直言ってハタから見ている限り、利便性の観点では「Suica専用改札」のメリットってあんまりなさそう。っつーかボクも長いことSuica使ってますが、ちゃんとタッチしてるのに

 「もう一度ふれてください」(-。-)ボソッ

っていうメッセージで何度改札ゲートに行く手を阻まれたことか。で、後ろの人から背後に冷たい視線を感じるんですよね。ごめんなさいごめんなさい。でもねこれはボクの責任じゃないんですよこのSuicaの野郎と改札機がいけないんですよわかってもらえないでしょうけどホントにもうプンスカ!

 …っていう事例にしょっちゅう遭遇しているので、「Suica専用改札」が出来てもなかなかスムーズには流れないんですよね。カードの認識率を改善させることが先決なのでは?と思ってしまうさとーでした(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.03

これさえあればシュレッダー不要?「ネームオフ」

 先日「コンパクトシュレッダーDS-3000」を買った記事を書きましたが、ある雑誌でこんな商品の存在を知ってしまいました(-。-)ボソッ

name-off(ネームオフ)


Click Here!

 要するに「ホチキス型の穴あけパンチ」ですね。氏名など気になるところだけ穴をあけてしまおうという道具です。

 オフィスはともかく、家庭で取り扱う「個人情報」なんて限られた範囲なので、シュレッダーを買うのに二の足を踏んでいる人も、これで用済みだったら手軽でいいかも!です。ゴミがむやみに増えないのもいいですよね。

 まっ、同居人にも記事を見せてみましたがウチはやっぱりシュレッダーの方がいいよねとのこと。だもんでボクは全然後悔してませんけどね。ええ、してませんとも。してないったらしていないってば(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »