« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.31

東京競馬場に世界最大のターフビジョン!

たまには競馬の記事なんかも採り上げちゃったりして(-。-)ボソッ

 JRAは31日、東京の六本木事務所で定例会見を行い、来年秋をめどに3画面が一体となったマルチ画面ターフビジョンを東京競馬場に導入すると発表した。

 新しく設置するターフビジョンは着順表示板を一体化し、縦が約11メートル、横が約60メートルで現行の3倍のサイズとなる。運用例として他場のレース、東京競馬場のパドック、確定オッズを3画面で映すなど、これまで以上に迫力のある映像や情報の提供が可能になる。

 現在ある2基のうち、1コーナー側のターフビジョンが改修され、工事は今年11月に着工し、来年9月に完成予定。


(nikkansports.com より)

こりゃすごいですねぇ。「現行の3倍」って…加護ちゃんのことですか?(謎)

まっ、降ってわいたような話ですが、ファンの利便性を向上してくれるようなこういう動きは大歓迎です。でもそこまでお金かけるんだったら、せっかくだから

「平日は映画でも放映して指定席に客入れてひと商売してみたらいいのに」(-。-)ボソッ

なぁんて思ったり思わなかったり。

ところで、先週末の競馬はなかなか面白かったですね。

★東京土曜11R 根岸ステークス
 メイショウボーラーがダート短距離重賞を連勝。それも2着に7馬身差の圧勝で、G1フェブラリーSに向けて楽しみな存在になりました。
★京都土曜6R 新馬
 ”薔薇一族”のレジェンダロッサがデビュー。これは本編サイトに書いたのでそちらをご参照あれ。
★京都土曜9R こぶし賞
 牝馬オリエントチャームが3角最後方からケタ外れの脚で全馬をゴボウ抜き。牡馬を尻目に一頭だけ次元の違う競馬を見せてくれました。桜花賞戦線に向けて楽しみな一頭。
★京都日曜10R 松籟ステークス
 ハンデ戦の大激戦はなんと1着が同着。制したのはナリタブライアンの仔・ブライアンズレターと、屈腱炎を克服しこれが復帰後3戦目だったメガスターダム。特に後者はちょっとボクもイレ込んでる馬なのですが、復帰第一戦のあわやというレースを見てからますます虜になり、今回のめでたい復帰後初勝利にはさらに感激してしまいました。この馬の勝負根性には本当に頭が下がる思い。競馬で勇気づけられるってこと、ホントにあるんですよね。今後も応援していきたい一頭です。
 それにしても1着同着のあと、5着まではハナ・ハナ・クビ差という大混戦。ハンデキャッパーは冥利につきたレースでしょうね。

というワケで、競馬サイト運営者のマネゴトをしてみました(-。-)ボソッ(←マネゴトかよ!)


Click Here!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.29

今どきの「プロジェクション電波クロック」をウオッチしてみた(-。-)ボソッ

今からちょうど5年前の2000年1月。ボクがこんな買い物をしたことは…古くからのお客さんはご存知ですよね(-。-)ボソッ

プロジェクションクロック電波GEO
geo


ものぐさなボクが当時必死に探した、

「夜、寝室で寝たまま体勢を変えずに時刻を確認するため、天井に時刻を投影する時計。おまけに時刻あわせも必要ない目覚まし機能つき電波時計」

今でこそ「電波時計」は当たり前のように見かけますが、当時はまだ珍しかったんですよね(^^ゞ

途中こんなこともあったりしましたが、まぁこんなのもちょっとした愛着の理由だったりして(?)、今も寝室で活躍中です。

で、急に思い立って、最近の「プロジェクション電波クロック」にどんなのがあるのか、ちょっと「検索、検索!」してみました。詳しい商品内容はそれぞれの画像をクリックして確認してみてください(-。-)ボソッ

【1】ショータイム


Click Here!


アナログ表示のタイプですね。カラー表示ってのがスゴイかも。

【2】TwinBird CL-6524PW プロジェクション電波クロック


Click Here!


ツインバード製。明るい部屋に合いそうなパールホワイトのデザインがカワイイっス。

【3】プロジェクション・デジタル時計


Click Here!


電波時計ではないけど、驚きの840円!

【4】Ferrari プロジェクションアラームクロック 「SILVERSTONE」/ブラック


Click Here!


車好きな人にはたまらないかも。男性的なデザインもイイ!
ちなみにこれ、ボクの持ってるGEOと同じメーカーだね(-。-)ボソッ

【5】TIME BOX


Click Here!


これが時計だと言われても一瞬なんのことやらわからないですね。サーバーかと思いました(ウソ笑)

【6】プロジェクタークロック BEAMER


Click Here!


これはもう立派なインテリア!星空まで映されちゃったらかないません。ホスィ…(-。-)ボソッ

【7】フィリップ・スタルクがデザインするプロジェクター搭載アラームクロック VISUAL SMALL(イエロー)


Click Here!


こちらはフィリップ・スタルクのデザイン。天気まで予測できる気圧計つき。

【8】Robotime


Click Here!


ポットのような、ペンギンのような、愛嬌のあるデザイン。こりゃホントにロボットです(-。-)ボソッ



以上、どれも魅力的だけど個人的には「BEAMER」がイチバンそそられるかな。
あぁ、GEOよ。浮気してしまいそうだ…(ウソ笑?)

ところで、昨年家を改築したときに思ったんだけど、「天井に時計を映す」っていう方法もいいけど

「時計のついた天井照明」

ってのがあってもいいんじゃないの?って思ったり、思ったり。あんまりニーズないかなぁ。もしあったら買っちゃうかも(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.26

「iPod shuffle」をめぐる、ある夫婦の会話(-。-)ボソッ

これは、とある家庭内での、iPod(第2世代)を買って約2年愛用している阪神ファンの夫と、つい最近まで「iPot」だと信じて疑わなかった阪神ファンの妻との間に交わされた、「iPod shuffle」をめぐる会話である(-。-)ボソッ

iPod shuffle

妻「こんど『iPod shuffle』っていうのが出たんでしょ?」
夫「そうだよ。よく知ってるね」(グフフフ…でも何か(考えが)浅いな)
妻「小さいんでしょ?」
夫「うん。USBフラッシュメモリのサイズだからね」(違うのは誰が見ても分かるやろ)
妻「ふ~ん。『shuffle』ってどういう意味?」
夫「『順番を崩してランダムに混ぜる』ってカンジかな。今までのiPodに比べると容量が小さいから入る曲数は少ないんだけど、PCに差したら容量内でランダムに曲を選び出して記憶してくれるみたいよ」(そんなモン、オマエ…もいっかい中学行ってこんかい!)
妻「ふ~ん。それって車でも聴けるの?」
夫「まだ発売しようとしてる段階だから何とも言えないけど、恐らくそれ用の機器がそのうちに売り出されるだろうね。iPodみたいに」(購入検討中だからわからない)
妻「それってどういう風に聴くの?」
夫「LINE入力端子のあるカーステならオーディオケーブルでつなげばいいし、そうでないなら音楽をFM波にしてラジオで聴くかだね。そのうち専用の機器がきっと出るんじゃないかな」(そらそうなるわな。でも極端に言えば別に車で聴けなくてもエエと思っとるよ。今はな)
妻「でも結局、車の中までいちいち持っていかなきゃいけないんでしょ?」
夫「???そらそうよ。2つ持ってたりしない限りはね」(だれか、なんとかしてくれ!)
妻「ふ~ん…」

妻が一体何ゆえにこんな質問をしてきたのか、また一体何が知りたかったのか、イマイチ理解に苦しむ夫であった。が、この際「iPod shuffle」を買って実物を見せて、妻をギャフンと言わせてみたい衝動になぜか駆られる夫であった(-。-)ボソッ グフフフ…

…つづく(←続くのかよ!)

iPod shuffle

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.25

舞台は相鉄沿線・横浜二俣川。住民必読?「IT撹迷」

IT攪迷―パソコンに攪乱される中高年VS人生を迷走する三十女
山田 直美


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

あらすじ(著者・山田直美さんのサイトより引用)

日本語教師として食っていけなくなった「私」は、アルバイトでパソコンインストラクターを始める。
そこで遭遇した中高年受講者たちの生態は、外国人と接するとき以上のカルチャーショックを「私」にもたらす。
子育てや仕事でもみくちゃになった「私」は、そこから何を学び取るのか。

知ってのとおり、滅多に本など読まないボクなんですが…「ふたする会」の一員として買わずにはいられませんでした(^^ゞ だってこの小説、舞台が地元の二俣川なんだもの。やっぱり自分の街が舞台になってると嬉しいものですよね(-。-)ボソッ

というワケで、本日二俣川駅の「相鉄ブックス」で購入してきました(もちろん「図書券」でね。今日はしっかり持ってたのです)。例によって、今買ってきた本をすぐに紹介したい一心でせっかちにアップしているので、まだ一行も読んでいないため感想は書けません(ヲイ)

とりあえずサブタイトルが

「パソコンに撹乱される中高年VS人生を迷走する三十女」

ということで「新人パソコンインストラクターのすちゃらか奮闘記」だそうです。そういえばウチのオヤジも一昨年に万騎が原(←ローカルでごめんなさい)までパソコン習いに行ってたので、そんなことを思い浮かべながら読んでみることにします。

しかし「他人にパソコンを教える」というのは本当に難しい。特にボクの場合はそもそもがせっかちさんなので、わからない人に対してイライラしてしまうからこんな仕事は絶対に務まりません(苦笑)

思えば子供の頃からそうでした。ボクには学年で2つ下の弟がいるのですが、よく母ちゃんに

「弟に勉強教えてあげて」

と頼まれて教えたりしたのですが、覚えの悪い弟に対して途中でボクがイライラし始めて怒り出すものだから大抵弟を泣かせてました(笑)しまいには

「おにいちゃんにはもうゼッタイに教わらないもん!」

って言われる始末。まっ、自分としてはめんどくさい仕事が一つ減る分好都合だったワケですが(ウソ笑)

まぁそんなワケで、とりあえず二俣川の住人は図書券持って近所の書店へGO!

ちなみに、表紙の一番左のオバサンがサッ○ーに見えて仕方ありません。あぁ、阪神ファンのボクにあの悪夢が…(-。-)ボソッ(ウソ笑)

【2005/5/1追記】
山田直美さんのブログ「日本語で笑おう」が開設になりましたので、どうぞご覧下さい!
ちなみに、本の方は既に完読しています。中高年のパソコンに対する格闘っぷりと、それに対峙する三十代の見方と人間模様がユーモラスに描かれていて楽しい本でした。二俣川の風景がちょこちょこと出てきますので、住民としては思わずほくそ笑んでしまう部分もしばしば。ぜひどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.23

「ラフロイグ10年」とお見合い。真剣にお付き合いさせていただきます(-。-)ボソッ

いい加減モルトウイスキーの買い込みを止めたいさとーですこんにちわっ(泣)

とはいうものの、先月購入した「アードベッグ10年」。最初は「なんじゃこれ?」と思ってたのですが、チビリチビリと飲んでいるうちにすっかりハマってしまい、いつの間にやら残りがあと僅か。

「これはいかん!すぐにアイラモルトを調達しなさい!」

という脳内命令に従って昨日買ってきたのがこちら。

ラフロイグ10年 43%vol 750ml


Click Here!

チャールズ皇太子も御用達というアイラモルトの代表選手ということで、コイツを選んでみました。早速試飲!

うん。確かに「正露丸」っぽいけど(笑)アードベッグに比べると燻の香りは控えめ。心地よい潮の香りが漂ってて、何杯でもいってしまいそう。お値段的にも比較的気軽に購入できるので、今後は常に一本置いておかなければならない存在になりそうです。これから永いお付き合いをさせていただくことになると思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

ホントは「ラガヴーリン」も試してみたいところなんだけどね(ウソ笑)でもこのところ値段が高騰してるみたいで易々とは手が出せそうにないし、ショットバーあたりで試してみた方が良さ気なカンジ。

それと、誰が言い出したのか知りませんが、ラガヴーリンやラフロイグのことを

「アイラモルトの巨人」

と呼ぶのは即刻やめていただきたい!どうしても愛称をつけたいのなら

「アイラモルトの阪神」

にしてくださいな。グフフフ…

それにしても今月ウイスキーにいったいくらかけたのか、考えただけで恐ろしい…ので考えないことにします(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.22

「阪神タイガースカレンダー2005」のそれから(-。-)ボソッ

前回の記事の後、実際に年が明けて使い始めたのでレポートします。こんなカンジで飾ってます(-。-)ボソッ

Tigers2005CALENDAR02

というワケで、1月のMVPは「洗濯バサミ選手」。そらそうよ。グフフフ…

ちなみに、今日散髪には行ってませんので、ichikenさんの隣のお客さんは決してボクではありません(-。-)ボソッ

しかしとっとと日本で頑張る決意を固めてスッキリさせてくれないと、4月も洗濯バサミ選手に活躍してもらわないといかんかもしれん_| ̄|○


Click Here!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.19

「アベラワー10年」は二重人格…いや、二重酒格?

というワケで今日開封した「アベラワー10年」の感想なんぞを(-。-)ボソッ

アベラワー10年 43度 1000ml


Click Here!

買う前に読んでいたあちこちのリポートによれば、いずれも
 「バニラエッセンスの様な芳醇な香り」
 「バランスが良く飲みやすい初心者向けモルト」
ってなカンジだったので、そんな先入観をもちつつ開封してみました。スポン!(←栓を開けた音)トクトクトク、、、

なるほど。栓を開けてグラスに注いだときの香りは結構控えめ。ただ鼻を近づけると微かに甘い香りがしますね。

で、とりあえずそのままゆっくりと舌に乗せてみました。

うぬ!何というか、”いい意味で”期待はずれ!

ボクの口の内部の感触をそのまま書き記しますと、口に運んだ瞬間にブワッと香りが広がって、そのままツンと鼻に抜けるカンジがあり、しばらくは舌の上にピリピリとした刺激も残ります。だから決して生易しいモルトというカンジの味わいではなく、むしろ「モルト好きのためのモルト」っていう印象だったんですが…どうなんでしょう?ボクは結構こんなカンジは好きなんですけどね。

巷で聞いてた評判や、開封した後の香りからくる印象と、いざ口に含んだ後での印象が全く異なる、二面性をもった個性的なモルトだと思いました。

ちなみに、ロックにして少し氷が溶けるとやや甘口になり、またモルトの香りが引き立ってさらにいいカンジになります。ボクとしてはストレートよりロックの方が好みかな。結構オトクな値段で手に入るので、デイリーに飲むにはいいかもしれませんね。

以上、結局まだ買い漁りをやめられないさとーでした(だってどのボトルも残りの量が寂しいんだもん(-。-)ボソッ)


Click Here!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.18

「楽天カード」を申し込んじゃいました

楽天カード」を申し込んじゃいました(-。-)ボソッ

ボクはもうかなり永いことクレカは「三井住友VISAカード」1枚のみを使ってます。特にこれといって不満もないし(かといって特別に魅力的なこともないんだけど)このまま今年も更新して使い続けるつもりでした。

が、ひょんなことから「楽天カード」の存在に気づいてしまうことに。

最近、楽天市場で買い物することがミョーに多くなっちゃったんですよね。特にひいきのショップがあったりするワケじゃないんだけど、何かと調達するものが多くてねぇ。例えばシングルモルトとかシングルモルトとかシングルモルトとか(-。-)ボソッ

そんなワケで

・楽天市場で買い物すると2%のポイントが貯まる
・入会費・年会費が永年無料(←これ大事)
・実は三井住友VISAカードとの提携カード(←よって違和感なく使える)
・入会するともれなく2000ポイントが貰える(←これはオマケ^^;)

という理由が決め手となり、これなら乗り換えても特に不便を感じることもないと思うので、思い切って切り替えることにしました。

で、今の「三井住友VISAカード」は更新期限までに解約するつもり。別に楽天カードと2枚持っててもいいんだけどさ。クレカを何枚も持つのはなんとなくイヤだし、年会費ももったいないしね。

ただ、クレカも巧いこと使えばかなりの費用節減になるんですよね。例えば大手のプロバイダなんかは大抵カードを作っていて、そこから引き落とすとポイントが余計についたりとか。確かに何枚も持つのは抵抗あるけど、実際にトクなんであればそういう手も考えるべきなのかな(-。-)ボソッ



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.14

「鉄道ピクトリアル1976年5月号<特集>相模鉄道」をゲットしました

ちょうどいずみ野線が開通した時だったので、特集が組まれてたんですね。

r-pictrial

全95ページほぼ一冊まるまる相鉄の記事!
例によって読むのはこれからなんですが(苦笑)とりあえず家宝決定(-。-)ボソッ

さぁ。みなさんも図書券持って今すぐ書店へGO…しても置いてないねこれは(-。-)ボソッ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.13

「第1回大喜利甲子園」にご注目!

常々こっそりウオッチしているカネシゲタカシ先生のBlog

 「第1回大喜利甲子園

が開催されています(ました?)「こんなファンサービスはイヤだ」っていうお題だったんですよね。

ホントならボクも逆立ちしてはっちゃけるまで(?)ネタを考えて投稿したいところだったのですが、最近ちょっとお疲れ気味で、ここの必死の更新だけで精一杯だったもので(ウソ笑)

まぁとりあえず一度ご覧下さい。非常にレベルの高いネタが満載で、またカネシゲ監督のコメントも気が利いています。たぶん野球に詳しくない人でも十分楽しめるでしょうし、ここのウオッチャーにも何名か見られる「ハガキ職人」にとってはたまらないと思います。

というワケで、今すぐカネシゲ監督のBlogへGO!

以上、本日はおすすめサイトの紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.12

「iPod shuffle」と「Mac mini」に感心!

今朝の通勤電車。いつもの通り京ぽんでニュースをチェックしていて、たまげました。

「Apple、小型のMac miniiPod shuffleを発売」

なぬ?この間「iPod Photo」を発表したばかりなのに、また新製品?しかも「iPod shuffle」とはなんじゃらほい?シャッフルプレイなら毎日してるけど…ほへっ?

ということで詳細やレビューはこちらに任せるとして…ボクは今まで「シリコンプレーヤー」には興味なかったんですが、AppleがiPodファミリーとして発売し、しかも512MBで10,980円となれば俄然物欲が湧いてきました^^; 1GBに至っては16,980円って、これじゃ他メーカーのほぼ半額…価格破壊ですか?いや、マジで考えよう(-。-)ボソッ

同時に発表されたMac miniもこれまた興味津々の一品。例によって詳細はこのへんに任せますが、5万円台で最新のMacが買えちゃうワケですから、これならセカンドマシンとして欲しくなっちゃいますよね…。

それにしても、この両商品を見て感じたのは

 「Appleって、”省く”ことが上手だね」(-。-)ボソッ

ってこと。いろんな機能を”つける”ことで価値を生むことはどの企業も考えることだけど、この会社は”省く”ことを新製品に繋げます。これってカンタンなようで結構難しいコトだし、さらにいえば「Apple」という自社ブランドに自信がある企業だからこそこういう芸当ができるのかもしれません。でなければ、単なる「安物」に成り下がっちゃうからね。

だからこの商品に対して「こんな機能がない」「あんな機能がない」といういちゃもんをつけるのはナンセンス。「シンプル」「スッキリ」というところが評価ポイントであって、それに満足できる人がターゲットの商品なんだと思います。

というワケで、とりあえず第一報。発売後になってレポートも集まり評判が固まってきて、もうちょっと物欲が上がってきたら第二報があるかもよ。グフフフ…

とりあえずせっかちなみなさんは今すぐApple StoreへGO!(ウソ笑?)

iPod

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.10

京都「薬師庵」がボクのベスト・オブ・鴨なんば

かれこれ10年も前の話になりますが…ボクが京都で働いていた頃、職場の近くに「因幡薬師」というお寺があり、そのすぐ近所に非常に雰囲気の良いうどん屋さんがありました。

会社の昼休みになるとよく先輩たちと連れ立って食べに行ったものですが、ここの「鴨なんば」がホントに美味しかった!麺は適度に弾力があって、鴨肉は何ともいえぬ心地よい歯ごたえがあり、そのエキスと脂がしみこんだ上品なあっさりスープがこれまた最高。ホント、ボクの生涯で一番お気に入りの鴨なんばでした。

当時、なぜか不定期に長期間休業することの多かったお店なのですが…お店の方に聞いたところ「今度、京都の大丸さんに出店することになって忙しくて」なぁんて仰っていたように記憶しています。間もなく転勤で京都を離れてしまったので、その後どうなったかはボクも詳しく知りませんでした(大丸に移ったためボクの通っていた烏丸松原のお店は閉鎖したというようなウワサも聞きました)

で、昨日どういうワケか突然このお店のことが気になり始め(苦笑)でも例によってア○ツなのでお店の屋号そのものも忘れてしまっており…これでは「検索、検索!」しようにも、どうしようもないではあるまいか。とほほ。

とりあえず所在地はアタマに入っていたので地図を検索したのですが…やはり移転してしまっていたためか地図には記載なし。それならばと大丸京都店のフロアマップを見てみたけど、それらしきお店は見当たらない。うぅむ…

途方に暮れつつ最初の地図を何気なく眺めていたところ、「因幡薬師」という文字が目に留まる。ん?!そうだ「薬師庵」だった!とようやくアタマの片隅に残っていた単語と結びついた次第。ホント、アルツってしんどいなぁ(-。-)ボソッ

さて。10年ぶりに探し当てたその気になる「鴨なんば」はコチラ↓

薬師庵の「京鴨なんば」


Click Here!

お店のホームページをウオッチしてみたのですが、どうやら当時出店した大丸の地下のお店も今は閉鎖しちゃったみたいですね。京都と大阪の高島屋で販売は続けているようですが、もしかして食事ができるお店はこれで完全になくなっちゃったってことなんですかねぇ。だとしたら誠に残念。あとは通販で購入するくらいしか手がないようですね。通販もいいけど、ホントはお店で食べたいんだよなぁ。でも久々に食べたい気分だからやっぱり通販でも買っちゃおうかな。どうしようかな。うぅむ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.09

進化型テレビデオ?東芝「RD-17V1」

去年の11月のことですか。ボクがホームページ本編の方で

 「DVDレコーダー搭載テレビって何でないんだろう」(-。-)ボソッ

というような趣の記事をこのとおり書いたところだったのですが…今月号の「日経トレンディ」を見ていて発見。やっぱり出てきてたんですねぇ。しかも、最近ボクのお気に入りの東芝から。

東芝 HDD&DVDビデオレコーダー内蔵液晶テレビ RD-17V1


Click Here!

注目のレコーダー部は、同社のRD-XS33相当の機能だそうから、操作上の使い勝手もいいし、HDDも160GBあるから通常の使い方なら問題ないでしょう。

液晶は光沢処理はしていないようですが、日経トレンディの記事によれば、PCと違ってテレビは離れて見ることが多く、照明の映り込みが気になるためにあえて採用しなかったとのこと。なるほどねぇ。

一体型にすると、面倒な配線は必要なくなるし、リモコンも全て1個で済みますね。しょーもないことかもしれないけど、でもリモコンって結構大事。これが不便だったりいくつもあったりすると非常にイライラしますから。まっ、学習リモコンを一つ買っちゃえば大抵は解決なんだけど、でも最初からまとまっていればそれに越したことはないですから(-。-)ボソッ

ちなみに、背面にはD4入力端子やPCM端子など、ひととおりの端子は揃っているようなのですが、なんとPCのRGB入力端子もついているとのことで、案外きれいに映るそうです。ノートPCのモニターとしても使えちゃうかもね(-。-)ボソッ

まっ、普通に家族と暮らしている人にはあまり魅力的な商品ではないかもしれないけど、これから一人暮らしを始める人や、もうすでに一人暮らしをしていてテレビの買い替えを考えている人にとっては、十分検討に値する商品だと思います。デザインもなかなか洗練されてるぢゃないですか。もしボクがそういう立場だったら真剣に考えますね。あとは十数万の売価をどうみるかだけでしょうか。この市場、今後も対抗製品が出てくると思います。


Click Here!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.01.08

「マッカラン12年」を飲んだから顔が真っ赤ラン(-。-)ボソッ

アレですね。もうこのお酒に関しては余計なウンチクや感想はただジャマなだけですね。

マッカラン 12年 43° 750ml


Click Here!

なんつーか、買った値段以上にリッチな気分にさせてくれる、気品のある甘い香りがイイんですよね。さすがに旨いです。同居人もたいそう喜んでおりました。巷では「シングルモルトのロールスロイス」とも呼ばれているでそうですが…ボクにはよくわかりません。だってロールスロイスなんて飲んだことないし(-。-)ボソッ

これ飲んじゃうと他の酒がかすんじゃうような気がしてたので、もっと他のシングルモルトをいろいろ試してから買おうかと思ってたのですが…

実はこのマッカラン。最近リニューアルされたNEWボトルが出回り始め、モタモタしていると現行品が手に入らなくなりそうなカンジだったので、慌ててネットで買っちゃった(^^ゞ

さぁ。みなさんも今のうちに現金持って酒屋へGO!(←最近こればっか)

ちなみにボクは年末年始に散財しすぎたので酒の買い漁りはこれでしばらく控えようかと思います。グァムで遊んだ分のクレカの引き落としも今月だったし。不覚にも忘れてた(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.07

「横浜の鉄道物語」←こんな反則的タイトルを見て買わずにいられるもんか(-。-)ボソッ

今日は会社帰りに文房具屋に用事があり、立ち寄ってみたのですが目的のブツが探せず、そのまますごすごと引き返して帰るのもなんだかムショーに腹が立つので、特に意味もなく別フロアの本屋をウロウロすることに(←こういう行動がイケナイんです)

なんとなく売り場を漂っているとそこは「趣味」のコーナー。ちらりと目をやるとなんだか見慣れたシリーズの本が…そうそう。このシリーズはいいんだよねぇ。これは持ってるね。これも興味あるけど買うほどのモノでもないな。それとこれか。ふむふむ…んんっ!?このシリーズでもこの本は初めてお目にかかるぞ。何だこれは?

なるほど、昨年11月に初版発行か。ならば見かけるのが初めてでも致し方なし。それにしてもこのさとー様に無断でこんな本を刊行するとはけしからん。でも今日は例によってどーせ図書券持ってないし、用意してから出直してくるか。どーせ持ってないけど一応財布を覗いてみるか。ん~・・・

…あれ???図書券入ってるじゃん。しかも1500円分も(-。-)ボソッ

でもどうしようかなぁ。今日はこんなの買うつもりで来たんじゃないんだけどなぁ。あぁ、しかしどういうワケかボクの手が勝手に本を掴み、ボクの足が勝手にレジに向かっちゃってますよ。わわわ!わわっ・・・

といワケで、今日買った本がコレ。

横浜の鉄道物語―陸蒸気からみなとみらい線まで
長谷川 弘和


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

先に書いたように、昨年11月刊行の本なので記事もかなり新しく、例えばみなとみらい線なんかもバッチリ収録。横浜の鉄道ファンならコレは持っておくべきでしょう。図書券持って今すぐ書店へGO!

なぁんて言いつつ、ボクもまだ買ったばっかりで口絵のカラー写真しか見てないんだけど(爆)でも口絵のカラー写真だけでもお腹いっぱい。口絵にどんな写真が載ってるか、主なものだけ書き出してみますと…

【横浜の鉄道名場面】
・大船駅を出発した横須賀線上り70系(昭和43年)
・根岸線桜木町~磯子間の延長開業時の祝賀電車。クモハ73000(昭和39年)
・本町1丁目を走る横浜市電1400形1402(昭和33年)
・横浜開港百年祭で装飾された横浜市電花電車(昭和33年)
【横浜鉄道コレクション】
・鉄道唱歌第1集東海道編。地理教育の文字がみられる表紙と横浜駅前後の歌詞(明治33年)
・国鉄神奈川駅入場券(明治42年)
・目黒蒲田・東京横浜電鉄沿線案内(昭和5年頃)
・湘南電気鉄道沿線案内(昭和5年)
・横浜市電乗換券(昭和14年)
・相模鉄道100両突破記念乗車券(昭和38年)
・ドリーム交通モノレール開通記念乗車券(昭和41年)
【崎陽軒の懐かしの駅弁コレクション】
・大正8年創業時の弁当
・昭和3年最初に発売されたシウマイ
・昭和4年正月に特別発売された上等弁当
・戦時中の代用食ヤキメシ
・昭和29年に登場した初代のシウマイ弁当
【東海道本線を走った名列車】
・80系の上り準急「いでゆ」。小田原駅にて(昭和29年)
・EF5855牽引の特急「はと」。東京駅にて(昭和35年)
・一路大阪を目指す下り「第2つばめ」。大井町~大森間にて(昭和35年)

どうです?これ見るだけでも十分価値あるし、やっぱり買っとくべきでしょ?少なくともボクにとってはしばらくはバイブルですよコレ。だから図書券持って今すぐ書店へGO!(ウソ笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.04

黒糖焼酎「奄美の杜」ごちそうさま!でもできることならもう一度「魔王」が欲しい(ウソ笑)

正月の2日に同居人の実家に年始挨拶に伺った際、「奄美の杜」という黒糖焼酎をもらってきちゃいました(^^ゞ

里の曙「奄美の杜」 25度 720ml


Click Here!

当日の夜、早速いただいてみました。黒糖焼酎の割にはスッキリとしたクセのない辛口。お湯割りも試してみたのですが、ただでさえクセがなくてスイスイ飲めちゃう分、お湯で割るとほとんど味がなくなっちゃってつまらなく感じられたので、飲み方としてはロックがオススメかな。口当たりのいい、上品な焼酎でした。

最近ウイスキーの記事ばかり書いていましたが、実は焼酎も好きなんです。それは同居人のご実家の方々もご存知で、ことあるごとに焼酎をいただいちゃってます(苦笑)

というのも、実はご実家の元々の田舎が鹿児島なんで、鹿児島のご親戚から地元の焼酎がいろんな機会に贈られてくるそうで、そのおすそ分けにあやかっちゃってるんです。グフフフ…

今までいろんな焼酎を数知れずもらったのですが、サイコーに感動したのは、やっぱりコレ。

魔王1.8L


Click Here!

当時ボクはあまり焼酎のこと詳しくなくて、ごくごく普通にお礼をいって持ち帰ってきてから何気なく「検索、検索!」してみたところ…コレがこんなにも入手困難で値段も張る焼酎なんだと知ってたまげてしまいました(今は焼酎ブームもやや熱が冷めたのか、入手不可能ってほどでもない様子ですが、当時はホントにどのWebショップを見ても品切れ状態でした。もちろん後で改めて御礼しましたけどね)しかも一升瓶だったし…エラいモノを貰ってしまって恐縮恐縮。

それを知って飲んだからってワケじゃないんですが…一口飲んでみてびっくりしましたねぇ。焼酎なのに、なんかウイスキーかブランデーを飲んでいるんじゃないかと錯覚させられるような芳醇な香りと余韻があるんですよねぇ。もちろんその晩からボクと親父とで我先にと飲みまくってしまったことは言うまでもありません(-。-)ボソッ

「願わくばもう一度いただくことができないかなぁ」(-。-)ボソッ

なぁんて贅沢な願望は持っちゃダメですよね。わかってますわかってます。まさかもう一回もらおうだなんて虫のいいことなど考えちゃおりません。もしかしたらいつかは貰えるかも?なんて思ったりもしてません。待ってればそのうち…なぁんてこともこれっぽっちもアタマにございません。ははは。は、、、

…でも、ホントおいしかったんだよなぁ(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.03

ウチの父ちゃんが「デミオ」を買い換えるとか言い出しちゃってますよ!

そうなんです。正月でハイになっちゃったのか何なんだかわからないんですけど、ウチの父ちゃんがクルマを買い換えるとか言い出し始めちゃいました。どういうつもりなんでしょうねぇ。車検もまだ1年残ってるのに(-。-)ボソッ

で、今のウチのクルマは平成9年に購入したマツダの「デミオ」。小さいから小回りもきいて乗りやすいし、荷物も結構載るし、運転がドドドドドドドドドヘタクソで滅多に乗らないボクとしては丁度良かったんだよねぇ。これで下手に新車になんかされちゃったら、今までと違って気軽にこすったりぶつけたりできなくなっちゃいます…グスン(ウソ笑)

まっ、でも確かにこれで8年経ったワケだし、そろそろ買い換え時なのは事実なんだけどね。

そんなワケで、オヤジが今日と明日とでディーラー回りを敢行中。一応の第一候補は、やっぱりコレらしい。

マツダ デミオ


Click Here!

とりあえず乗り慣れたクルマだし、ディーラーさんとの付き合いもあるしね。燃費がイマイチだし、お世辞にも静かとはいえないクルマですが、総合的にコストパフォーマンスを考えるとやっぱりいいクルマなんでしょう。

ちなみに、今のところ対抗馬として上がっているのはトヨタの「イスト」。静粛性や外観なんかはこっちの方が魅力的ですね。でも、ボクひねくれモノなので業界1位の会社はイマイチ気乗りしないんだよね(苦笑)

まっ、とりあえずボクとしては乗りやすいコンパクトカーなら別に何でもいいんだけどね。父ちゃん、あとは頼んだ(-。-)ボソッ


Click Here!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.02

一年の計は数の子にあり

みなさん、新年はいかがお過ごしでしょうか?普段忙しい方も、正月三が日くらいは自宅や実家で、お酒や食事をゆっくりと楽しめていますでしょうか。

ところで、ボクの正月の最大の楽しみといえば、小さい頃から変わらずコレ。

塩数の子


Click Here!

「カズの子」といっても、「三浦カズの子」とか「カズ山本の子」とかじゃないですよ。ニシンの子ですからね。くれぐれもお間違えのないように(-。-)ボソッ

あのコリコリとした食感がたまらない!しかも幸か不幸か同居人は数の子を好きじゃないらしく(「いつ飲み込めばいいのかわからない」らしい、、、ほへっ?)今年からウチの正月は実質数の子独占食べ放題状態ぢゃないですか。あぁシアワセ。さとーシアワセ。グフフフ…

まっ、数の子だったら何でもいいってワケじゃなくて「塩数の子」以外は数の子とは認めませんから。味付の○○漬とか、昆布を混ぜたりした邪道モノはダメ。塩抜きして、薄味の上品なダシに軽く漬けた塩数の子を、鰹節をサラッとかけてシンプルにいただく。やっぱコレです。

あ。そうそう。ちなみにボク「隙間フェチ」であるのと同時に「魚卵フェチ」(?)でもあります。数の子を筆頭に、いくら、すじこ、たらこ、とびっこ。このあたりで先発ローテーションをやりくりし、子持ちカレイ、子持ちししゃものダブルストッパーで締めくくる。こんな布陣で戦うのが理想ですかね。無償トレードはいつでもお待ちしています(ウソ笑)グフフフ…


Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

新年ハロゲンでおめでとうございます。今年もよろしくお願いします(-。-)ボソッ

いよいよブツヨグも2年目に突入致しました。今年もまったりと更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、その「更新作業」。ボクの家には広さ3畳ほどの書斎があり、そのデスクの上にPCを置いてるもので、主にこの書斎(またの名を「引き篭もり部屋」(-。-)ボソッ)で作業してるんですよ、はい。

狭い部屋なので、冬といってもそれほど寒いこともないんですが…年末前あたりからさすがに厳しくなってきた。いちおう部屋にはエアコンもついているんですが、起動するまで時間がかかるし、そこまで大げさに部屋全体を暖める必要もないし、だいいち電気代がもったいない。かといってこのままではブツヨグの更新作業に支障をきたしかねず、全国500万人のブツヨグファンのためにもこのままにしておくワケにはなるまい。うぅむ…

というワケで、年末にヤフオクで1,600円で調達してきたのが、コレ。

プチスタンドハロゲンヒーター


Click Here!

高さは足のヒザくらいまでの小さなヒーターですが、主に足元が温まればいいんだし、コレで十分。パワーも450Wということで決して強力ではありませんが、距離的に近くに置いておけば無問題。何より、スイッチを入れて数秒で暖かくなるのがイイッスねぇ。

今年になって「カーボンヒーター」というのも市場にいっぱい出ています。ウオッチしたところ、ハロゲンよりもいろいろと長所があるみたいなんですが、まぁボク的にはコレに不満はないし、何より1600円ですからオッケー、オッケー。

ちなみにカラーは3色あるんですが、ボクはもちろん「イエロー」を選びました。今度ヒマな時に黒のタテジマをペインティングする予定(ウソ笑)今年はそっちもいい年になるといいなぁ。そらそうよ。グフフフ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »