« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.30

次世代薄型ディスプレイSED、いよいよ登場?

 今日気付いたニュースクリップ。備忘録代わりに貼り付け(-。-)ボソッ

次世代薄型テレビ「SED」、キヤノンが年末に投入

 キヤノンの御手洗冨士夫社長は26日、次世代薄型テレビとして注目される「SED」(表面電解ディスプレー)の発売時期を、当初計画より数カ月前倒しし、今年末とする方針を明らかにした。年末の薄型テレビ商戦は液晶、プラズマ、リアプロジェクションにSEDが加わり、競争がさらに激化するのが確実だ。

 最近のキヤノンは活気があって非常に好感を持っていたのですが、今回のニュースでますます好感度up!液晶もプラズマもそれぞれ弱点があるだけになかなか購入に踏み切れないんですが、薄型テレビの本命・SEDが買えるのならコレ買った人が勝ち組…になるような気がする(自信ナシ)

 でも、液晶もプラズマもようやくマトモに購入を検討できる価格に落ち着き始めたけど、SEDがそこに辿り着くまで果たしてあと何年かかるんでしょうかねぇ。そこまで耐えられるかどうかが結局のところのポイントなんでしょう。液晶もプラズマも見送って、あえて今、ブラウン管を、SEDが普通に買えるようになるまでの「つなぎ」として買うっていう選択肢もアリかも。とにかくキヤノン&東芝、頑張れ!

<参考1>次世代薄型ディスプレイSED(キヤノンのサイトより)

<参考2>“ブラウン管画質追求”の結論――東芝が初めて語る「SED」(ITmediaより)

リニューアル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

それは「北杜12年」をまとめ買いしたからです。

『北杜』 12年 660ml 40度


Click Here!

 最近ウイスキーネタからご無沙汰しておりますが、実は今「北杜12年」を飲んでいます。幸運にも某所で「1ケース(12本)13,500円」という破格値で買うことができたので、ちびりちびりと飲んでおります。

 これを買ったのが2月の話で、かれこれ3ヶ月あまりが経過したので、もう7本消費しちゃいました(^^ゞ ただ、同じように飲んでた同居人がアレのため先月来飲まなくなったので、残り5本あればたぶんまだ5ヶ月くらいはもちそうなカンジ。

 感想ですが、軽くて甘くてクセがなく、上品で非常に飲みやすい。評判どおり、ウイスキー初心者でもスンナリと入れそうなカンジ。

 メーカー側は「ハーフロック」をオススメしていますが、自分としてはそれでは物足りないのでオンザロックで飲んでいます。氷が溶け出した頃にいい塩梅になりますね。

 個人的にはライバル商品であろう「竹鶴12年」の方が好みなんですが、デキとしては遜色ないと思います。ただ、一般的な市場価格が2,000円を超えるので、この価格で普通に買うのであれば同価格帯のシングルモルトの方に手が伸びちゃうかなぁ。クセがないから常飲するにはいいですけどね(しかしサスガに飽きてきた^^;)

 最近バーやスナックに足を運ぶこともなくなっているので確認できないんですが、ローヤルの代わりにこれを置く店なんかも出ているんですかねぇ?でもボトルのデザインが少々味気ないから、店に置くにはちょっと弱いかな?

 まっ、いろいろ書きましたが2,000円以下で買えるのなら十分満足。なんだかんだ言って今日もこれ飲みながら記事書いてるし(笑)そんなことより山崎蒸留所に行きたかった…(-。-)ボソッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.23

トマトの味がするトマトを食べたい!

JAひまわり 匠トマト



 突然ですが、ボクはトマトが好きです。

 これから夏場にかけて食欲が減退することもありますが、そんなときでもトマトだったらスッと喉を通ります。他の野菜と違って「オマケ」っぽさがなく、「主役」を張れる、そんな存在感がありますよね。とにかくトマトは好き。

 ですが、ちょっと気になることが。。。

 トマトって、昔と味が変わりましたよね?(-。-)ボソッ

 なんつーか…昔のトマトって、お尻の方がちょっと青くって、中身はもっとトロッとしていて、種がいっぱいあって、独特の青臭さがありました。それがいつの頃からか、クセのないスマートな味になりましたよね。外見も見事なまでに鮮やかな赤ですし。

 こんなことを言っているボクも、実は小学生の頃はトマトが嫌いでした。おそらくあの独特な青臭さが子供の舌には受け入れられなかったんだろうけど。

 転機が訪れたのは、中学生になって部活動を始めようと某運動部に体験入部したその初日。今まで経験したことのないようなトレーニングで全身クタクタになって帰宅。普通なら腹ぺこなんですが、母親の作ってくれた食事がマトモに喉を通らない。あまりの疲労で何も食べる気が起こらなかったのです。

 でも何か食べなきゃならないと思い…試しにいつもは嫌っていた生野菜を口にしてみた、その瞬間。

 げ。生野菜ってこんなに旨いモノだったんだ(-。-)ボソッ

 しかもトマトって旨すぎ!なんで今まで気付かなかったんだろう(-。-)ボソボソッ

 「初めて食べたモノを旨いと思った」ことは何度もありますが、「今までマズいと思ってたモノの美味しさに突然気付いて感動した」というのは後にも先にもこれっきり。それくらい衝撃的な、トマトとの「新たな出会い」だったのです。

 以来、ずっとトマトを食べてきました。トマトジュースもよく買って飲みました。居酒屋へ行けば必ず冷やしトマトをツマミに注文しました。「サラダの国のトマト姫」もいっぱい遊びました(←カンケーないです)

 でも…やっぱり昔のトマトを食べたいんだよね(-。-)ボソッ

 今のトマトの方が、クセがない分食べやすくて、万人向けになっているのは分かります。永年の品種改良にかけた努力の賜物なんだということも分かります。ただ、「フルーツトマト」なんてモノがもてはやされている一方で、ボクみたいなひねくれ者向けに「昔のトマト」なんかも普通にスーパーや八百屋さんにおいてくれないかなぁと思ったり。ダメかなぁ。

 それでもダメなら家庭菜園でも始めないといけないのかなぁ。でもせっかちでめんどくさがりだから到底務まるとは思えませんが。まだまだ元気なオヤジに任せておけばいっか(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

POG本を買いに行ったのに「鉄道ファン6月号」を買ってしまいました(-。-)ボソッ

 先日の記事で「POGの大穴(2005-2006)」(いわゆる"黒本")を紹介しましたが、実はボクもYASSさん主催のPOGに参加しており、来期の馬を選定するにあたって参考本が欲しいんだよね。

 どの本を買うか決まっていればネットでとっとと発注してもいいんだけど、他にも「POGの達人2005~2006年 完全攻略ガイド」(いわゆる"赤本")とか、確か週刊Gallopの臨時増刊号なんかも発売されているハズなので、やっぱり直接書店で比べて品定めしてから買おうと思い、例によって会社帰りに図書券もって書店へGO!したので有馬す(-。-)ボソッ

 が。赤本は平積みされて置いてあったのですが、5/16の時点で他の2冊はまだ陳列されていない模様(2店回ったのですがいずれも同じ状況)。やっぱり町田の書店は使えねぇ!(ウソ笑)

 ってことで書店を後にしようとしたのですが、POG本を探しているうちに目に留まってしまったのが「鉄道ファン」の6月号。気がつけばなぜかこの手が勝手にレジまで持って行っちゃったんだよね。まったくもう(-。-)ボソッ

 ボクが引っかかってしまったワナは、特集記事の「大手私鉄の車両カタログ2005」。普段乗り慣れている相鉄線や小田急線はもちろん、関西在住の頃にさんざんお世話になった阪急電車や京阪電車の最近の状況も写真でバシバシ紹介されていたモンだからねぇ…そら買いたくもなるワナ(-。-)ボソッ

 あと、同じく特集記事になっていた

 「通勤形電車のスタンダード『通勤・近郊電車の標準仕様ガイドライン』制定とその活用状況の概要」

も興味深く読みました。そういえば最近気になっていたのですが、首都圏近郊の各会社線の新しい車輌って、いわゆる「走ルンです」をベースにした、似たような設計のモノが多いんですよね。どうやら相互乗り入れとかの関係などもあって、標準仕様なるものがあったようです。なるほど。

 各車輌とも車内は広くて乗り心地も快適ではあるんだけど、画一化されていて個性がなくなっちゃっているのが個人的には少々寂しいなぁと思ったり。かつてはもうちょっと会社それぞれに車体にも塗装にも特徴があったのにぃ。自分がまだ小さい頃、よく電車の絵を描いたりしてましたが、今の子供が描こうとしたら、各会社の車輌ってなかなか描き分けられないんじゃないかなぁ。

 効率を考えれば確かに標準化も大事だと思いますが、その一方で「個性」ってのも大切にして欲しいなぁと思う今日この頃。車輌ばかりが「個性」の全てだとは思いませんが、人間だって第一印象は外見が大きくモノをいうように、鉄道会社もまずは「車輌」でイメージが作られるハズですよね。そんな地元民や子供たちの愛着心なんかも考慮した上で、出来る限り独自の部分も織り込んで設計してもらえるとありがたいんだけど(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.05.14

コンパクトシュレッダー「DS-3000」のある生活

 シュレッダーを買おうと思って早や数年。永いことウオッチしていたのですが、とうとう意を決して選び抜いたこの機種を購入。本日到着しました!

カール デスクパーサーコンパクト DS-3000


Click Here!

 スーパーやホームセンターでよく安売りしている手動式のモノは疲れるんで、どうせなら電動式のが欲しかったんです。グフフフ…

 ボクが機種選定の上でこだわったポイントはタコの通り。じゃなくて、イカの通り(-。-)ボソッ

●家庭用なのだから、コンパクトであること
 たかがシュレッダーであんまりスペースを取られても困りますからね。これくらいが丁度よいのかなぁと。その代わりA4の紙はそのまま入れられないので二つ折りにしないとダメなんですが、これに関しては割り切ることにしました。だからこそコンパクトになりうるワケだし。

●クロスカットであること
 せっかくシュレッダーにかけても、ストレートカットでは切り方によっては文字が読めちゃったりして意味ないじゃん!ってなりかねません。だからクロスカットは絶対条件だったのですが、その中でもこの機種の細断寸法はこのクラスではダントツに細かい!のです。これならヒジョーに安心。ゴミもかさ張りません。

●できるだけ静かな方が良い
 まっ、あんまりうるさいのもアレだし。シュレッダーなので静かなモノなどないんですが、それでもこの機種は比較的マシなようです。

●もちろん値段も安い方が良い
 家電量販店でコレを買おうとすると1万円を超えてしまうのでちょっと躊躇してしまうのですが、楽天で7,800円(しかも送料サービス)を見つけたので即刻決めました。探せば安いところはあるもんだ。

 その他、この機種のイイところはこのヘンにうまいことレポートされているのでご参考にどうぞ。こちらの紹介もわかりやすくてGOODですよ。

 で、今朝コレが届いたら細断しよう!と思っていた書類を溜め込んでいたボク。ここぞとばかりに思う存分シュレッダーしてやりました。どうだまいったか。わははははは。

 なんつーか、シュレッダーに紙がゴゴゴゴゴと吸い込まれていくサマを見ているのって、キモチ良くありませんか?今日なんてもうコレだけでご満悦でしたよ。ストレス解消にいいんじゃないのこれ(-。-)ボソッ

 あ~ぁ。早くシュレッダーしないといけない手紙が来ないかなぁ(←本末転倒です)


 っつーことで、今度から履歴書には

 「趣味 : シュレッダー」

って書くことに決めました(ウソ笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.11

オンデマンド写真集作成サービス「Photoback」って素敵やん?(-。-)ボソッ

 ウオッチ業務をしてたら、こんな↓サービスを見つけたんです(-。-)ボソッ

 

●オンライン上で画像をアップロードして写真集が作れちゃう。
●CDジャケットサイズ。1冊から発注可能。
●価格は@1,890円(1~5冊の場合)とリーズナブル。

 ボクはそれほど写真に興味がある方ではないのですが、サイトにも紹介されている「ユーザーの作品」をひと通り見ていると、なんだかとても素人が作ったとは思えない、イイ感じの作品ばかりじゃない?(もちろん選んで載せているからでしょうが)

 それと「CDジャケットサイズ」ってのがまたイイ!とても上品な感じがしていかにもそれっぽく見えるじゃあ~りませんか。

 確かに編集する手間はあるけど、裏を返せば

 「自分で作成する楽しみがある」

とも言えるし、オリジナル写真集を作るにしては価格も手頃。とても興味ありますねぇ。結婚式のギフトなんかには最適かも。

 …っつーことで、どなたか作成されたらレポお願いします(←自分でやれっつーの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

「POGの大穴(2005-2006)」は早い者勝ち(謎)

 とうとう今年の日本ダービーまであと一ヶ月を切りました。っつーことは、POGを楽しんでいる人たちにとってはまた新たなシーズンが始まろうとしているワケで…

 なぁんてわざとらしい能書きはもういいか(^^ゞ


POGの大穴(2005ー2006)
POGの大穴(2005ー2006)


著者:
出版社:流星社
本体価格:1,500円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

 要するに、YASSさんからリクエストがあったのでとっとと貼ってみただけですすみませんゴメンナサイ(-。-)ボソッ

 ついでだからこんなのも貼っておこう(-。-)ボソッ

北野ゼミPOG徹底講座
北野ゼミPOG徹底講座

著者:北野義則
出版社:アールズ出版
本体価格:1,500円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

 一昨年はブラックタイドを指名しながら、昨年ディープインパクトの指名を見送ってしまったボクは負け組。やっぱりある程度勉強して臨まないとPOGは勝てませんね(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

葉酸をギョウサン買ってきました(-。-)ボソッ ~父になるかもしれない自分~

 ソレを先週月曜日に知って以来のこの10日ばかり、なんだかこちらの方がそわそわしてしまって落ち着かない。これからタイヘンなのはボクじゃなくて同居人の方なんだけどねぇ(-。-)ボソッ

 っつーか、ソレに対する心の準備ができていなかったってこともあります。結婚前から同居人の過去の病歴を聞いたりしていたので、実は二人して半ば諦めていた面もあっただけに。だからホントはメチャメチャ嬉しいんだけど、でもいざこうなるとおろおろするばかりのなんだかトホホな夫婦(-。-)ボソッ

 まっ、だからといってそんな風におろおろしてばかりいても仕方ないので…とにかくそっちの方面について全く知識のないボクは、とりあえず予備知識だけでもつけておこうと思い、

 「初めてパパになる人の心構え」

とか、そんな類の本がないかしら。まぁたぶんあるでしょう。と思って、ソレを知った翌日の会社帰りに図書券持って書店へGO!したのです。

 が。意外にもそういう本は見当たらない。妊婦さん向けの本は山ほどあるのですが、夫向けらしきタイトルの本など一冊もなし。確かに需要は少ないかもしれないけど、ちょっとくらいそんな本があってもいいんじゃないのかなぁ。プンスカ。

 仕方ないので夫向けの本は諦め、まずは軽い文庫本で心の準備だけでもしようと思って選んだのがこちら。

これでいいのかしら?「妊娠系」の疑問赤ちゃんが産めるからだ入門これでいいのかしら?「妊娠系」の疑問赤ちゃんが産めるからだ入門

著者:からだ系コイダス編集部 / 中村はるね
出版社:講談社
本体価格:740円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

 通勤電車の中で読んだのですが、結果的に入門書としてはこのチョイスは正解でした。体験談を基にマンガも交えて疑問に答える形式で、大変読みやすいし初期の不安除去としては最適。そういう立場にない人にでも普通に読み物として楽しめるでしょう。うん。

 というワケでコレは読んだし、読後に同居人にも渡して読んでもらったのですが…でもやっぱり実用上としては不十分な本なので、昨日買い物ついでにこんな本も買ってきました。

初めてのたまごクラブ(2005年春夏号)妊娠がわかったら最初に読む本初めてのたまごクラブ(2005年春夏号)妊娠がわかったら最初に読む本

著者:
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:619円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

 これはサスガに立ち読みしたり電車内で読んだりするワケにはいかないので(苦笑)ろくに読みもしないまま先に同居人に渡しました。やっぱり不安が大きいのは当然ながらボクよりも彼女の方なので、真剣に読んでましたけど。

 で、読んでいるうちに逆にわからないことがいっぱい出てきたらしく、その都度ボクに質問されるんだけど…わかりっこない!ので、こりゃ母にでも聞きながらひとつひとつ解決していかないとダメですね(^^ゞ

 そんな中で、

 「ねぇねぇ。『ヨウサン』ってなぁに?」(-。-)ボソッ

なぁんて質問もあり…『ヨウサン』っていう単語を聞いた瞬間に脳内で漢字に変換することができず、逆に聞き返したところそれが『葉酸』というモノだということを知る。でもそんなモノは初耳なんだよね。それ、旨いんか?(-。-)ボソッ

 とまぁ困ったときは当然検索、検索!なのです。

 細かいことはキョーリンさんのページあたりが一番わかりやすいかなぁ。で、ひととおり調べた後

 「これって製薬会社の陰謀にハマってる気がするんだけど」(-。-)ボソッ

なぁんて訝しげに思いながらも、同居人にも頼まれたので薬局へ出かけて早速買ってきました。

ネイチャーメイド 葉酸 150粒
icon

icon
icon

 「サプリメント」なんて普段買おうとしたことないからよくわからなかったんですが、いろいろある中に「葉酸」も普通に置いてあるんですねぇ。単にボクが無知なだけなんでしょうか(-。-)ボソッ

 こんなことを繰り返しながらちょっとずつ自覚が出てくるんでしょうか。とにかく初めての体験なんで全くピンと来ません^^;

 ただ、ボクが心がけようと思っているのは

●余計なプレッシャーを与えぬよう、お節介は控える。
●でもさり気ない協力は欠かさずにする。
●何か起こってもうろたえない。そのために必要な最低限の知識はつけておく。

とまぁこんなところかな。

 それと、「母の出産・育児体験日記」みたいなモノは書籍もブログもいっぱいあるのですが、夫の立場で書かれたモノってあんまりないですよね。そこまで気張ったモノを作るつもりはありませんが、「ブツヨグ」の中でそんな記録も少しずつ織り込んでいこうかな…なぁんて思ったり、思わなかったり(-。-)ボソッ

 あ。そうそう。あと、二人してスカパーにかじりついて毎日あのチームの応援に余念がないんですが、コレって胎教的にどうなんでしょうか。お腹の中で身体がタテジマになってたらどうしよう(-。-)ボソッ

 まぁ何ですか。ボクとしては

 赤星おじちゃんのように 心優しく
 関本ケンタローのように 粘り強く
 シーツ先生のように 誰からも尊敬され
 金本アニキのように 頑強な肉体と精神を持ち
 イマオカモナーさんのように ここ一番に強く
 連絡桧山さんのように 皆から愛され
 矢野さんのように 男前で
 (or 矢野さんの奥さんのように 美しく)
 クックル鳥谷のように 爽やかで
 イガーのように ネタが豊富なw

そんな子どもが欲しいかなぁ(←アホ)しかしみんなのイイトコロ探して挙げ連ねるのって結構タイヘンだわ(-。-)ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

みそじ~ずのパパ心をくすぐる「エアロアールシー」

 昨日は「ヘンなおもちゃ」の紹介記事だったので、今日は「マトモなおもちゃ」の記事でも書いてみますか(-。-)ボソッ

 ウチはまだ子供がいないんで、おもちゃカンケイの商品ニュースには疎かったんですが、雑誌記事でこんなおもちゃがヒットしていることを知り、ナットクしてしまいました。

エアロアールシー(マツダ デミオ)
icon

icon
icon

 まず何がスゴいって、前後左右に動くフルコントローラーのラジコンなのに、1,000円前後の気軽な値段で買えちゃうというのがスゴい。これだったらおこづかいを気にしなくても手の届く値段かも。

 で、なんでそんなに安いかというと、実はコレ、売られているのは完成品じゃなくて、パーツの状態。すなわち、購入者が組み立てなければならない分、コストが削減されているそうです。

 逆にいえば、購入者には「組み立てる楽しみもある」ということ。で、こどもの目の前でサクサクと組み立てちゃったりした日には

 「パパかっこいい~」

と見事に尊敬の眼差しを浴びることとなり、好感度が一気にアップしちゃう!というスグレモノの商品なワケですね(そんなウマくいくものかどうなのか知りませんが)。組み立て方次第では「パパと自分だけの1台」もできちゃうってこと。

 そのあたりを見越して、メーカーはドレスアップ用の別売りキットも発売しています。いやいや、なかなかしっかりした商売しますねぇ。

 さらに特徴的なのは、発売している車種。輸入車のスポーツカーなどではなく、誰もが乗っている国産車ばかり(=現在全23車種)なんですよね(ちなみに上の写真のデミオはウチの車でもありますが)

 メーカーのトミーいわく

 「なじみの薄い輸入車よりも、自分の両親や友達の家のクルマと同じものを持つ方が子供は嬉しい」

のだそうです。確かにそうなのかもしれないし、そうすることによって他のRCカーとより一層差別化を図ることができたのでしょう。ふむふむ。

 主な購買層は、やはりボクたちの世代で、子供と一緒に遊びたい父親層なんだそうです。でもこれ、子供を差し置いて自分で買って自分だけで遊んでも十分満足できちゃいそうですね。トミー恐るべし(-。-)ボソッ

バナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.03

タイムボカン世代に贈る「自爆ボタンDX」

 まぁなんですか。つべこべ言わずに現物を見てもらった方がいいような。

自爆ボタンDX



インテリアアクセサリー「自爆ボタン」の豪華版卓上タイプ。応接テーブル、こたつの上などに設置して楽しんでください。

 当然ながらスイッチとしてはな~んにも機能しない(したら怖いです)、全くもって「意味のない商品」なんですが、livedoor デパートでは2月の月間売り上げランキング1位だったらしい。こういう「くだらない」(←ボクなりの褒め言葉です^^;)商品が好きな人、ボクだけじゃないようです(-。-)ボソッ

 これ、できれば職場で自分のデスクの上に置きたいですね。自爆したいことなんてしょっちゅうなんで。でも機能しないんじゃ意味ないか(ウソ笑)

 ちなみに、こんなモノも売れているらしい。

コレジャナイロボ



「欲しかったのはこれじゃなーい!!」プレゼントを開けた子供から発せられる悲痛の叫び。楽しいはずのクリスマスが突如、修羅場に。こんな経験ありますか?できれば避けたいものです。 しかし人生、欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話はそうはありません。欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を何らかの機会に知っておくのも良いでしょう。 「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、その事をお子さまにトラウマ級の効果をもってお伝えする事でしょう。 情操教育玩具として是非お試しください。

 あぁ。なんだか小さい頃、クリスマスや誕生日に味わった悲劇が甦ってきます(涙)

 教訓。子供の買い物は子供に任せよう。サンタさんなんか糞くらえ(-。-)ボソッ



| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.05.02

「帽子の似合う女性」って萌え~。母の日のプレゼントにもいいかも?

 突然ですが。

 「帽子の似合う女性」

って、いいよね(-。-)ボソッ

 まっ、ひとくちに「帽子」っていってもいろいろありますが。例えば


Click Here!

 こんなカンジのつば広の帽子とか。あと、


Click Here!

 こういう麦わらっぽいのもいいですね(↑これは正確には「ラフィア」という素材のようですが)あぁ。そういえばボクが中高生の頃好きだった某アイドル歌手の1stアルバムも「Straw Hat」っていうタイトルだったよ(-。-)ボソッ

 え?「帽子」の何がいいかって?…う~ん。よくわからないけど

 「素敵な帽子の似合うヒト」

って、なんだかそれだけでセレブっぽくってワンランクアップしちゃってるような気がするじゃないですか。単に騙されているだけかもしれないけど(-。-)ボソッ

 とまぁ何で突然こんな話題を出したかと申しますと…実は本日は同居人の誕生日だったので、慌てて百貨店に出かけてうろうろしているウチに思いついたプレゼントが「帽子」だったからです(爆)

 ちょうど「母の日」向けにいっぱい展示されていたので、アレでもないコレでもないと3時間もかけて選んでしまいました。こういう時だけはなぜか全然せっかちさんじゃないのです(-。-)ボソッ

 今回あえて写真は出しませんが、買ったのは最初の写真の商品のようなカタチの、ベージュ色でコットン製のつば広のタイプ。いろいろと迷った挙句、最後はそ○うの売り場のオバチャンのオススメに決めました。こっちはよくわからないから反論できないし(笑)

 ちなみに、自分自身は帽子かぶるのは鬱陶しいのでキライです(苦笑)まっ、「所用」に行くときは黒地にTとHのマークが入った帽子を夫婦お揃いでかぶって出かけますけどね。グフフフ…

 っつーことで、今日の記事をカンタンにまとめると

 鈴木淑子さんサイコー!」

ってことです。以上(-。-)ボソッ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »